一度はやってみたいと思っていた石立山「北谷ルート」を忘年登山として登ることが叶った。
帰りは四ツ足峠を阿波から土佐へと越えるスペシャルコースだ。

IMG_2108vga.jpg<北谷を登る>

banner_b.gif

■行先・位置
石立山(二等三角点 [石立山] 1707.7m)
高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度47分5秒・東経134度3分18秒
四ツ足峠(1030m)
高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度46分13秒・東経134度3分32秒
■コースタイム
別府峡駐車場 8:21(2分)→ 別府峡登山口 8:23(6分)→ 北谷分岐 8:29(4分)→ 竜頭谷 8:33/8:36(2分)→ 北谷630m地点 8:38(43分)→ 850m地点 9:21(休憩)/9:33(21分)→ 1000m分岐 9:54(10分)→ 1080m分岐 10:04/10:13(11分)→ 1180m分岐 10:24/10:29(17分)→ 1380m分岐 10:46/10:53(11分)→ 1450m地点 11:04(昼食)/11:46(26分)→ 1650m地点 12:12(6分)→ 石立山 12:18/12:29(19分)→ 別府分岐 12:48(3分)→ 避難小屋跡 12:51(52分)→ 日和田(四ツ足峠分岐)13:43/13:46(45分)→ 四ツ足峠(四ツ足堂)14:31/14:40(33分)→ 四ツ足峠トンネル登山口 15:13(39分)→ 別府峡駐車場 15:52
【行き 2時間39分 帰り 3時間11分 計 5時間50分】
■コース水平距離 14.5km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

111223_ishidate.jpg 111223_ishidate_v.gif
別府峡から「北谷」を直登し、徳島県側の稜線に出て山頂を目指す。
駐車場の標高が約540m、登山口(錦帯橋)が560m、石立山山頂が1707.7mで標高差は約1170m。
帰りは日和田から四ツ足峠を越えて別府峡までの周回14.5kmで、標高差はアップダウンを無視した単純計算で1500mと気持ちハード。
登山口は一般ルートと同じ赤い吊橋。
【水平距離14.448km 沿面距離15.214km/累積標高差(+)1755m(-)1720m】

111223_0816~01.jpg
当初は別府峡から一般ルートを登って日和田へ下山、国道を歩いて別府峡へ帰るという計画だったが、当日朝、「北谷をやってみよう」ということになった。
初めてのルートにワクワクしながら別府峡もみじ茶屋の駐車場へと向かう。
服装や装備はいつもの山歩きと変わりなく登攀具やヘルメットは携行していない。

111223_0820~01.jpg IMG_2088vga.jpg
「いざ出発!」というところで大変なこと(自分にとって)が発覚!
絶対に忘れてはならないアイテム、「カメラを忘れた〜 (゜Д゜;;)!」
昨夜の忘年会の二日酔いで頭が回っていない・・・。
不覚だ〜! (; ̄Д ̄)
幸いキャプテンがカメラを持っていたので記録をお願いし、気を取り直して出発!
とりあえず画素数の低い一昔前の携帯で撮影(約150枚)したのの、色調や解像度の悪い手ブレ写真が続出。
GPSを忘れなかったのがせめてもの救いだ。

IMG_2090vga.jpg
登山道を登ること数分で北谷との分岐があるので、ここで登山道を左に分け谷の上部を直進する。

IMG_2091vga.jpg IMG_2094vga.jpg
3〜4分で竜頭谷に出る。
ここは百間滝の200mほど下流で、谷はすぐ下で北谷に合流する。
登山道は百間滝上部(50〜60m)の急峻な岩場を通っていて、下山時に百間滝、北谷方面に迷い込む遭難事故が時々発生している。
竜頭谷を通過するといよいよ北谷(標高630m地点)に出合う。

KC3V0011vga.jpg
早速小手調べに岩を攀じ登る。
ここは右からでも左からでも通過できる。
Tさんは左からYキャプテンと自分は右側の大きな岩の更に右を巻いて通過。
濡れている岩がよく滑る。

111223_0904~01.jpg 111223_0906~01.jpg
小さな滝に出た(縦長の写真は携帯の壁紙モードで撮影)。

111223_0908~01.jpg 111223_0909~01.jpg
いい感じのゴルジュを通過する。
カメラを忘れたのが悔やまれる (T_T)

KC3V0015vga.jpg
上部の岩は右を巻く。

KC3V0016vga.jpg KC3V0018vga.jpg
凍っている岩が滑るので要注意!

