JUGEMテーマ:山行記録

うっすらと雪化粧して冬の装いに変わりつつある三嶺。

光石登山口からカンカケコースを登ってカヤハゲコースを下る、いつもの時計回り周回コースで歩いてみた。

 

三嶺

<三嶺山頂>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■(*)コースタイム
光石登山口 8:34(8分)→ 堂床野営場 8:42(22分)→ 八丁 9:04/9:11(18分)→ 渡渉点 9:29(11分)→ 1240m地点 9:40(登山靴調整)/9:43(47分)→ おかめ岩避難小屋 10:30(3分)→ お亀岩 10:33(レインウェア着用)/10:44(24分)→ 西熊山 11:08/11:15(14分)→ 大タオ 11:29(13分)→ いつもの岩 11:42/11:49(24分)→ 三嶺 12:13/12:21(7分)→ 三嶺の池 12:28/12:30(1分)→ 三嶺ヒュッテ 12:31/12:38(9分)→ 三嶺 12:47/13:07(26分)→ カヤハゲ 13:33/13:40(37分)→ さおりが原 14:17/14:19(23分)→ 堂床野営場 14:42/14:43(9分)→ 光石登山口 14:52

三嶺ヒュッテまで 往路 3時間12分  復路 1時間44分  計 4時間56分】

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間などは含まない

■コース水平距離 16.2
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

 

三嶺マップ

往路は光石登山口からカンカケ谷コースから西熊山経由で三嶺へ。
復路はカヤハゲコースをさおりが原経由で光石登山口まで。

 

三嶺プロファイル

【水平距離16.217km 沿面距離16.783km 累積標高(+)1623m (-)-1617m】

 

光石登山口

8時過ぎの光石登山口。

天気は薄曇り。

 

光石登山道

光石〜堂床。

落ち葉の登山道。

 

三嶺登山道

危なかった崩落箇所は練り石積みで復旧されて幅員も十分。

 

三嶺登山道

先行する3人はどのコース?

 

長笹谷

3人を追い抜いて長笹谷入口の橋へ

この谷はカヤハゲ南面に源を発している。

 

フスベヨリ谷・橋

フスベオリ谷の吊り橋。

前の橋がどんなのだったか、もう忘れてしまった。

 

八丁ヒュッテ

カンカケ谷コースとフスベオリ谷コースの分岐に建つ八丁ヒュッテ。

登山口から近いので宿泊に利用されることは少ない。

 

三嶺

フスベオリ谷の奧に見える三嶺。

雪が降りゆう?

 

ガルモント タワー プラス LX GTX

アッパーが薄くて冬向きではないトランゴ ガイドに代えて、ガルモント タワー プラス LX GTXを履いてみた。

ガイドに慣れてしまうと足が重い。

 

道標

渡渉点の先の年季を感じる道標。

← コトウド 下|上 オカメ テング →

   ゲカ  リ|リ  サンレイ

 

おかめ岩避難小屋

誰か小屋に向かっている。

 

おかめ岩避難小屋

おかめ岩避難小屋の管理は高知県。

修繕が必要になると大栃の大工さんたちが駆けつける。

 

お亀岩

風の通り道になるお亀岩の鞍部。

 

西熊山

むひょう♪ 霧氷♬

 

西熊山

立ち枯れ木のオブジェ。

 

西熊山

11時08分、三等三角点の西熊山山頂。

 

三嶺

寒いのでレインウェアを着込んだ。

 

天狗塚

地蔵ノ頭と丘のようなコブ(西山林道への分岐)の標高は約1810m.

躄峠(天狗峠)から頭を出す天狗塚の標高は1812m。

 

祖谷山系

矢筈山を盟主とする祖谷山系の稜線。

 

三嶺

来週から12月。

 

三嶺

今年は1月に積雪が少なく、4月に入ってから真冬並みに積もった日があった。

今シーズンはどうなるのだろう?

 

三嶺

山頂に人影が一つ見える。

 

三嶺

霧氷に覆われた青ザレ上部のコメツツジ。

 

天狗塚

振り返ると西熊山と天狗塚直線的に並んでいる。

 

三嶺

同じ人か分からないけど、まだ1人見える。

 

三嶺

12時13分。

誰もいなくなった三嶺山頂。

 

三嶺

歩いてきた稜線。

天狗塚まで歩きたいという声はよく聞く。

 

石鎚山

冴えない天気でも空気は割と澄んでいて牛ノ背の奧に石鎚山が見える。

 

三嶺

ここまで来たら、池の様子を見んずつ帰るわけにゃあいかんろう!
 

三嶺

溶岩台地のような山頂部分の東端にある火口のような池。

水は年中涸れない。

 

三嶺

昨年より2〜3週間早く凍った三嶺の池。

 

三嶺さんぽ通信

大丈夫だとは思うけど・・・

横断するにはまだ勇気がいる。

 

三嶺

小さなコブにしか見えない山頂。

 

三嶺

三嶺は徳島県側から登る人が圧倒的に多い。

ガイド本のほとんどが名頃からのルートを紹介しているからだろう。

 

三嶺

誰もいない山頂。

 

三嶺

数分後、カヤハゲ方面から登ってきた人たちで一気に賑やかになった。

光石の車の人たちかなあ?

 

カヤハゲ

下山ルートはカヤハゲ西尾根

堂床まで尾根通しに下ることも可能。

 

カヤハゲ

西熊山に対して東熊山とも呼ばれるカヤハゲ。

 

さおりが原を経由して落ち葉が積もった登山道を堂床へ。

 

黄葉

堂床の紅葉。

 

光石登山口

14時52分、光石登山口に下山。

車の台数と位置は来たときと同じ。

 

西熊渓谷・紅葉

最近、紅葉シーズンは遅れ気味。

 

西熊渓谷・紅葉

夏が暑すぎて秋と冬の境目がはっきしなくなった。

 


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

三嶺さんぽくらぶ

三嶺さんぽくらぶ



三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM