Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

石立山トレイル

石立山トレイル 2016.11.12

JUGEMテーマ:山行記録

 

空高く馬肥ゆる秋は石立山登山のベストシーズン。

爽やかな青空が広がった11月第2週の週末、紅葉のピークを迎えた別府峡からのピストンでプチ・トレランをやってみた。

 

石立山

<石立山の紅葉>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
石立山 (二等三角点 [石立山] 1,707.7m)
高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度47分5秒・東経134度3分18秒
■コースタイム(*)
別府峡第1駐車場 10:32(2分)→ 登山口 10:34(22分)→ 竜頭谷 10:56(16分)→ ガメラ石 11:12(13分)→ 岩場 11:25(45分)→ 西峰 12:10(6分)→ 石立山 12:16/12:20(7分)→ 西峰 12:27(24分)→ 岩場 12:51(8分)→ ガメラ石 12:59(14分)→ 竜頭谷 13:13(15分)→ 登山口 13:28(1分)→ 別府峡第1駐車場 13:29
(行き 1時間44分 帰り 1時間09分 計 2時間53分)

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間を含まない
(山と高原地図のコースタイムなどを参考に余裕のある計画で登山して下さい)
■コース水平距離 8.2km(別府峡第1駐車場からの往復)
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 
石立山マップ
もみじ茶屋近くの別府峡第1駐車場から西峰を経て山頂までのピストン。
片道の水平距離4km強で累積標高差1300m。
4kmで1300m登る山はあまり多くないだろう。

 
石立山プロファイル

【水平距離8.150km 沿面距離8.788km/累積標高差(+)1336m (-)1289m】

登山口から竜頭谷付近までは空が狭いのでGPSの受信状態が悪く位置と標高データの誤差が多くなる。

 

別府峡

別府峡入口に架かる新錦帯橋でツキノワグマがお出迎え。

四国のツキノワグマは絶滅危惧種に指定され、推定で10数頭から数10頭。

NPO法人四国自然史科学研究センターなどによる追跡調査で「生息域の中心部」は特定されているようだが、メスグマの「ショウコ」が2013年の冬に生んだ2頭が、今どこにいるかまでは分かっていない。

 
別府峡

出発が遅くなって別府峡に着いたのは10時過ぎ。

もみじ茶屋近くの第1駐車場はすでに満車だった(第2駐車場に駐車)。

登山者の車も何台かはあるのだろう。

「もみじ茶屋」の営業は10月中旬から11月下旬までとなっている。
 
別府峡登山口

登山口の錦帯橋から登山道へ入る。
秋は登山者が少ない石立山が少しだけ賑わう季節。

 

別府峡

北谷右岸側の登山道を竜頭山の支尾根に沿って登り始める。

少し登ると登山者だけの世界。

 

竜頭谷
雨が少なくなる秋、竜頭谷の水流は少ない。

谷は100mほど下流で懸崖になっていて「百間滝」という滝になっている。

水流の多い雨季には見事なので一見の価値あり!

 
石立山
両手両足を使って這い上がる感じ・・・

基本的に尾根通し。

テープやペンキマークが多いので迷うことはない。
 
石立山

ガメラ石の少し手前、標高約980mで駐車場が見えてくる。
駐車場(標高約550m)から400mちょっと登っている。
 
ガメラ石

標高1060mの通称「ガメラ石」の休憩ポイント。

でかい岩ではない。

 

ガメラ石

どんな経過でこんな姿になったのだろう。

いつも足を休めさせてもらっている (^^;)

 

石立山

尾根上にはペンキマーク。

 

石立山

標高点・1183のこんもりとした森。

このぐらいの勾配だったら、なんとか軽くジョグ。

 

石立山 石立山

紅葉がいい感じ♪

 

石立山・岩場

11時25分、コースタイムポイントの「岩場」に到着。

登山コースのほぼ中間点で展望が開けているので一服するのにちょうどよい。
 
竜頭山

岩場から北西方向に見えるのは竜頭山

上下を人工林に挟まれた自然林の中に三等三角点 [竜頭] が設置されている。

三角点のある付近の奧に白髪山、右端に三嶺の山頂が少し頭を見せる。
 
ビャクシンの尾根

根っこが絡む岩尾根。

 

石立山

ビャクシンの痩せ尾根は左側を通る。

高くないので怖くない。
 

石立山

青空に映える赤と黄。

いや〜気持ちえいわ♪

 

石立山

もうすぐで標高点・1472の小ピーク。

 
石立山・西峰

12時10分、西峰到着。

前方に見える本峰までは約500mで10分足らずの距離。
 
石立山

南に少し下って東の本峰へ向かう。
 
三嶺さんぽ通信

白骨樹の横から左に西峰と捨身ヶ嶽を見ながら東へ。
遠くに見えるササ原の山は三嶺。

 

石立山

山頂にはカップル1組と単独1人の計3人。

石立山は登山者が少ない山だけに人が来ているとうれしい。

 

三嶺さんぽ通信

12時16分、駐車場から1時間44分(休憩含む)で山頂到着。
体調は前回(11月3日)より悪いけど、休憩時間が短かったので1分早くなっている。

 
石立山 石立山
二等三角点を取り込むように先週なかったネットが設置されていた。

 
<基準点の概要>
●基準点コード:TR25034504401
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興22
●基準点名:石立山
●標高:1707.7m

 

石立山

阿南市方面の展望。
橘湾火力発電所の煙突は見えない?

 
石立山
3人は食事中だけど、何も持ってないのでとっとと下山。

調子が悪いので走れない (><)

 

石立山
山頂から31分で岩場まで下ってきた。

転倒すると怪我をするので躓かないよう慎重に下る。
もうすぐ1時、もう誰も登ってこないだろう。
 
石立山

登りでは気づかなかった紅葉に目が止まる。

 

石立山

固くて一定の歩幅がとれない岩尾根を足だけで下るのは膝によくない。

手を積極的に使ってブレーキを掛けながら下った方がよい。

石立山の登山道はスリップしやすいのでロード用のシューズはダメ。

 

石立山

渓谷に車が続々と入ってきている。

 

石立山

第1、第2駐車場ともに満車。

橋の周りにも車があふれている。

 
竜頭山

色づく竜頭山を見上げながら竜頭谷へ。
 
別府峡登山口

10数人の団体客がにぎやかにしゃべりながらたむろしている。

「通して下さ〜い。」

 

別府峡

13時29分、山頂から1時間09分で駐車場に帰ってきた。

 

●休憩・写真撮影を含むコースタイム

往路:1時間44分(11月3日の1時間45分-1分)

復路:1時間09分(11月3日の1時間03分+6分)

往復:2時間57分(11月3日の2時間56分+1分)

●山頂での休憩・写真撮影を含まない往復のコースタイム

往復:2時間53分(11月3日の2時間48分+5分)

 

初めて石立山に登る香川の方らとの立ち話もあって、下りのタイムが前回の1時間03分より6分遅くなった。

写真の撮影枚数は93枚で100枚以内に抑えることができた。
 
 
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2016.12.02 Friday
  • 22:49

Comment
Send Comment