Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

石鎚山脈

笹ヶ峰・ちち山 2016.5.5

JUGEMテーマ:山行記録


ゴールデンウイークに入ると、赤石山系(法皇山脈)の山が賑わう。
いつもより少し早い5月5日のこどもの日、笹ヶ峰に出かけてみたものの、アケボノツツジは裏年でぱっとしなかった。

三嶺さんぽ通信
<アケボノツツジ>

banner_b.gif

■行先・位置
笹ヶ峰 (一等三角点 [笹ヶ峰] 1859.6m)
愛媛県西条市・高知県いの町、北緯33度49分41秒・東経133度16分29秒
ちち山 (標高点 1855m)
愛媛県新居浜市・高知県いの町、北緯33度49分55秒・東経133度17分03秒
■コースタイム(*)
駐車場所 9:04(2分)→ 大永山トンネル登山口 9:06(23分)→ 土山越 9:29(31分)→ 獅子舞権現 10:00(参拝)/10:02(2分)→ 1481.7m峰(獅子舞の鼻)10:04/10:08(54分)→ ちち山分れ 11:02(15分)→ ちち山道分岐 11:17/11:20(10分)→ ちち山 11:30/11:34(20分)→ 笹ヶ峰 11:54(昼食)/12:28(31分)→ ちち山分かれ 12:59/13:05(25分)→ 1481.7m峰(獅子舞の鼻) 13:30/13:33(20分)→ 土山越 13:53(16分)→ 大永山トンネル登山口 14:09(3分)→ 駐車場所 14:12 
【行き 2時間37分 帰り 1時間35分 計 4時間12分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間等は含まない
■コース水平距離 13.2km(往復)
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

笹ヶ峰マップ 笹ヶ峰プロファイル 
大永山トンネルから獅子舞の鼻、ちち山別れ、ちち山を経て笹ヶ峰へ。
帰りは、ちち山をトラバースして往路を引き返す水平距離13.2kmの行程。
【水平距離13.196km 沿面距離13.895km 累積標高差(+)1470m(-)1459m】

青龍橋
新居浜から県道47号新居浜別子山線を大永山トンネル南口へ向かう。
鹿森ダム手前に四国では珍しいループ状の第一青龍橋・第二青龍橋。

沓掛山
ダムを過ぎると、屏風のように聳える沓掛山と岩黒山の姿が見えてくる。

大永山トンネル登山口
9時前なのでトンネル近くのスペースはすでに埋まっていた。
トンネルから200mほど先の路肩に駐車してスタート。

大永山トンネル登山口
あれ、どこかで見たことのある車が・・・
どこへ行ったのだろう?

大永山トンネル登山口
トンネル入口から左の林道へ。

大永山トンネル登山口
トンネルからすぐ、林道横の登山口から登山開始!

笹ヶ峰登山道
人工林の急登でウオーミングアップ。

笹ヶ峰登山道
登山口から約20分で丁字路に突き当たる。
← 笹ヶ峰 ちちやま / 銅山越 綱繰山 →
大半の登山者がツナクリ山・銅山越方面に向かう。

土山越 土山越
丁字路から2〜3分でトンネルからきた林道を横断する。

ミツバツツジ
この辺りにはミツバツツジがぼつぼつ咲いている。

馬道の別れ
「馬道の別れ」は、手前右側の迫を吹き上げてくる風が涼しいので一休みにちょうどいい。
左が「馬道」ということだろうが、「獅子舞の鼻」への急登と鼻から先の痩せ尾根を避けてトラバースしているのか?

舟窪 舟窪
舟窪で直進が「通せんぼ」された丁字路を左に折れ、尾根に取り付く。
まっすぐの道はどこへ通じていたのだろう?
地形図を見ると、中鈴尾谷川と東鈴尾谷川の源流付近(標高1250〜1450m)に比較的緩い勾配のラインが確認できる。
笹ヶ峰と沓掛山の鞍部に「西山越」という道標があったはずだが、そこへつながっているのではないかな?と思ったり。

獅子舞の庭
舟窪からの急登を30分ほど登ると「獅子舞の庭」に出る。

ユリワサビ ワチガイソウ
今年もマルバコンロンソウとワチガイソウが咲いていた。

獅子舞の庭
獅子舞の庭にはブナの巨木も。

獅子舞大権現
庭の上部の岩の下に祀られる「獅子舞大権現」を参拝して行こう。

獅子舞の鼻
土山越から35分(休憩・参拝含む)で1481.7m峰(獅子舞の鼻)に着いた。
ここまで来るとアケボノツツジが目に飛び込んでくる・・・
(はずだった・・・)

【基準点の概要】
●基準点コード:TR45033620401
●等級種別:四等三角点
●冠字選点番号:K紘14
●基準点名:迫割
●標高:1481.7m

ちち山
「あれ!」
ちち山別れに続く尾根上に、今年もピンク色がほとんど見られない。
(・・・・・・)

アケボノツツジ
先日の風雨のせいか、咲いているものも痛みぎみ。

アケボノツツジ
終わってしまったのか、今年も「はずれ」なのか?

三嶺さんぽ通信
たぶん、今年は裏年なんだろう。
当たり年って何年ごと?

三嶺さんぽ通信
まだ蕾を残したような活きのいい木はほとんどない。

三嶺さんぽ通信
(来年に期待しよう・・・)。
アケボノツツジの尾根が終わると、「ちち山別れ」への急登。

三嶺さんぽ通信
後に連なるのは、石鎚山脈の支脈「赤石山系(法皇山脈)」。

三嶺さんぽ通信
ササ原の急登を「ゆっくり急いで?」登る

シハイスミレ
足元に踏まれそうに咲くシハイスミレ。

ちち山・沓掛山
ちち山が近づいてくる。
右奧には県道から壁のように見えた沓掛山と黒森山。

ちち山別れ
ちち山別れの分岐(丁字路)を右へ。
春が来たばかりのようにウグイスが「ホーホケキョ」と鳴いている。

石鎚山脈
ちち山のトラバースから前方に寒風山(1763m)と伊予富士(1756.2m)。
寒風山の右奧に瓶ヶ森(1896.5m)。
伊予富士の右奥に筒上山(1859.6m)と手箱山(1806.4m)。

笹ヶ峰
笹ヶ峰が正面に見えてくる。
昨年の5月11日には雪が少し残っていた谷間や鞍部の雪も今年は消えていた。
4月下旬は暖かい日が続いていたからだろう。

笹ヶ峰
トラバースの中間辺りから笹ヶ峰。
どっしりとして落ち着いた山容。

ちち山
手前からちち山に登る2人の登山者が見えた。
(先にちち山に登ることにしようか・・・)

笹ヶ峰 ちち山道
東側のちち山道は勾配がきつい。

ちち山
もう少しでちち山山頂。

ちち山
トラバースからちょうど10分で標高点 [・1855m] のちち山山頂に着いた。
下ったことしかなかった手前の急登の方が早い。
山頂に祀られる蔵王権現に参拝。

笹ヶ峰
「あれ、Oさん!」
山頂西側の岩の上で顔見知りのOさんに遭遇。
笹ヶ峰の帰りにちち山で昼食中だった。

笹ヶ峰
木の香温泉からUFOライン(町道瓶ヶ森線)を自転車で周回する予定だったAさんも寒風山から笹ヶ峰に歩いて来ていたらしい。
「とりあえず、笹ヶ峰に行ってきます!」
鞍部の紅葉谷分岐付近を進むパーティーが見える。

笹ヶ峰
数人の女性グループに追いついた。
「早いねー!今下ってくるのが見えてたのに。」

笹ヶ峰
道を譲ってもらって、お先に失礼。

ショウジョウバカマ
登山道沿いのショウジョウバカマも咲き始めた。

笹ヶ峰
なだらかな山頂は目の前。

笹ヶ峰
11時54分、登山口から2時間48分(休憩含む)で笹ヶ峰到着。
風が強くて上着を着たいほど涼しい。

笹ヶ峰 笹ヶ峰三角点
<基準点の概要>
●基準点コード:TR15033529101
●等級種別:一等三角点
●冠字選点番号:真1
●基準点名:笹ケ峰
●標高:1859.6m

金剛笹ヶ峰石鉄蔵王大権現
山頂に祀られる「金剛笹ヶ峰石鉄蔵王大権現」「大日大聖不動明王」。
ます、お参りをしておこう。

三嶺さんぽ通信
今日の一杯は、サッポロ一番 名店の味「ソラノイロ ベジソバ」
麹町の人気店「ソラノイロ」は知らないけど、まあまあいける。
エネルギー:454kcal、食塩相当量:5.3g。

ちち山
食事を済ませたら、もと来た道を下山。

沓掛山
沓掛山と燧灘。
左の市街地は西条市。

沓掛
沓掛山と燧灘。
右の市街地は新居浜市。

三嶺さんぽ通信
ちち山のトラバースは、あまり歩きやすくない。
特にちち山道の間は、稜線を歩いた方が早いかも?

ちち山別れ
ちち山別れが見えてきた。
四国の山っていう風景!

赤石山系
ちち山別れで分岐して翠波峰に至る石鎚山脈の支脈、赤石山系(法皇山脈)。
きれいな弧を描く尾根の最低鞍部の下を大永山トンネルが貫いている。
最低鞍部の右側から登って来た。

獅子舞の鼻
前方に1481.7m峰(獅子舞の鼻)が近づいてくる。

大永山トンネル登山口
14時09分、笹ヶ峰から1時間41分(休憩含む)で登山口に無事下山。
駐車場所まで2〜3分。
マイントピア別子の風呂へ寄りたいところだが、包帯があるので今回はパス。

DENON
レコードを聞きながらビール。
久しぶりにアナログ。
 

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • 2016.05.20 Friday
  • 06:09

Comment
Send Comment