Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

石立山

石立山 2016.5.22

JUGEMテーマ:山行記録


剣山地の中で高知県側からアクセスのよい山と言えば石立山。
お勧めの登山シーズンは初夏から仲夏にかけてと晩秋。
特にゴヨウツツジが当たり年の初夏は急峻な登山道も登り甲斐がある。

石立山
<石立山のゴヨウツツジ>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
石立山(二等三角点 [石立山] 1,707.7m)
高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度47分5秒・東経134度3分18秒
■コースタイム
もみじ茶屋駐車場 8:47(3分)→ 登山口 8:50(24分)→ 竜頭谷 9:14(22分)→ ガメラ石 9:36/9:38(16分)→ 岩場 9:54/9:56(1時間04分)→ 西峰 11:00/11:03(27分)→ 石立山 11:30/11:41(9分)→ 西峰 11:50(4分)→ 捨身嶽 11:54/12:35(3分)→ 西峰 12:38(35分)→ 岩場 13:13/13:14(6分)→ 西標高点・1183m 13:20/13:26(4分)→ ガメラ石 13:30/13:31(15分)→ 竜頭谷 13:46(18分)→ 登山口 14:04(3分)→ もみじ茶屋駐車場 14:07
(行き 2時間36分 帰り 1時間47分 計 4時間23分)
■コース水平距離 8.8km(駐車場からの往復)
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

石立山マップ 石立山プロファイル
別府峡の登山口から山頂までの往復、帰りに捨身嶽へ寄り道。
【水平距離8.787km 沿面距離9.482km/累積標高差(+)1437m (-)1406m】

別府峡駐車場
べふ峡もみじ茶屋の駐車場に着くと、珍しく車が多かった。
四国一厳しいと言われる石立山が、少しだけ賑わいを見せる季節。
愛媛、香川、徳島、高知、四国四県からの登山者が揃っているようだ。

林道大栃線
白髪山登山口や三嶺の光石登山口方面へ通り抜けできないのは不便。

石立山登山口
もみじ茶屋の先の吊橋を渡って北谷の右岸側、竜頭山の尾根に取り付く。
石立山登山口を示す道標は特に設けられてはいない。

石立山
いきなり始まる急登に汗をかきながらカタツムリの道標を通過。

石立山
竜頭山山頂に真っ直ぐ突き上げる尾根を東に外れる。

竜頭谷
竜頭谷は竜頭山と石立山を分ける谷。
少し先で百間滝となって、そのまた少し先で石立山本峰から流れてくる北谷に合流する。

石立山
谷を渡って、石灰岩の小石が散らばるザレた斜面を登る。
前を登る先行者2人が見えてきた。

石立山
石立山西峰に突き上げる岩尾根は足にきく (^_^;)

石立山
しばらくは両手両足を使って登る。
手をうまく使って足への負担を少なくしよう。

別府峡
9時28分、登山口から38分で標高990m地点まで登ってきた。
ここから駐車場がよく見える。

ヒメキリンソウ ヒメキリンソウ
開花直前のヒメキリンソウ(姫黄輪草)は、ベンケイソウ科キリンソウ属の多年草で四国(香川県を除く)の固有種。
もう少しで開花する。
高知県レッドデータ 絶滅危惧II類(VU)
環境省レッドデータ 絶滅危惧IB類(EN)

ガメラ石
石灰岩が侵食されてできたガメラ石。
大きな岩ではないけど、どういうふうに浸食されたのだろう?

石立山
ルートは尾根の真ん中から外れないのでほぼ一直線。

石立山
勾配が緩くなって標高点・1183mの小さな丘を通過。

石立山
コースタイムポイントの岩場(標高1,220m)は、コースのほぼ中間地点 。

竜頭山
岩場から北西方向、竜頭山の奧に白髪山。
竜頭山の三角点は白髪山の真下。

石立山
ビャクシンの痩せ尾根。

ギンリョウソウ
ギンリョウソウ(銀竜草)は、腐植土の上に生える腐生植物。
白く透けていて葉緑素を持たないので、菌類と共生して栄養を得ている。
キノコではないが、ユウレイタケ(幽霊茸)の別名がある。