KC3V0019vga.jpg
重機で並べたような岩のある場所(標高850m地点)で休憩。

IMG_2102vga.jpg KC3V0028vga.jpg
谷の勾配は概ね一定なので、一部を除き登山道より「楽」な感じもする。

KC3V0031vga.jpg
最初の分岐(標高1000m地点)は右へ。
左の谷は上部で更に数本に枝分かれしながら標高点[・1472]〜西峯へと突き上げている。

KC3V0034vga.jpg IMG_2103vga.jpg
二つ目の分岐(標高1080m地点)で小休止。
左の谷は山頂から南に200m(標高1650m)で日和田からの登山道に出る。
右の谷も左にほぼ平行していて、更に200m日和田寄り(標高1600m)へ出そうだ。
ここは左を選択するが、地形図を見る限り右も登れそうな感じがする。

IMG_2105vga.jpg
大きな岩が谷をふさいでいる。

IMG_2106vga.jpg KC3V0038vga.jpg
ここは右側から取り付く。
手がかり、足がかりがあるので意外と簡単。

KC3V0039vga.jpg
上から見るとこんな感じ。

KC3V0040vga.jpg
3つ目の小さな分岐(標高1180m地点)は右へ。
左の谷は山頂へ向かって突き上げていて、地形図で見ると途中で岩の壁にぶつかっている様子。

KC3V0041vga.jpg IMG_2109vga.jpg
この岩はザックが閊えて身動きできなくなったので、自分は左側を迂回した。

KC3V0046vga.jpg
4つめの小さな分岐(標高1380m地点)は右へ。
左の谷も一つ手前の左の谷と同様に山頂へ向かっているようだ。
これは登れそうな感じがする。

KC3V0049vga.jpg
ここは足場の確保が難しい場所なのだが、岩を見るとテンションの上がるキャプテンがちょっとした足場をつくって先行したので後は楽勝か?

KC3V0050vga.jpg KC3V0051vga.jpg
右寄りに取り付く。
岩の中央寄りに左足を置く小さなステップがある。
右足は右側の岩の隙間へ入れるようにして登る。

KC3V0063vga.jpg
岩場の連続だけど勾配は緩いので楽しく登ることができる。

IMG_2123vga.jpg IMG_2128vga.jpg
岩に張り付くように生えているこの草は何だろう。
巻いているので紫色に見えているのは葉の裏側で表は緑色だ。
どんな花が咲くのか見てみたい。
勾配の緩やかな陽だまり(標高1450m地点)で大休止。
少し早いけどランチタイムということにした。
晴れていて風がないので暖かい。

IMG_2125vga.jpg IMG_2127vga.jpg
今日の一杯は、今回で2度目の復活総選挙で第3位の
「カップヌードルスパイシーカレー」。
「ビーフカレーをベースにした、風味豊かでパンチのある、ちょっぴり辛口なカレーヌードル」
ということで、カレー好きの自分は2位の「カップヌードルブタホタテドリ ローストしょうゆ味」より好み。
食後のコーヒーもゆっくり楽しむ。

KC3V0077vga.jpg
青空に向かって再スタート。
尾根まで標高差で残り200m。
空が近く感じられるようになってきた。

KC3V0078vga.jpg KC3V0082vga.jpg
低いけどちょっとテクニックのいる岩。

KC3V0087vga.jpg
ザレていて石を落としそうな場所。

KC3V0089vga.jpg KC3V0094vga.jpg
12時00分、日和田からの登山道と合流した(1650m地点)。
山頂まであとほんの一登り。

KC3V0093vga.jpg
一昔前のボロ携帯にしては上等の写真!

