Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

西熊山・三嶺・白髪山 2017.3.11

JUGEMテーマ:山行記録

 

3月11日は天候に恵まれ残雪の三嶺へ。

光石登山口をスタート&ゴールに西熊山の南東尾根を直登して白髪山までぐるっと一周。

 

三嶺さんぽ通信

<三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒

白髪山(三等三角点 [白髪山] 1769.8m)
高知県香美市/北緯33度48分36秒・東経133度59分35秒)

■(*)コースタイム
光石登山口 7:06(36分)→ 八丁ヒュッテ 7:42/7:48(29分)→ 西熊山南東尾根根取付 8:17/8:22(56分)→ 1600m地点 9:18/9:27(34分)→ 西熊山稜線 10:01(6分)→ 西熊山 10:07/10:17(10分)→  10:27/10:30(8分)→ 大タオ 10:38(17分)→ 1760mコブ 10:55/11:00(29分)→ 三嶺 11:29/11:40(9分)→ 三嶺の池 11:49/11:54(1分)→ 三嶺ヒュッテ 11:55(昼食)/12:36(20分)→ 三嶺 12:56/12:59(34分)→ カヤハゲ 13:33/13:40(6分)→ 韮生越 13:46/13:47(22分)→ 白髪山分岐 14:09/14:12(32分)→ 白髪山 14:44/14:49(17分)→ 白髪山北西尾根分岐 15:06(24分)→ 1300m地点(ルート離脱)15:30(11分)→ 谷上部 15:41(行動不能)/15:43(8分)→ 1250m地点(ルート復帰) 15:51(13分)→ 白髪山北西尾根入口(西熊林道)16:04(15分)→ 西熊林道ゲート 16:19(7分)→ 光石登山口 16:26

<往路 3時間55分 復路 3時間29分 計 7時間24分(三嶺ヒュッテまで)>

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間を含まない
■コース水平距離 16.5
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 

西熊山・三嶺・白髪山マップ

往路は八丁を経て西熊山南東尾根を直登し西熊山から三嶺ヒュッテへ。
復路は三嶺から白髪山まで縦走して白髪山北西尾根を西熊林道へ下山。

 

西熊山・三嶺・白髪山プロファイル

【水平距離 16.544km 沿面距離 17.434km】

【累積標高差 (+) 1993  (-) -1988m】
 

光石登山口

7時前に光石登山口到着。

今日は天気がいい。

すでに何人かは出発したようだ。

 

光石登山口

7時06分に光石登山口をスタート。

あれ、工事が始まるのか?

 

光石崩壊箇所

いくつかの測量杭が打たれていた。

測量が終わったばかりらしい。

 

西熊山

前方に登る予定の西熊山が見えてきた。

まだそこそこ白い。

 

八丁ヒュッテ

7時42分に八丁ヒュッテ。

とりあえず一休み。

 

八丁
本日は南東尾根の予定なのでフスベヨリ谷コースへ入る。

 

フスベヨリ谷

フスベヨリ谷右岸沿いを上流へ。

 

フスベヨリ谷

この時期、フスベヨリ谷左岸の斜面は凍っていて滑りやすいのでアイゼンを持っていた方が安心。

 

フスベヨリ谷

八丁から30分ほどで南東尾根が見えてきた。

フスベヨリ谷本流(正面)に左からスゲナロ沢が合流している地点。


西熊山南西尾根

沢の分岐から尾根に取り付く。

 

西熊山南西尾根

いきなりの急登。

 

三嶺

樹間から見え始める三嶺。

何だか違う山みたい。

○○岳?っていう感じ♪

 

地蔵ノ頭

左になんやら白いピークが見えてきた。

 

地蔵ノ頭

姿を現したのは地蔵ノ頭だ。

上等の山!

 

西熊山南東尾根

写真では分からないけど、ここもなかなかの急登!

 

西熊山南東尾根

勾配が緩くなってきた(1500m)。

 

地蔵ノ頭

地蔵ノ頭と天狗峠、そして西山林道への分岐がある丘のようなピーク。

 

西熊山南東尾根

岩場と言えるほどの難所はなく南尾根と比べると楽。

 

西熊山南東尾根

ブナブナブナの〜♪。

 

三嶺さんぽ通信

三嶺を展望するポイント(1590m)。

 

三嶺

いつもとは違うアングルで見る重厚な三嶺。

 

綱附森

西には綱附森。

 

西熊山南東尾根

ダケカンバの林を抜けると稜線が近づいてくる。

 

西熊山

稜線上には雪庇が張り出している!

端っこを歩くと転げ落ちるね。

雪が風に舞い上がる。

 

西熊山

雪崩できた小さなデブリ。
 

西熊山南東尾根

稜線直下は45℃近くある急登。

転げ落ちそうで気を抜けない。
 

三嶺

ササ原の急斜面の東に三嶺を見ながら。

 

西熊山

雪庇を避けて西へ抜ける。

 

西熊山

西熊山山頂と地蔵ノ頭。

 

西熊山

とりあえず西熊山山頂へも行っておかないと。

 

三嶺さんぽ通信

雪は締まっているのであまり深くは沈まない。

 

西熊山

10時07分、光石登山口から3間01分(休憩含む)で西熊山に到着。

 

西熊山
<基準点の概要>
●基準点コード:TR35033670701
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:坐32
●基準点名:西熊山
●標高:1816.0m

 

天狗塚

天狗峠から頭を覗かせる天狗塚(1812m)。

左に地蔵ノ頭、右奧に牛ノ背。

 

三嶺さんぽ通信

三嶺に向かってGo!