コツクバネウツギ コツクバネウツギ
コツクバネウツギ(小衝羽根空木)は、スイカズラ科ツクバネウツギ属の落葉低木。
本州(中部以西)・四国・九州に分布し、雑木林や岩場に分布する。
石灰岩地を好むのか、奥物部の山では石立山以外では見かけない。
顎片が2〜3枚と5枚のツクバネウツギより少なく、花は小さい。

石立山
標高点・1472mで西峰の山頂付近が見えてくる。
あと一息。

ツルキンバイ ツルキンバイ
ツルキンバイ(蔓金梅)はバラ科キジムシロ属の多年草で、本州・四国・九州 の山地の落葉樹林下に生える。
細長い匐枝を地上に伸ばし、葉は3小葉で尖った鋸歯がある。

石立山
西峰が近づいてきた。
いかにも山に登っているという感じ。

ヒトリシズカ
ヒトリシズカ(一人静)は、センリョウ科チャラン属の多年草。
1本の花序にブラシ状の小さな白い花をつける。
石立山にはフタリシズカも見られる。

トサノミツバツツジ
「おーっ!」

トサノミツバツツジ
今年はミツバツツジもすごい!

トサノミツバツツジ
このピンクもトサノミツバツツジ?

トサノミツバツツジ
短い雄しべが5本、長い雄しべが5本はトサノミツバツツジと同じ。
蜜標は大きなものが2つだけ・・・?
トサノミツバツツジは2つの回りに小さなものが点在するけど・・・??
石立山の変種?

石立山西峰
12時02分、駐車場から2時間30分(休憩・写真撮影含む)で西峰に到着。

石立山
西峰から石立山山頂を望む。
右に折れて本峰までは尾根通しに約500m。

石立山
トサノミツバツツジ(土佐ノ三葉躑躅)は、ツツジ科ツツジ属の落葉低木。
本州(岐阜・滋賀・紀伊半島)四国・九州南部に分布。
ミツバツツジの雄しべが5本、トサノミツバツツジは10本。

石立山
ゴヨウツツジも大当たり!

三嶺さんぽ通信
北東には次郎笈。
剣山は後に隠れている。

石立山
ワンダフル!
今日来てよかった。

石立山
石立山は、ただゴヨウツツジだけではなく、トサノミツバツツジが同時に咲くので、紅白のお祝いカラーになるところが素晴らしい。

石立山
西峰の右(東側)下には捨身嶽と呼ばれる岩尾根がある。
捨身嶽の右奥に見えるのは三嶺。

石立山
今年のイシダテはすごい。

石立山
大きく枝を広げるゴヨウツツジの古木。

ゴヨウツツジ
ビューティフル!

石立山
写真撮影に時間をくった。
山頂へ急ごう。

石立山
山頂を覆っていたスズタケはシカに食い尽くされた。
空気が澄んでいるときは橘湾火力発電所や紀伊水道も見える。

石立山
11時30分、登山口から2時間40分(休憩・写真撮影含む)で山頂へ。

石立山
いつもなら10分程度の西峰から30分近くかかってしまった。

石立山三角点 石立山三角点
山頂の三角点は、ICタグ付きのインテリジェント基準点。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR25034504401
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興22
●基準点名:石立山
●標高:1707.7m

石立山
山頂にもツツジがあった。

石立山
昼食はべふ峡温泉でとることにして早々に下山開始。

石立山
本峰との鞍部を西峰へと帰る。

石立山西峰
西峰に戻ったら、せっかくなので捨身嶽にも行ってみよう!

石立山
「こちらは別府峡への
 下山路ではありません!
 一度上方へ戻って下さい。」
過去に道迷い遭難や滑落なども発生している。

捨身嶽
捨身嶽の痩せ尾根と石立山。

三嶺さんぽ通信
捨身嶽から石立山の本峰を望む。

石立山
捨身嶽からの西峰。

キバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ(黄花駒爪)は、黄色のスミレ基本3種の1つ。
北海道・本州(中部以北)のほか、四国・屋久島に分布していて、四国では東赤石山など一部のエリアで見られる。

キバナノコマノツメ キバナノコマノツメ
他の黄スミレと違って葉が丸いこと、唇弁が長く上弁と側弁が上を向いていることなどが特徴でタカネスミレに似ている。
名前は葉の形が馬の蹄に似ていることに由来し、スミレの仲間なのにスミレと呼ばれない。

