Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

三嶺 2017.6.17

JUGEMテーマ:山行記録

 

一ヶ月ぶりに登った梅雨空の三嶺。

初めて登る仲間を案内して、カンカケ谷を登ってカヤハゲからさおりが原へ下るポピュラーな周回ルートで歩いてみた。

 

三嶺

<西熊山から三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■(*)コースタイム
光石登山口 6:48(12分)→ 西熊林道ゲート 7:00(1分)→ 迂回路分岐 7:01(10分)→ 堂床野営場 7:11/7:13(28分)→ 八丁 7:41/7:49(25分)→ 渡渉点 8:14(35分)→ 水場 8:49/8:53(18分)→ 水場 9:11/9:12(4分)→ おかめ岩避難小屋 9:16/9:28(2分)→ お亀岩 9:30/9:31(4分)→ 東祖谷展望(1700m地点)9:35/9:44(14分)→ 西熊山 9:58/10:04(15分)→ 大タオ 10:19(40分)→ フスベオリ谷コース分岐 10:59/11:01(3分)→ 三嶺 11:04/11:09(11分)→ 三嶺ヒュッテ 11:20/12:04(1分)→ 菅生コース分岐 12:05/12:07(9分)→ 三嶺 12:16/12:17(9分)→ 天狗岩 12:26/12:30(19分)→ 小さな池(水たまり)12:49/12:51(11分)→ カヤハゲ 13:02/13:05(32分)→ カヤハゲ西尾根(1420m地点)13:37(休憩)/13:40(28分)→ さおりが原 14:08/14:14(4分)→ 長笹谷 14:18(3分)→ 西熊林道トンネル 14:21/14:23(26分)→ 西熊林道ゲート 14:49(10分)→ 光石登山口 14:59

三嶺ヒュッテまで 往路 3時間42分  復路 2時間32分  計 6時間14分】

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間などは含まない

■コース水平距離 17.1
■天気 晴れ時々曇り
■楽しさ ★★★★★(満点!)

 

三嶺マップ

光石登山口からカンカケ谷コース(迂回路経由)で三嶺へ。
復路はカヤハゲコース(西熊林道経由)で光石登山口まで。

 

三嶺プロファイル

【水平距離 17.065km 沿面距離 17.582km】

【累積標高 (+) 1599m  (-) -1582m】

 

光石登山口

6時48分に光石登山口を出発。

梅雨に入っても雨が少ないのは登山者にとってはありがたいが・・・

今年は空梅雨?

 

光石登山口

今回は、三嶺デビューのKくんを案内してカンカケ谷コースで三嶺に登る。

途中の八丁ヒュッテやおかめ小屋を見ておくことも目的の一つ。

 

西熊林道

西熊林道ゲート前にも車が2台。

ここまで車を乗り入れると、片道10分ほどの短縮になる。

 

西熊林道

迂回路はゲートの先で左の歩道に入る。

この迂回路を使うと、片道20〜30分のロスとなる

 

光石迂回路

この迂回路は、光石登山口〜堂床の登山道が崩壊してから新しく整備されたものではなく、堂床野営場と西熊林道・展望台を結ぶ連絡道として古くからあった。

 

堂床

堂床野営場から正規の登山道に復帰。

 

堂床

さおりが原への分岐を通過してフスベオリ谷の吊り橋を渡る。

 

八丁ヒュッテ

7時41分に八丁ヒュッテ(標高1080m)に到着。

小屋の内外を確認。

 

渡渉点

渡渉点(標高1180m)の岩にヒメレンゲが咲いていた。

 

カツラ

カツラの緑も濃くなった。

 

お亀岩

お亀岩のそら。

 

おかめ岩避難小屋

梅雨にしてはまずまずの天気。

 

おかめ岩避難小屋

9時16分、おかめ岩避難小屋(標高1640m)に到着。

数人の登山者で賑わっている。

 

西熊山

お亀岩から西熊山へ伸びる稜線。

 

稜線を北側に回り込んだ地点(標高1700m)から東祖谷の集落などを確認。

 

東祖谷

東祖谷(右下)と西祖谷山村(左上)方面。

 

三嶺さんぽくらぶ

9時58分、西熊山に到着(セルフタイマーで撮影)。

カンカケ谷コースで登ると、ササ原の稜線の先に三嶺の山容を確かめながらアプローチできるところがいい。

 

三嶺

大タオの鞍部に下りながらアップダウンが続く稜線を見上げる。

 

ウスノキ

ウスノキ(臼の木)は、ツツジ科スノキ属の落葉低木で北海道・本州・四国北部・九州北部に分布する。

ほとんどが樹高50cm以下で地表面付近に生えていることが多い。

ブルーベリーの仲間としては、クロマメノキの方が美味しい。

 

三嶺

パステルブルーの青空がちょっときれいだった。

 

三嶺

青ザレ手前の坂がちょっときついんだよね・・・

 

ツマトリソウ ツマトリソウ

ツマトリソウ(褄取草)は、サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草。

北海道・本州(中部以北)と四国の亜高山に分布し、マイヅルソウとほぼ同じ環境に自生している。
和名の由来は花弁の縁が淡い紅色で端どり(つまどり)されているから。
右の個体はほんの少し「つまどり」されている。
*高知県レッデータ 絶滅危惧B類(EN)

 

マイヅルソウ マイヅルソウ

マイヅルソウ(舞鶴草)は、ユリ科マイヅルソウ属の多年草。
北海道〜九州の山地帯上部から亜高山帯に分布、秋に赤く透き通るような実を付ける。

 

三嶺

11時04分、光石登山口から4時間16分(休憩含む)で三嶺山頂到着!

 

三嶺

せっかくなので、池とヒュッテを見てからお昼にしよう。

 

ドウダンツツジ

開き始めたばかりのドウダンツツジ。

 

三嶺

梅雨入り後、あまり雨が降ってないので水位が下がっている!

 

三嶺ヒュッテ

三嶺ヒュッテ。

 

カレーメシ

涼しかったので外でランチタイム。

オールフリーとカレーメシはヤマメシの定番!

 

三嶺

行き交う登山者。

ちょっと梅雨空。

 

三嶺

梅雨の晴れ間に賑わう三嶺山頂。

 

三嶺

12時17分に下山開始。

帰りはポピュラーなカヤハゲコース。

 

ウマノアシガタ ウマノアシガタ

珍しくもないウマノアシガタ。

沢山咲いていると、ミヤマキンポウゲのようできれいだ。

 

天狗岩

この際、天狗岩にも寄り道していこう。

 

コメツツジ コメツツジ

岩の上でコメツツジ咲き始めていた。

 

マイヅルソウ

マイヅルソウの小さな群生。

 ​

マイヅルソウ

山頂付近の個体と違って雌しべの基部が黄色。

ピンクと黄色があることに気がついた。

 

ツマトリソウ

このツマトリソウはそこそこ褄取っている。

四国では高い山にしか見られない。

 

ツクバネウツギ

黄色いツクバネウツギ!

ツクバネウツギ(衝羽根空木)は、スイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉低木で本州・四国・九州に分布。
名前の由来は、プロペラのような5枚の萼片がついた果実が羽根突きの「衝羽根」に似ることから。

花冠全体が黄色い個体より花冠の模様だけが黄色い個体の方が多い。

 

三嶺

13時02分にカヤハゲ。

 

カマツカ

カヤハゲの西尾根。

カマツカの咲く木陰の倒木に腰を下ろして一休み。

 

さおりが原

14地08分、さおりが原(標高点1162m)。

 

長笹谷

何度も流された長笹谷の橋。

 

西熊林道

林道に出たらすぐ南のトンネルへ。

 

ヤマツツジ

ヤマツツジ(山躑躅)は、ツツジ科ツツジ属の半落葉低木。

開花時期がほかのツツジより少し遅い。

花片が朱色で雄しべの数は5本。

 

ヤブウツギ

ヤブウツギが満開。

 

ヤブウツギ

ヤブウツギ(薮空木)は、スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。
本州(山梨県以西の太平洋側)と四国に分布する日本固有種。

日本海側に多いタニウツギの方が上品な感じ。

 

コガクウツギ

コガクウツギも満開。

 

コガクウツギ

コガクウツギは、ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。

本州(東海地方以西)・四国・九州に分布。

大きな萼片の装飾花と花片が 5枚の小さな普通花があり、装飾花の萼片は 3〜4個で中央部には結実しない両性花を備える。
 

西熊林道

トンネルからゲートまで1.7kmで20〜30分。

 

光石迂回路

何か見つけた?

 

ウリノキ

ウリノキ(瓜の木)は、ウリノキ科ウリノキ属の落葉低木。

カールした花片と長いしべが特徴。

沢筋などやや湿り気のある薄暗い場所で見かけることが多い。

 

光石登山口

14時59分、三嶺山頂から2時間42分(休憩含む)で光石登山口に下山。

 

光石登山口

セダンとワゴンの近鉄タクシー2台が待機中。

団体さんが下りてくるのだろうな。

 

光石登山口

崩壊地の復旧地山工事の工期は9月8日まで。

秋までには通行できそうだ。

 


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2017.07.23 Sunday
  • 12:35

Comment
Send Comment