Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

剣山地

矢筈山・石堂山 2017.4.16

JUGEMテーマ:山行記録

 
祖谷山地の盟主 矢筈山、そしてオベリスクのような御塔石で知られる石堂山。

まで春まだ浅い残雪の尾根道を落合峠から往復してみた。

 

御塔石

<御塔石と矢筈山>
 
三嶺さんぽ通信

■行先・位置
矢筈山(二等三角点 [矢筈山] 1848.8m)
徳島県三好市・つるぎ町/北緯33度55分30秒・東経133度58分30秒

石堂山(標高点・1636m)
徳島県三好市・つるぎ町/北緯33度56分19秒・東経133度57分59秒)

■(*)コースタイム
落合峠(標高点 [・1520m])7:57(16分)→ 四等三角点 [落合峠] 8:13/8:15(16分)→ 標高点 [・1654m] 8:31(26分)→ サガリハゲ山分岐 8:57/8:59(9分)→ コル 9:08(19分)→ 矢筈山 9:27/9:36(23分)→ 標高点 [・1710m] 9:59/10:02(34分)→ 御塔石 10:36/10:48(5分)→ 石堂山 10:53(昼食)/11:30(48分)→ 矢筈山 12:18/12:26(9分)→ コル 12:35(8分)→ サガリハゲ山分岐 12:43(20分)→ 標高点 [・1654m] 13:03(16分)→ 四等三角点 [落合峠] 13:19/13:22(9分)→ 1590m地点 13:31/13:34(5分)→ 落合峠(標高点 [・1520m])13:39

<行き 2時間28分 帰り 1時間55分 計 4時間23分>

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間を含まない
■コース水平距離 10.9km
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 
矢筈山・石堂山マップ

東みよし町と東祖谷を結ぶ林道の落合峠(1520m)がスタート&ゴール。

(県道44号はつながっていないので落合峠を挟む区間が林道経由となる)

落合峠までのアクセスは、南側の三好市東祖谷または北側の東みよし町から。
今回は、高知自動車道大豊IC → 国道32号 → 県道45号 → 県道32号 → 国道439号経由で県道44号へ入る・・・はずだったが、500mほど手前の三叉路に「← 落合峠」の案内があったので(おかしいな?)と思いながら入った。

答えは、途中で合流するのでどちらでもOK。

 

矢筈山・石堂山プロファイル

【水平距離 10.905km 沿面距離 11.361km】

【累積標高 (+) 1120m (-) 1117m】

 

落合峠

雲間から日が差す落合峠に着いたのは7時40分。

(あれ?誰も来ていない。そんなはずはないのだが・・・)

 

落合峠

思ったより雲が多いのが残念・・・

全然混んでないので峠にそのまま車を置いて7時57分に登山開始。

(登山口は左の小さな道標)

 

当日が近づくにつれ天気は☀から☁へ。

矢筈山の山頂周辺はガスガス。

パンツが湿ってきた。

 

すぐ先のササ原に針葉樹が点在するコブは四等三角点[落合峠]。

その先左のコブは標高点・1654mのモミ林。

 

四等三角点「落合峠」

8時13分、落合峠から16分で四等三角点[落合峠]に着いた。

 

<基準点の概要>
●基準点コード:TR45033770601
●等級種別:四等三角点
●冠字選点番号:K瀬2
●基準点名:落合峠
●標高:1610.7m

 

矢筈山登山道

標高点・1654mのこんもりとした森。

 

矢筈山登山道

樹木の根元から雪解けが始まる森。

数日前に強い雨が降ったので、葉がたくさん落ちている。

 

矢筈山登山道

サガリハゲ山分岐まで急登。

 

サガリハゲ山分岐

8時57分、落合峠からちょうど1時間(休憩含む)でサガリハゲ山分岐。

左に折れて残雪のトラバースへ。

この上のピークが矢筈の曲?

 

矢筈山

前方に矢筈山山頂を見ながら曲をトラバース。
 

三嶺さんぽ通信

トラバースの残雪もぐさぐさ。

 

コル

トラバースを通り過ぎてコルへ。

右奥に黒笠山(1703m)。

 

矢筈山

山頂が近づく頃、青空も少し見えるようになってきた。

 

矢筈山

9時27分、落合峠から1時間30分(休憩含む)で矢筈山山頂到着。

正面が石堂山方面、左が黒笠山方面。 

 

三嶺さんぽくらぶ

写真を撮っていると趣味山さんがやってきた。

矢筈山の北側は残雪が多くて楽しめるという。

石堂山寄りの稜線に出て、帰りは黒笠山寄りから下るらしい。

 

矢筈山

山頂の基準点は二等三角点。

 

<基準点の概要>
●基準点コード:TR25033771701
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興31
●基準点名:矢筈山
●標高:1848.8m

 

矢筈山道標

 \石堂山 2.0km 落合峠 3.1km/

        黒笠山 3.0km/

山頂から北に進めば石堂山、東に進めば黒笠山。

今日は石堂山を目指す!

 

矢筈山道標

「石堂山へ2.0km」

「林道(木地屋線)へ6.3km」

 

石堂山

正面やや左に石堂山。

すぐ先のコブは標高点・1710m。

コースは「尾根通し・・・」のはず。

 

尾根の北側に残る残雪(なるほど)。

 

白滝山

前方は石堂山から白滝山(1526.3m)を経て石堂神社へと伸びる尾根。

趣味山さんが車を置いたと思われる県道304号は尾根の下、片川沿い2kmほどの所まで来ている。

行き止まり県道だが、林道経由で旧半田町方面へ抜けることができる。

 

標高点1710m

前方は標高点・1710mのピーク。

道が分からなくなって尾根通しに通過したが、登山道は左(西)側にあることが帰り道に判明。

まあ、尾根を歩いていたら間違いはない (^^;)

 

白滝山

登山道を覆った笹と残雪でルートが少し分かりづらい。

白滝山の左奧に見えているのは火打山(1424.7m)。

 

三嶺さんぽ通信

小さなコブのアップダウンがいくつか連続する。

 

御塔石

煙突のような岩が見えてきた。

 

 水場

最低鞍部に何の道標?

