JUGEMテーマ:登山

日帰りから2日程度の小屋泊で、使用頻度の高い 30〜40 L のザック。
色々比較した結果、長期の使用でかなりくたびれてきたグレゴリー Z35 の後継として、アークテリクス Ker 37 を購入してみた。

アークテリクスker37
<ARC'TERYX Ker 37>

三嶺さんぽ通信

現在、主に4つのザックを使っている。
・日帰り、山小屋泊でも、軽量化したいときは、ミレー レスピレーション 30。
・いつもの日帰り、1〜2泊程度の小屋泊なら、グレゴリー Z35。
・1〜2泊のテント泊、2〜3泊程度の小屋泊なら、マウンテンハードウェア
 ワンドリン 48 バックパック(2気室)
・2012年の源次郎尾根のように荷物が多くてベースキャンプを利用するときなどは、
 オスプレー アトモス 65(2気室)
というふうに使い分けている。
1番出番が多いのは「いつもの日帰り」に使っている Z35。

アークテリクスker37
今回、色々検討した結果、アークテリクス(ARC'TERYX)Kea37 バックパックを購入。
〔メーカーサイトの謳い文句〕
「Kata 37 の後継モデル。
 便利で快適な機能を多く備えた万能登山用バックパック」

サイズ:Regular 重量:1.50kg 容量:37 L(40 L max)。
カラー:Chipotle(チポトレ)

アークテリクスker37
〔メーカーサイトの説明〕
Kata 37 の後継モデル。Kea 37 は、ギアが多い日に適した万能バックパックです。軽量ながら便利な機能を備えています。上蓋の 2つの大きなポケットやステルスポケット付きのゆったりしたフロントカンガルーポケットでギアを整理し、小物はデュアルストレッチサイドポケットに収納しましょう。P'ax ピッケル装着システムにより、片手でツールにアクセスできます。

アークテリクスker37 アークテリクスker37
トップには2つの大きなジッパーポケット(キークリップあり)。
1つはGPS専用で使いたいかな。

アークテリクスker37 アークテリクスker37
ステルスポケット付きのゆったりしたフロントカンガルーポケット。
(フロントのカンガルーポケットはよく使うのでありがたい)

アークテリクスker37
ヒップベルトにストレッチメッシュポケット。
あまり使わないと思うが、ジッパー付きより使い勝手はいいかも。
切符など入れておくのには便利。

アークテリクスker37 アークテリクスker37
小物やボトルを収納するのに便利なデュアルストレッチサイドポケット。
ボトムにもパッドが入っていて、しっかりしている。

アークテリクスker37
圧縮ストラップは各サイドに 2 本ずつ。

アークテリクスker37 アークテリクスker37
P'ax ワンハンドピッケルアタッチメントシステムにより、片手でツールにアクセス可能。

アークテリクスker37 アークテリクスker37
バックパネルは、熱成形のヒップベルトとあいまって背負い心地は抜群。
バックパネルの通気性はあまり考慮されていない。
腰で負う(背中と密着させて背負わない)のであまり関係ないか・・・

パックからの給水用に HydroPort やハイドレーションブラッダークリップ、
モジュラーホースクリップあり。

アークテリクスker37
2倍の密度の肩ストラップはぺらぺらのものより背負いやすい。

アークテリクスker37
ARC'TERYXの「始祖鳥」ロゴがかっこいい!


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM