Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

三嶺 2017.4.2

JUGEMテーマ:山行記録

 

4月に入ってまさかのラッセル!

三嶺周辺の天気予報は昼前から雪になっていた。

青空が消えないうちにと、トレースのない尾根道を山頂まで急いだ。

 

三嶺

<三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■(*)コースタイム
避難小屋登山口 07:57(53分)→ ふるさと林道分岐 08:50(16分)→ 白髪山分岐 09:06/09:12(48分)→ カヤハゲ 10:00/10:07(1時間01分)→ 三嶺 11:08/11:20(48分)→ カヤハゲ 12:08/12:09(39分)→ 白髪山分岐 12:48/12:50(5分)→ ふるさと林道分岐 12:55(35分)→ 避難小屋登山口 13:30
【行き 2時間58分 帰り 2時間07分 計 5時間05分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 7.9
■天気 晴れのち雪
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 

三嶺マップ

高知県側最短の白髪山ショートカットコースを三嶺までピストン。

 

三嶺プロファイル

【水平距離7.939km 沿面距離8.426km/累積標高差(+)1095m (-)1084m】

 

三嶺

光石から見上げる西熊山 - 三嶺の稜線。

雪が降ったのは知っていたけど、思ったより白い。

いい天気のようだけど「昼前から雪」の予報になっている

 

林道西熊別府線

天気が崩れる前に下山したい。

白髪山短縮コースをピストンすることにして避難小屋登山口へ向かう。

白髪山登山口のある峠を越えて別府側へ下る。

 

避難小屋登山口

シャーベットのような雪はちょっと滑る。

車をUターンして路肩へ止めた。

4月の高知県でこの雪とは。

 

避難小屋登山口

7時57分に避難小屋登山口を出発。

 

白髪山ショートカットコース

トレースが一つ。

往復したようだけど昨日か?

 

白髪山ショートカットコース

ここで引き返したらしい。

 

白髪山ショートカットコース

(思った以上に雪が深いな・・・)

 

三嶺さんぽ通信

這い上がるしかない。

 

三嶺さんぽくらぶ

ラッセルになった。

なかなか進まない。

 

霧氷

4月なのに霧氷。

もう少しで三嶺 - 剣山の縦走路に出る。

コースを見失って大きく外してしまった。

まあ、上に向かって進めばどこかには出るので心配ない。

 

ふるさと林道分岐

登山口から53分で白髪避難小屋近くの「ふるさと林道分岐」に出た。

いつもの倍以上かかっている。

 

三嶺

正面に三嶺。

このコースは白髪山をショートカットして縦走路へ出ることができる。

白髪山からの展望も捨てがたいが、三嶺の「最短コース」なので雪がない時期は初めての人にもおすすめ。

 

白髪分岐

真冬並みに積もっている。 

 

白髪分岐

「しまった!」

お茶の入ったボトルをどこかに落としてきた。

(予備はあるので帰りに拾って帰ることにしよう)

 

白髪分岐

「ええっ!こんなに!」

冬でも白髪分岐にこれだけ雪があることは珍しい。

 

三嶺

9時06分、白髪分岐に到着。

いつもなら30分足らずの行程に1時間10分ほどかかった。

わずかに遅れて白髪山から女性が1人やってきた。

途中まであったトレースはその女性Sさんだった。

白髪山登山口でテン泊していたらしい(いいね👍)。

 

白髪分岐

これはなかなかだ (^^;)

なんだか気後れしてしまった。

「おてのものでしょう」と言うSさん。

「行けるところまで行ってみます!」

 

白髪分岐

雪庇のようになっている。

なかなか厚い。

 

三嶺白髪山コース

いつも水たまりができるダケカンバ林。

 

三嶺白髪山コース

波のような雪。

分岐から1つ下ってコブまで登り返す。

 

三嶺さんぽ通信

(先が思いやられるな)

 