KC3V0097vga.jpg
12時18分、約4時間(休憩・ランチタイム込み)で石立山山頂に到着!
北谷は1100mを越す標高差と登攀的要素もあって手強いが、いつもと違う雰囲気を味わえて面白い。
沢筋の分岐がいくつかあるので間違えないようにしたい。

IMG_2139vga.jpg
山頂から阿南方面の展望、空気が澄んでいて視界がよくきく。
紀伊水道まで見えていて、阿南の橘湾火力発電所の煙突も確認できる。

KC3V0099vga.jpg IMG_2140vga.jpg
南には太平洋が輝いている(写真左)。
南西方向は高知市方面、香美市香北町のアンパンマンミュージアムも見える(写真右)。

IMG_2143vga.jpg
北北東には次郎笈(左端)とすぐ右に雪を被った剣山、そして一ノ森(右から2つ目のピーク)。

IMG_2146vga.jpg
別府へ下るルートとの尾根分岐にはトラロープが張られ通行禁止になっている。
西南西へ下るこの尾根は途中で谷に下ったりしない限り尾根通しなので問題なく通行可能。
少し下で県境尾根が四ツ足峠へと分かれている。

KC3V0106vga.jpg IMG_2149vga.jpg
避難小屋跡の様子を観察。

KC3V0112vga.jpg IMG_2153vga.jpg
日和田へのルートも石灰岩が露出する岩尾根が多い。
「日和田登山口」の道標のすぐ下で人工林へと入る。

KC3V0120vga.jpg
伐採跡は植林されていないので “はげ山” になっている。
これはこれでなんとなくアートっぽい雰囲気はあるのだが・・・・・・。

IMG_2157vga.jpg IMG_2158vga.jpg
帰りは国道を歩く予定で日和田に下ったが、「←四ツ足峠」と書かれたプレートが目に入ってしまった。
徳島側から越すことは「2度とない・・・」かもしれんねえ!
ということで、ここでも予定変更、峠道(旧土佐中街道)へ入る。
GPSも受信できない四ツ足峠トンネルの中へは(潜りたくない)のでよかった。

IMG_2160vga.jpg KC3V0129vga.jpg
登り始めてすぐに人工林が伐採された広い場所に出る。

IMG_2162vga.jpg
往還も風雨にさらされるので崩れたりして不明瞭になっているが、目標は峠なので尾根の鞍部に向かって前進する。

IMG_2166vga.jpg IMG_2167vga.jpg
四ツ足峠までは、概ね国土地理院の地形図に示された「往還」に沿って歩く。
標高710mの分岐から1030mの峠まで標高差320m、距離にして約1.5km。

IMG_2168vga.jpg
分岐から1時間10分で四ツ足峠に到着。
このお堂(四ツ足堂)もあと10年位はもつだろうか・・・。

IMG_2169vga.jpg IMG_2170vga.jpg
ここからは、往還を離れいつものように沢筋のルートを下った。
次の機会には往還を歩くことにしよう。

KC3V0143vga.jpg KC3V0145vga.jpg
「行者山 2011.11.6」に書いておいた、崩壊地には新しい桟道が架けられ、一部で痩せていた登山道も補修されたので安全に通行できるようになった。 ⇒「行者山 2011.11.6」へ

IMG_2174vga.jpg
国道195号「四足峠トンネル」の上に出た。

KC3V0148vga.jpg KC3V0149vga.jpg
トンネルの上を通過して高知県側の四ツ足峠登山口に下山した。

KC3V0153vga.jpg IMG_2178vga.jpg
ここからは国道195号を歩いて帰る。
最後のヘアピンから集落内の車道と歩道を通って橋の袂へと下る。

KC3V0156vga.jpg KC3V0158vga.jpg
15時52分、別府峡登山口に帰ってきた。
石立山に行ったと思われる「なにわ」ナンバーが1台駐車中。
北谷はバリエーション的で面白い。
登頂可能なルートは今回のルート以外にも、いくつか存在するかもしれない。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM