近頃、冬しか足が向かなくなった綱附森で、スノーシューハイクを楽しんだ。
年が明けてから、週末は冴えない天気ばかり。
今週も良くない予報で土曜日は雨だったけど、日曜日は好転して申し分のない登山日和に恵まれた。

P1060331vga.jpg
<綱附森山頂>
このところ、暖かい日が続いていて、綱附森の雪も少し融けたようだ。

Ushinose-Ishidate240.jpg
<牛ノ背〜石立山のパノラマ (7枚合成)>

1B3Z7635vga.jpg
<参考:大栃から見る降雪後の綱附森>

banner_b.gif

■行先・位置
綱附森(二等三角点 [安野山] 1643.1m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度47分57秒・東経133度56分28秒
■コースタイム
綱附森登山口 08:34(1時間33分)→ 標高点 [・1421] 10:07(1時間13分)→ 標高点 [・1460] 11:20(1時間18分)→ 綱附森 12:38(昼食)/13:54(50分)→ 標高点 [・1460] 14:44(39分)→ 標高点 [・1421] 15:23(40分)→ 綱附森登山口 16:03
【行き 4時間4分 帰り 2時間9分 計 6時間13分】
■コース水平距離 約 9.6km
■天気 晴れ時々曇り
■楽しさ ★★★★★(満点!)

120122_tsunatsuke.jpg 120122_tsunatsuke_v.gif
矢筈山登山口の駐車場から南東へ約400m、東笹林道のゲート手前が登山口。
往復の距離は約9.5km。
登山口の標高は約1250で標高差は約400m。
県境尾根の緩やかなアップダウンが続く。
登山口の標高が高いと、(手軽に登れて)いいように思えるが、冬場はそれが難点にもなる。
綱附森登山口は標高1250mと、光石登山口の910mより340m高い。
この差が登山口までチェーンなしで「行けるか、行けないか」を左右する。
【水平距離8.821km沿面距離9.254km/累積標高差(+)868m(-)948m】
*データが少しおかしい

P1060034vga.jpg P1060399vga.jpg
県道 49号大豊物部線終点の明賀集落からは、九十九折りの林道「笹笹上線」が矢筈峠へと続く。
四輪駆動とはいえ、1000mを越えた辺りからノーマルタイヤでは走行困難になったので、買ったばかりのチェーンを装着。

P1060032vga.jpg
山には興味がなくても、積雪があるとオフロード車を転がしに来る人たちがいるので、駐車場は車の轍だらけ。

P1060037vga.jpg P1060038vga.jpg
矢筈山登山口の駐車場とトイレの位置は、徳島県(管理は香美市)で綱附森登山口は、高知県。
1998年に開催された「インターハイ登山大会」の幕営地とし整地された広場に車を置く。

P1060040vga.jpg
靴は今回、初使用のトリオレ プロGTX。
今日はその履き心地も試してみたい。

P1060046vga.jpg P1060081vga.jpg
すでに日も高くなった、8時34分に登山開始。
曇りの予報だったけどそんなに悪くない天気。

P1060093vga.jpg
南南東に進んでいた尾根道が、南からの尾根を合わせて、北北東(左)に折れる(「標高点・1421」へ向く)と樹林帯を抜ける。左手に矢筈山、笹越の鞍部には雲海上に浮かぶ石鎚山系の山々が頭を出す。

P1060110vga.jpg
右手前方には、天狗塚・三嶺・綱附森。

P1060113vga.jpg P1060121vga.jpg
「標高点・1421」 はピークを通って真っ直ぐ進みたくなるが、直前で大きく右に折れて、鞍部へと下る。
登山道に残されているのは動物のトレースのみ。

P1060116vga.jpg
南に太平洋が見える。

P1060149vga.jpg
「標高点・1421」から少し下った鞍部(1370m)の南側には、田んぼのような湿地があるので様子を見に寄り道。

IMGP5647.jpg P1060172vga.jpg
「ピーク1430」の南を通過し、左に牛ノ背と天狗塚を眺めながら広い鞍部を進む。
この鞍部へは東笹林道からの登山道があり、麓の久保安野尾へ続いている。

