Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺トレイル

三嶺トレイル 2017.9.2

JUGEMテーマ:山行記録

 

9月最初の週末は久しぶりの三嶺トレイルへ。

それにしても8月は、たった2回しか山に登っていない。

今月は、一体どうなるのだろう?

 

三嶺さんぽくらぶ

<三嶺山頂>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒

西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
(*)コースタイム
光石登山口 8:53(7分)→ 堂床分岐 9:00(27分)→ さおりが原 9:27(51分)→ カヤハゲ 10:18/10:23(29分)→ 三嶺 10:52/11:04(18分)→ 大タオ 11:22(14分)→ 西熊山 11:36/11:39(10分)→ お亀岩 11:49(1分)→ おかめ岩避難小屋 11:50/11:51(25分)→ 渡渉点 12:16(11分)→ 八丁ヒュッテ 12:27(8分)→ 堂床分岐 12:35(9分)→ 光石登山口 12:44
【往路 1時間54分 復路 1時間36分 計 3時間27分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 15.0
■天気 曇りのち晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 

三嶺マップ

光石からさおりが原経由・カヤハゲコースで三嶺山頂へ。

三嶺からお亀岩まで縦走してカンカケ谷を下る周回コース。

 

三嶺プロファイル

【水平距離 15.033km 沿面距離 15.758km】

【累積標高差 (+) 1639m (-) 1605m】

 

高知県道217号 高知県道217号
五王堂へ入る手前の県道49号大豊物部線と217号久保大宮線の分岐。

49号は矢筈山・綱附森方面、217号は三嶺・白髪山方面。

「三嶺」のローマ字表記は、もちろん「Sanrei」。

 

光石登山口

登山口に着いたのは、予定どおり?の9時前。

なんだか冴えない灰色の空だけど・・・

カヤハゲを通過する「10時過ぎには晴れてくるはず」なのであった。

出発が早すぎると晴れないのだ。

 

三嶺登山道

復旧工事が完成した崩壊箇所。

高い所が苦手な自分でも安心して歩けるようになった (^^;)
 

さおりが原

高知大ワンダーフォーゲル部が名付けた「さおりが原」。

一昔前と違って「原」ではない。

いっそのこと、さおりが原全体を柵で囲んだ方がいいような気がする。

できることなら、麓から三嶺全体を囲みたい。

 

タヌキノチャブクロ タヌキノチャブクロ

「おっ!タヌキノチャブクロ?」

 

朽ち果てた倒木からタヌキノチャブクロ(狸の茶袋)が発生していた。

ホコリタケの仲間には、タヌキノチャブクロによく似たキツネノチャブクロ(狐の茶袋)というキノコがある。

両者の見分け方は、

 

「赤いきつねと緑のたぬき〜♪」

 

ではない!

 

キツネ:外皮に円錐形の小さな棘状の突起が沢山ある(タヌキより白っぽい)

タヌキ:外皮は粉状(希にイボ状)でキツネより少し縦長(キツネより褐色)

キツネ:林内の地上や林道、草原に発生

タヌキ:朽木や切株と周辺の腐植土上に発生

 

両者とも “ホコリ” を出す前の中が真っ白な幼菌なら食べられる。
 

三嶺さんぽくらぶ

カヤハゲはガスガス!

「・・・・・・」

「10時過ぎには晴れる予定だったんだけどねえ・・・」
 
カヤハゲ

カヤハゲで5分ほど停滞。

少しずつ上がってきてはいる感じではある。
 

スント

気温は12℃。

動いていないと少し肌寒い感じ。

 

三嶺

晴れてきた!

まずまず、予定どおりというところか?

 
三嶺

やはり、青空だとやはりテンションが上がるね。

 

ホソバノヤマハハコ ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコ(細葉山母子)はキク科ヤマハハコ属の多年草。
北海道と本州(中部以北)に分布するヤマハハコより葉が細い。
 

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)はキク科アキノキリンソウ属の多年草。

かつては里山で普通に見られる花だった。

麓は同属のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)に席巻されて見ることが少なくなってしまった。

 

シコクフウロ シコクフウロ

シコクフウロ(四国風露)はフウロソウ科フウロソウ属の多年草。
本州(東海地方以西)・四国・九州の山地の草地に分布している。
三嶺の代表的な夏の花でゲンノショウコの仲間。

ハクサンフウロより花弁の色が淡く網目状の筋が多い。

 

三嶺

雲は東の空へ移って行った。

 

三嶺

誰もいない山頂。

「・・・・・・」

 

三嶺さんぽくらぶ

「みんな どこへ行った〜♪」

*実際に口ずさんでいたわけではありません

 

三嶺

いつもの風景だけど・・・

 

三嶺

この稜線がたまらなく好きだな (≧∀≦)
 

三嶺

「草原のペガサス〜♪」

なぜか突然思い出した「地上の星」。

 

西熊山

三嶺ー西熊山の最低鞍部は大タオ。

大タオは大きい峠という意味。

下らない方がいいにきまっているけど、下りがないと登りもない。

 

西熊山

西熊山までもうひと登り。

ええ感じです。

 

西熊山

三嶺から西熊山まで32分。

躄峠(いざりとうげ)のど真ん中から頭を突き出す天狗塚。

山頂に人がいるのが見える。

「アリラン峠」が「矢筈峠」に変わったように、「躄峠」もいつの間にか「天狗峠」に変わってしまった (・_・?)

 

三嶺

三嶺から西熊山までの、水平距離 2.6km、沿面距離 2.8km。

累積標高 (+) 290m (-) -365m。

 

三嶺

「みんな何処へ行った〜

  見送られることもなく〜♪」

それにしても、つばめはいないな・・・

銀河系の中心はどっちだ!

 

西熊山

西熊山とおかめ岩避難小屋。
 
おかめ岩避難小屋

1994年に建築された2代目「おかめ岩避難小屋」は築23年目。

見送られることもないので、さっさと下ろう。
 

カンカケ谷コース

膝が危ないカンカケ谷コースのガレ場。
 

渡渉点

12時16分、お亀小屋から25分で渡渉点を通過。
 

三嶺さんぽくらぶ

足がササで擦れて傷だらけ。

CW-Xは買ってもすぐに岩や木に引っかけて破いてしまう。

欲しいけど、だんだん買うのがもったいなくなってきた。

 
カンカケ谷コース

ヘルメットの二人はどこを歩いてきたのだろう?

 

八丁ヒュッテ

八丁ヒュッテ。
 

堂床

フスベヨリ谷には2つの吊り橋がある。

丸太橋が残っているのはヌスビト沢の出合だけ。

 

光石登山口

12時44分、スタートから3時間51分(休憩含む)で光石登山口へ下山。
1台減った?

いや2台減って1台増えている。

 

この日が9月の最初で最後の登山となるのであった・・・

 

 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 06:12

Comment
ジャンダルムさんのレポートでいつかは西熊から三嶺方面の縦走を!と思っておりましたが、ついに念願を果たすことができました(西山林道からいやしの温泉郷)。いやあジャンダルムさんが何度も行かれるはずですね、これから陽が落ちるのが早くなるので、下山の予定をしっかり立ててまたチャレンジしたいと思いますよ。
  • irino koichi
  • 2017/11/05 7:39 PM
irinoさん、西熊から三嶺を歩かれましたか!
私は西山林道から登ったも、西山林道へ下ったこともありません。
いやしの温泉郷からも同様です。
どちらもやってみたいと思ってます!
  • ジャンダルム
  • 2017/11/05 9:51 PM
Send Comment