三嶺

2つ目の急な下り。

「行きは良い良い、帰りは恐い〜♪」って感じ (^^;)

 

韮生越

クリスマスツリーもできた。
 

カヤハゲ

もう少しでカヤハゲ。

空が暗くなってきた。

 

三嶺

10時00分、避難小屋登山口から2時間3分(休憩含む)でカヤハゲ到着。

山頂付近の青空が消えてしまった。


西熊山

西熊山も天狗峠付近も白い。

 

三嶺登山道

足の調子は悪くない感じ。

でもスタスタ歩ける訳じゃない。

地面をダイレクトに踏むのと比べるとペースが全然違う。
 
綱附森
ちょっと面白い蛇行する雲。

 

天狗岩

ここまで来たら気分も楽になる。


三嶺さんぽ通信

ゼロからの新雪じゃないのでましなんだけど、時々こんなこともある。

 

白髪山

大岩の上から振り返ると、白髪分岐までの帰り道が遠く感じる。

 

三嶺

天狗岩の鎖場を過ぎたら急登!急登!

 

三嶺

やはり誰もいない・・・。

 

三嶺

11時08分、避難小屋登山口から3時間11分(休憩含む)で三嶺に到着。

今日はメッシュの半袖アンダーと少し厚めの長袖シャツ。

上下ともアウターなしでスパッツだけは着けてきた。

  

三嶺

道標がこんなに埋まっている。

とても4月とは思えない。

(さて、ヒュッテまで行ってみるべきか・・・)

 

三嶺

予報どおり、雪が降り始めた。

(池の様子も見たいけど、今日はもういいや)

 

三嶺

粉雪が舞い始めて視界が悪くなってきた。

寒い{{ (>_<) }}

 

三嶺

長居は無用!

11時20分、12分の山頂滞在で下山開始。

 
三嶺さんぽくらぶ

山頂直下のクサリ場は急。

スリップしやすいのでスピードは控えめに!

 

三嶺

天狗岩の下まで下りてきた。

白髪分岐まで3km弱のアップダウンが続く。

(遠いな・・・)

(歩いていればそのうち帰り着くさ・・・)

ほとんど独り言 (^^;)

 

三嶺さんぽくらぶ

雪に足を取られても下りは全然楽。

カッパを履いてないのでパンツが少し湿ってきた感じ。

 

カヤハゲ

1つ目のポイント、カヤハゲまでが遠い。

 

カヤハゲ

12時08分、山頂から48分でカヤハゲ。

カヤハゲも雪が降っている。


白髪分岐への登り

白髪分岐への急登1つ目。


三嶺

登り返しながら三嶺を振り返る。

雪雲が山頂に覆い被さっている。

 

白髪分岐

1つ目を登りって2つ目へ。

 

白髪分岐

白髪分岐への急登2つ目。

誰も来なかったので自分の足跡だけ。

 

白髪分岐

12時48分、山頂から1時間28分で白髪分岐まで戻ってきた。
帰りもいつもの倍以上かかっている。

 
ふるさと林道分岐

平和丸や中東山にもある新しいシリーズの道標。

作っているのは管理署の人?


避難小屋コース

雪のある時期のこのコースはちょっと難あり。

白髪山コースの方が歩きやすい。


避難小屋登山口

13時30分、山頂から2時間10分で避難小屋登山口に下山。


三嶺さんぽ通信

Sさん、ボトルを届けてくれてありがとうございます m(_ _)m。

 
光石登山口

帰りに光石登山口で車を降りてみた。

工事が始まったようだけど、どんな様子だろう?

光石登山道

ちょっと見てみよう。
 

光石登山道

運搬車が通れるように整地して少し広げてある。

 

光石登山道

小さなキャタピラの跡

 

光石登山道

現場はこんな感じ。

測量が済んだばかりのようで、まだあまり変化はない。

 


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2017.05.07 Sunday
  • 09:26

Comment
Send Comment