水場の案内板だった。

 

石堂山

最低鞍部から石堂山への緩やかな登り。

賑やかな声が聞こえてきた。

 

石堂山

男女7〜8人の中高年グループは矢筈山まで行くのだそうな。

そんなに急いだつもりはないけど、ここまで2時間30分。

落合峠の出発時間を聞かれたので「8時前」と答えると、

少し昔の山ガールに驚かれ、昔の山ボーイには「若いから」と言われ・・・

(あまり若い訳じゃないけどね・・・)

 

御塔石

とりあえず、山頂をトラバースして御塔石を見てみよう!

 

御塔石

なかなか立派!

 

御塔石

御塔石まで来てみると・・・

それほどでも?

 

御塔石

御塔石の後ろ側は黒く見える四角い穴の高さが地面。

なので、後ろから見る高さは全体の1/3程度。

前は20m以上ある感じ。

 

御塔石 御塔石

石堂山の穴には祠があったのでお参り。

どこに神様が祀られているか分からないので、お賽銭は持ち歩いている。

 

石堂山

さあ、石堂山に戻ってみよう。

 

石堂山

10時58分、落合峠から3時間01分(休憩含む)で石堂山に到着。

山頂に三角点は設置されていない。

 

石堂山

石堂山山頂は標高点のみの1636m。

 

カップヌードルぶっこみ飯

初めての日清「カップヌードル ぶっこみ飯」
「カップヌードルを食べた後のスープにご飯をぶっこんだ「あの味」を再現しました。」

ということで、オリジナル(しょうゆ)のスープにご飯を入れた感じ。

飯を入れるならチャルメラの方がよいかも・・・

エネルギー:346kcal 食塩相当量:3.6g 

 

矢筈山

さあ、帰ろうか。
周回ルートがあったらよいけど、尾根を西に下ると道路が長い。

矢筈山に帰るしかない。

 

石堂山

40分ほどの滞在で11時30分、青空が広がった石堂山を後にした。

 
三嶺さんぽくらぶ

標高点1710mの西側を通っていた登山道。

「なんだ、やはりここか」なのだ。

 

矢筈山

石堂山側から見る矢筈山。

一応「矢筈」だ。

 

白滝山

ダケカンバ林と残雪。

尾根は白滝山で120〜130m下って一旦なだらかになり、1.5kmほど先で100mほど下る。

2つ目の下った辺りに石堂神社があるようだ。

 

矢筈山

あれ、あの人達まだ登っている!?

 

矢筈山

着いたばかりでお弁当を広げる団体さん。

「お昼も食べてきたんですか!?」と聞かれ、

「食べてきました。」

(石堂山で40分ほど過ごしてきたんだけどな・・・)

「速いねー」「若いから」

(・・・・・・)

槍ヶ岳も穂高も剱も行ってきたという。

(なるほど・・・)

 

落合峠

矢筈の曲を見ながらいよいよ下山。

右下に落合峠。

車も何台かは来ているようだ。

 

サガリハゲ山

左にサガリハゲ山(1722m)。

 

矢筈山曲トラバース

トラバース。

 

矢筈山

矢筈山を見上げると、団体さんもそろそろお帰りのようだ。

 

モミ

いい感じのモミ林。

 

三嶺

南に三嶺〜天狗塚の稜線。

さらに西には綱附森。

祖谷側から見る三嶺はこれといった特徴がない山だ。

 

烏帽子山

三角点ピークの向こうには、落禿(1683.2m)〜前烏帽子〜烏帽子山(1670.2m)の稜線。

 

矢筈山

矢筈山(左奥)。

 

徳島県道44号三加茂東祖谷山線

おっ!自転車が2台上ってくる。

(この峠もねー)

(そりゃあそうだろうな・・・)

 

四等三角点落合峠

四等三角点 [落合峠]で自転車を見ながら一休み。

 

落合峠

今度は、いい感じのササ原。

 

落合峠

峠が見えてきた。

向かいの山は落禿(1683.2m)。

 

落合峠

車が2台に大きなエンジンのバイクも。

車の人たちは烏帽子山方面か?

 

落合峠

最初からこうならいいのに。

 

落合峠

祖谷側から激坂をこぎ上がったロードバイクの2人はこの後、北側の東みよし町方面へと下っていった。

やってみたい気もするが・・・

自転車に乗る時間がなかなか取れないのが実情。

 

落合峠

帰りは「そば道場」のある三叉路に出た。

近くに何度か旨い豆腐をいただいたことがある「栗枝豆腐こんにゃく店」がある交差点だ。

その三叉路から西に約500mの三叉路が上の写真。

西から来るとここが手前になる。

 
祖谷秘境の湯

目星を付けておいた秘境の湯で入浴。
入浴料は大人1,000円と少し高め。

開放的な露天風呂やジェットバスなどもあって、まずまず納得の内容。

 

祖谷渓温泉ホテル 秘境の湯
〒778?0101
徳島県三好市西祖谷山村尾井ノ内401番地
TEL:0883-87-2300 FAX:0883-87-2313
E-mail:info@hotel-hikyounoyu.co.jp


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 21:33

Comment
Send Comment