Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

三嶺 2017.8.12

JUGEMテーマ:山行記録

 

早くも秋の気配が漂い始めた三嶺。

光石登山口からカンカケコースを登ってカヤハゲコースを下る、いつもの周回コースで歩いてみた。

 

カレーメシ

<カレーメシ&オールフリー>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■(*)コースタイム
光石登山口 8:28(14分)→ 堂床 8:42(21分)→ 八丁 9:03/9:07(22分)→ 渡渉点 9:29(54分)→ おかめ岩避難小屋 10:23/10:31(3分)→ お亀岩 10:34(20分)→ 西熊山 10:54/11:00(14分)→ 大タオ 11:14(13分)→ いつもの岩 11:27/11:29(25分)→ 三嶺 11:54/12:29(33分)→ カヤハゲ 13:02/13:05(51分)→ さおりが原 13:56/14:00(26分)→ 堂床 14:26(14分)→ 光石登山口 14:40

 

三嶺ヒュッテまで 往路 3時間06分  復路 2時間04分  計 5時間10分】

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間などは含まない

■コース水平距離 15.4
■天気 晴れ時々曇り
■楽しさ ★★★★★(満点!)

 

三嶺マップ

往路は光石登山口からカンカケ谷コースから西熊山経由で三嶺へ。
復路はカヤハゲコースでさおりが原経由で光石登山口まで。

 

三嶺プロファイル

【水平距離 15.415km 沿面距離 15.868km】

【累積標高 (+) 1424m  (-) -1407m】

 

光石登山口

8時過ぎに光石登山口に到着。

三嶺に向かう人はとっくに出発している時間。

 

三嶺登山道

崩落箇所の手前も手入れされて歩きやすくなった。

 

三嶺登山道

復旧工事が完成して国道のようになった崩落箇所。

これだけきれいなったら当分は大丈夫?

 

長笹谷

しばらくまとまった雨がなく水量が少ない長笹谷。

 

ウメガサソウ ツチカブリ

花が終わったウメガサソウ(梅笠草)の樹高は10〜15cm。

イチヤクソウ科(APG体系ではツツジ科)ウメガサソウ属の小低木。

白いキノコはツチカブリ?シロハツ?

キノコはよく分からない。

 

フスベオリ谷

それにしても涼しい!

確か何日か前(8月7日)が立秋だった。

 

タケニグサ

旧堂床小屋付近に群生するのはタケニグサ。

 

マルミノヤマゴボウ マルミノヤマゴボウ

タケニグサの中にポツンと生えるマルミノヤマゴボウ。

花が終わると実が赤くなって目立ち始める。

 

ベニナギナタダケ ベニナギナタダケ

にょきにょき生えるベニナギナタタケ。

猛毒のカエンタケと違って食べられないことはないらしい。

 

八丁ヒュッテ

八丁ヒュッテ(標高1080m)に人の姿はない。

 

 渡渉点

渡渉点の水量も少なめ。

 

トンビマイタケ

トンビマイタケは人気の高い夏のキノコ。

マイタケより見かけはよくないけど美味しくて香りもよい👍

奥山のブナ林でないと採れない。
天然のトンビマイタケは1kg 5,000円前後で売っている。

 

カンカケ谷

カンカケ谷支流沿いの登山道は不明瞭。

 

カンカケ谷ワサビ田跡

荒れ果てたワサビ田。

ワサビが栽培されていたのも、今は昔。

 

おかめ岩避難小屋

お亀小屋は四国の無人小屋ではよい方だと思う。

 

お亀岩

おかめ岩避難小屋の前でお亀岩を見上げながら一服 (-.-)y-~~

雲が湧いてきた。

 

西熊山

涼しくて快適な西熊山の稜線♪

 

お亀岩

後方に地蔵ノ頭と天狗峠(鞍部)、右に牛ノ背。

お亀岩を指さす2人は初めてなのだろう。

 

お亀岩

「お亀岩はどこですか?」

「👈あれです。」

お亀岩に向かって下っていく年季の入った山屋のおじさん。

 

三嶺

いつものようにセルフタイマー。

(ここから眺める三嶺は好きだな)

 