 

三嶺

登ってきた尾根の真上を通過中。

 

三嶺

雪庇の上。

大したことはないように見えて稜線上の積雪は結構深い。

コメツツジや樹高が低い灌木は埋まっている。

 

三嶺さんぽ通信

振り返って写真を撮っていると・・・

 

三嶺さんぽ通信

「あっー!」

 

三嶺さんぽ通信

びっくり・・・

まさかの踏み抜き。

身長180cmの自分が普通に立ってこれだ。

 

三嶺さんぽ通信

大きな穴!

子供なら出られなくなっているところだ・・・(^0^;)

 

三嶺

大タオの鞍部への下り。

 

三嶺さんぽ通信

気持ちいい青空。

高い所で見る空は青が濃い。

 

三嶺

オオタオ付近からの三嶺。

 

三嶺

溝になった登山道は雪に埋もれているのでいつもより疲れる。

 

三嶺

青ザレ手前の登りもいつもよりきつい。

 

西熊山

後方の稜線を振り返って。

クリアな青空。

 

三嶺

山頂に人影がいくつか見える。

 

三嶺

11時29分、光石登山口から4時間23分(休憩等含む)で三嶺に到着。

 

三嶺

天気はサイコー!

 

三嶺

三嶺ヒュッテでお昼にしよう♪

 

三嶺

ヒュッテの後方に塔丸(1713.3m)と丸笹山(1711.9m)。

右に剣山(1955.0m)と次郎笈(1930.0m)。

 

三嶺

池の上のササ原。

向かいの稜線は祖谷山系。

高くて白いのは矢筈山(1848.8m)。

 

三嶺

三嶺ヒュッテと三嶺の池。

 

三嶺

池までダイレクトに降りてみた。

 

三嶺
青と白の世界。

 

三嶺さんぽ通信

見上げる青空を飛行機が通過する。

 

三嶺ヒュッテ

池を横切り三嶺ヒュッテへ。

 

三嶺

暖かいので外でランチタイム。

 

カップヌードル

久しぶりのヌードルは「カップヌードル 香辣海鮮味」

「世界のカップヌードル総選挙」第1位の人気フレーバー!

ということでまずまずの仕上がり。

エネルギー:328kcal  食塩相当量:4.6g

 

三嶺

ヒュッテの前で食後のひととき。

 

三嶺さんぽ通信

一休みした山頂へ引き返そう。

 

三嶺

もう一度三嶺ヒュッテと池の眺め。

 

三嶺

三嶺山頂の北側。

 

三嶺

「・・・・・・」

「まともに帰るのも面白くない・・・」


三嶺
裏側から登ってみよう!

 

三嶺

雪の季節はどこでも登ることができる。

 

三嶺
たくさんの踏み跡がついた山頂。

 

三嶺

さてどこを下るか・・・

 

白髪山

カヤハゲから下るかな・・・。

 

三嶺さんぽ通信

とりあえずカヤハゲへと向かう。

 
カヤハゲ
カヤハゲ到着。


三嶺
後ろには青空に聳える三嶺。

カヤハゲで一服しながら作戦会議 (-.-)y-~~。

カヤハゲ西尾根をさおりが原へ下るより韮生越ルートがいいかな。

 
韮生越
結局、カヤハゲを通過して韮生越の分岐まで来てしまった (^^;)

嫌でも前方の白髪山に目がいってしまう。

「・・・・・・」

 

白髪山

白髪山山頂からダイレクトに北西に下っているのは北尾根(手前)。

その奥を下っているのが北西尾根。

北西尾根を下るか・・・

 

白髪分岐
白髪山まで行くことになった。

白髪分岐の急登へ向かう。

2つに分かれた急登が迫ってくる。


白髪分岐
1つ目の登り。

この登りは疲れた足に効く。

 

白髪分岐

こらえて登る。

 

白髪分岐
1つ目が終わったら2つ目。
 

白髪分岐
左に白髪山分岐から剣山へと伸びる主稜線。

 

三嶺

後方に三嶺。


白髪山
右に白髪山。

 

白髪山

白髪山まで南南西に一直線。

 

白髪山

あまりきつくはないアップダウンだけど、長く感じる尾根道。

 

白髪山

14時44分、やっとのことで白髪山山頂。

 

白髪山

北西尾根までは西向きの尾根を白髪池の上まで下る。

正面に綱附森。

右に矢筈山。

左に御在所山と太平洋を望む。

 

白髪山北西尾根

北西尾根を下り始める。

 

白髪山北西尾根

林道に下り着くほんの少し手前で尾根を南に外れるのだが、少し早めに振ったのが間違いだった。

南に谷があることは知っていたのだが・・・

 

白髪山北西

尾根を外れるのが早すぎて谷の上部に出てしまった。

植林もできない悪所だ (>_<)

 

白髪山北西尾根

結局、元の尾根に向かって登り返す。

 

白髪山北西尾根

ルートに復帰。

「急がば回れ!」

 

白髪山北西尾根

西熊林道の北西尾根登り口に出た。

 

西熊林道

西熊林道ゲート。

 

光石登山道

人工林の登山道を通って登山口へ。

 

 

光石登山口

16時26分にやっと光石登山口にゴール。

けっこう疲れた。

水平距離こそ16.5kmなのに2000m近い累積標高を稼いでいる。



◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 22:33

Comment
Send Comment