ヤチマタイカリソウ
ヤチマタイカリソウ(八街碇草)は、メギ科イカリソウ属の多年草で四国と九州の山間部に分布する希少植物。

ヤチマタイカリソウ
環境省レッドデータブックでは、準絶滅危惧(NT)にランクされ、都道府県別分布状況では徳島・高知・愛媛・熊本・宮崎となっている。
石灰岩地帯に多く分布する。

ヤチマタイカリソウ
イカリソウの葉や茎を乾燥させたものが生薬の「淫羊かく」で強精・強壮効果で有名なのだとか。

ユキワリソウ
ユキワリソウ(雪割草)は、サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、本州(関東・中部)・四国・九州の亜高山帯から高山帯の岩場や草地に自生している。
四国では、石鎚山や東赤石山など標高の高い山域に自生している。

ユキワリソウ
雪解けとともに花をつけるのでユキワリソウ(*)と呼ばれる。
なぜ「ユキワリ」って感じだけど、北アルプスなどでは5月が雪解けの季節。
*雪割草はキンポウゲ科のミスミソウ、スハマソウの別名にもなっている

ユキワリソウ
ユキワリソウとキバナノコマノツメの群落。

ユキワリソウ
ハクサンコザクラに似ているが、花びらがの切れ込みが浅いハート形。

ユキワリソウ  ユキワリソウ
花の色はピンクと白の2色があって花片の形も微妙に違う。

ユキワリソウ
写真では分からないけど、花の大きさは小指の先ぐらいしかない。

ユキワリソウ
葉の表面には「しわ」が多い。

石立山西峰
さあ、西峰に戻ってきた。

石立山
後はひたすら下るだけ・・・

イワガサ
イワガサ(岩傘)は、バラ科シモツケ属の落葉低木で本州(近畿地方以西)・四国・九州に分布し、急峻な岩場などに生育する。
イブキシモツケによく似ているが、葉っぱの先が尖らない。

コアツモリソウ
コアツモリソウ(小敦盛草)は、ラン科アツモリソウ属の多年草。
環境省レッドデータ 準絶滅危惧(NT)。
高知県レッドデータ 絶滅危惧A類(CR)。

ガメラ石
ガメラ石まで下ったら残り1/3。
こけるとケガをするので慎重に。

石立山
14時04分、西峰から1時間26分(休憩含む)で吊橋へ下山。
写真撮影枚数はコンデジが146枚、一眼が231枚の計377枚!
石立山のおすすめシーズンは初夏の花が咲く5月下旬から6月初旬とイシダテクサタチバナの咲く6月下旬から7月初旬、それと10月下旬から11初旬の紅葉シーズンというところ。

別府峡
見たことのある車が来ている。
捨身嶽辺りをウロウロしている間に行き違ったらしい。

べふ峡温泉
下山後は、登山口から目と鼻の〔べふ峡温泉〕で汗を流そう!
大人620円(香美市民310円)。

べふ峡温泉
つるつるするお湯でさっぱり!

べふ峡温泉
温泉内の食堂「三嶺」へ。

べふ峡温泉
鹿肉ステーキ定食(1,520円)を注文。
「地元猟師から買い取ったロース肉を塩麹と絡めて3日間寝かせ、柔らかくしてある」 そうだ。

べふ峡温泉
クセのない淡泊な赤身肉のシュヴルイユ(chevreuil)。
フランスでは、クマやライチョウもジビエとして食べているらしい。
日本では天然記念物のライチョウを食べるということはあり得ないが・・・。


べふ峡温泉
高知県香美市物部町別府452-8
TEL:0887-58-4181 FAX:0887-58-4183
E-Mail:befukyouonsen@mopera.net

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ

三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2016.06.05 Sunday
  • 22:08

Comment
素晴らしい石立山のレポート、ありがとうございました。今回は初夏の花の特集という感じですね。ジャンダルムさんの写真の枚数を見てビックリ!一眼でコンデジが146枚、一眼が231枚の計377枚とは!!帰ってからの編集作業が大変でしょうが、おかげでこのところ山に行けていない自分も一緒に(かなり後塵を拝しながら)登ったように楽しむことができました。
  • irino.koichi
  • 2016/06/17 1:57 AM
「下手な鉄砲・・・」ということで多めに撮っておいた方が安心ということもあるのですが、デジタルはやはり撮り過ぎてしまいますね。
  • ジャンダルム
  • 2016/06/17 11:22 PM
Send Comment