三嶺

とりあえずコンデジで撮影。

 

三嶺

こちらは一眼で撮影。

 

西熊山

西熊の山頂でお食事中のみなさん。

 

西熊山

食害で一部が枯れた西熊山北斜面のササ原もきれいになってきた感じ。

なだらかで放牧場のよう。

 

三嶺さんぽ通信

涼しいと思ったら20℃しかない。

この日はよさこい祭りの最終日。

高知市の気温は36℃を記録し猛暑日となった。

 

三嶺

大タオから三嶺に向かうなだらかなアップダウンの稜線が美しい。

大タオは西熊山と三嶺を結ぶ稜線の最低鞍部で盗人沢の最上部にあたる。

「タオ」とは山の鞍部のこと。

昔は峠を「タオ」と読んでいて、中・四国には峠・垰の字をタワ・タオと読む地名が多いそうだ。
 

急な南斜面のササ原のシカ道は薄くなったが・・・

森の中のササやスズタケは食い尽くされていて回復は厳しい。

 

三嶺

誰か下ってくる。

(今日はお亀方面に向かう人が多いな・・・)

 

三嶺さんぽくらぶ

三嶺をバックにセルフタイマー。

これといったポーズがとれない (^^;)

 

三嶺

雲の動きが早い。

涼しくて木陰のない稜線を歩くにはちょうどの天気。

 

三嶺

厚い雲で一瞬、山頂が暗くなった。

 

西熊山

遠くなった西熊山と天狗塚。

左に綱附森。

 

ツリガネニンジン ツリガネニンジン

キキョウ科のツリガネニンジンが咲き始めると秋が近い。

花期は8〜10月。

 

シコクフウロ シコクフウロ

シコクフウロは三嶺の代表的な夏の花。

花期は7〜9月。

 

三嶺

山頂には数人の登山者。

 

三嶺

三嶺は名頃から登る人が圧倒的に多い。

どちらかというと高知県側から登って西熊山やカヤハゲから、近づく三嶺を見ながら登る方がいいとは思うけどね。

ぐるっと周回できるしね。

 

三嶺

とりあえず コンデジ。

 

三嶺

次に一眼でもう一枚。

発色と解像度がちょっと違うのが分かる。

 

三嶺さんぽくらぶ

西熊山と天狗塚を眺めながらランチタイム。

最近こればっかり。

日清製粉とサントリーのコラボCMではない 💦

 

三嶺

お昼が済ませたらカヤハゲに向かって出発。

 

ツルギハナウド

ツルギハナウド(剣花独活)はセリ科ハナウド属の多年草。

環境省レッドデータ 絶滅危惧B類。

 

イブキトラノオ ホソバノヤマハハコ

山頂直下に咲くイブキトラノオとホソバノヤマハハコ。

 

カヤハゲ

カヤハゲのもう一つの名前は東熊山。

 

三嶺

カヤハゲから見上げる三嶺。

のしかかるような雲に覆われてきた。

 

リョウブ

枝を広げた小さなリョウブの木。

リョウブの花は香りがいいので蜜を吸う昆虫が集まってくる。

5年に1度しか咲かないというリョウブのハチミツは香りが高くて貴重。

若い葉を飯に炊き込んだ令法飯(りょうぶめし)は木曽御嶽山の行者の食物として知られる。

 

登山道を塞いで大きな木が倒れていた。

 

さおりが原

さおりが原(標高点1162m)。

 

マネキグサ

ネットの中に群生するマネキグサ。

 

マネキグサ マネキグサ

マネキグサは(招草)はシソ科マネキグサ属の多年草。

環境省レッドリストの準絶滅危惧(NT)。

高知県レッドリストの絶滅危惧II類(VU)。

 

ダイコンソウ ダイコンソウ

木陰に咲くダイコンソウはあまりぱっとしないのでめったに撮らない。

日が差していたので撮ってみた。

高山植物のミヤマダイコンソウと比べると地味。

 

三嶺登山道

誰でも安心して通れる道になった。

 

光石登山口

14時40分、光石登山口に下山。

今日も旨いビールが飲めそうだ!

 


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2017.09.24 Sunday
  • 09:21