P1060176vga.jpg
鞍部で振り返ってみる。
右がピーク1430。

P1060195vga.jpg P1060204vga.jpg
「標高点・1460」の少し手前で少し雪が深くなったのでスノーシューを装着。
「標高点・1460」を通過すると再び三嶺も見え始めた。

P1060241vga.jpg
矢筈山の北に見えるのは、国見山(1409.0m)と中津山(1446.6m)。

IMGP5721.jpg P1060282vga.jpg
山頂はもう目の前。
展望の良い綱附森だが、植物が少ないからか人気は今ひとつで、夏場の登山者も多いとは言えない。

P1060293vga.jpg
山頂からの展望はすばらしく、三嶺や天狗塚、白髪山はもとより東に剣山や次郎笈、西には石鎚山系、南に高知平野、太平洋も一望できる。
北アルプスに例えると、穂高連峰、槍ヶ岳の展望台、蝶ヶ岳のような存在。
のんびり歩きすぎて山頂到着は12時38分、山頂付近だけは風が強くて寒い。

P1060314vga.jpg
左から牛ノ背(1757.1m)・天狗塚(1812m)・地蔵ノ頭(1800m)。

P1060311vga.jpg
西熊山(1815.9m)と三嶺(1893.4m)。

Sanrei-Shiraga480.jpg
左から西熊山・三嶺・カヤハゲ(1720m)・白髪山分岐(1730m)・白髪山(1769.7m)・後方には剣山(1954.7m)と次郎笈(1930.0m)(3枚合成)。

P1060324vga.jpg P1060329vga.jpg
風を避けるため少し南に下った斜面でランチタイム。
伝説の一品。
カップヌードルに「そば」があった!
ということで、
今日の一杯は1月16日(月) に復刻発売された「カップヌードル 天そば」
カップヌードル発売40周年記念企画として実施された『歴代カップヌードル復活総選挙』で第1位となった、シリーズ唯一の和風カップ麺で1972年12月に発売されている。
商品特徴は、のどごしの良い縮れそばに、かつおだしとほのかなユズの香りが特徴のオーソドックスなそばつゆ。
具材にエビミンチ天、シイタケ、ネギ。
カップヌードルに「そば」が存在したとは知らなかった。
3位のスパーシーカレーが好きだけど、これはこれで良いかも。
期間限定でなくても売れるのでは?

P1060332vga.jpg P1060281vga.jpg
13時54分、展望を楽しみながら下山。

P1060337vga.jpg
午後になると太平洋がオレンジ色に輝きはじめる。

tengu-sanrei480.jpg
牛ノ背〜三嶺のパノラマ(2枚合成、山頂直下から)。

P1060358vga.jpg
なぜか立ち止まってしまう3本の木。

P1060359vga.jpg
魚のような雲が泳ぐ。

P1060365vga.jpg
太陽が西に傾いて、シルエットになったブナ。

P1060369vga.jpg
黒い雲の右側に淡く彩雲が・・・。

P1060370vga.jpg
最後にもう一度牛ノ背を・・・。

P1060382vga.jpg P1060401vga.jpg
寄り道が多すぎて下山は16時3分で往復6時間13分(ランチタイム除く)。
撮影枚数は約400枚。

P1060391vga.jpg
旧型のトリオレGTX(左)と新型のトリオレ プロGTX(右)を並べてみた。
写真を見てもらったら分かるようにつま先の形が全く違っている。
新型は明らかにワイドになっていて、「日本人向け足型」で人気の定番、ローバーのタホー同様5本の指を自由に動かせる感じでつま先にゆとりがある。
少々地味なローバーと比べ、Made in Italy のスカルパは細身でかっこいいけど、典型的な「日本人の足」には合ってなかったようで、小指が当たってよくまめができていた。
靴紐をきつめにしておくと緩和されるのだが、小指が痛くなるという人は10人中3人はいるらしい。
しかし、新型の「トリオレ プロ」は別物!
足が幅広でスカルパを諦めていた人も是非試してもらいたい。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM