Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

三嶺 2016.5.1

JUGEMテーマ:山行記録

終日晴れマークで快晴が期待される5月1日の日曜日。
足慣らしのため、コースタイムの短い白髪山コースで三嶺まで歩いてみた。

三嶺
<白髪山から三嶺遠望>



■行先(主なピーク)
白髪山 (三等三角点 [白髪山] 1769.8m)
高知県香美市、北緯33度48分36秒・東経133度59分35秒
カヤハゲ (標高点 [・1720m])
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度49分41秒・東経133度59分25秒
三嶺 (二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分22秒、東経133度59分16秒)
■コースタイム(*)
白髪山登山口駐車場 9:13(1分)→ 白髪山登山口 9:14(34分)→ 白髪山 9:48/10:08(19分)→ 白髪山分岐 10:27/10:31(19分)→ カヤハゲ 10:50/10:51(34分)→ 三嶺 11:25/12:07(27分)→ カヤハゲ 12:34/12:45(16分)→ 白髪山分岐 13:01(18分)→ 白髪山 13:29/13:35(15分)→ 白髪山登山口 13:50(1分)→ 白髪山登山口駐車場 13:51
【行き 1時間47分 帰り 1時間17分 計 3時間04分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩等は含まない
■コース水平距離 10.3km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
白髪山登山口から白髪山、カヤハゲを経て尾根通しに三嶺までピストン。
【水平距離10.323km 沿面距離10.786km/累積標高差(+)1234m (-)1234m】

ツルニチニチソウ ツルニチニチソウ
カモシカを見かけて車を止めると、ツルニチニチソウが咲いていた。
「こんな所まで進出しているのか」なのだ。

白髪山登山口
白髪山登山口の駐車場に着いたのは、日も高くなった9時過ぎ。
すでに数台の車が駐車していた。

山桜
駐車場のヤマザクラが咲き始めていた。
白い花びらが青空に映える。

白髪山登山口
白髪山山頂までの水平距離1.1km、沿面距離1.2km、標高差320m。
29日は寒くてリタイアした三嶺。
まだ指が痛いのでゆっくり歩こう。

白髪山
浮いた木段がハードルのようで歩きにくい登山道。
ときどき修繕してもらうとありがたいけど・・・

白髪山
先行の登山者2人を追い抜いた。

白髪山
紺碧の空・・・に向かって。

白髪山
この時期は、黄砂などで空気が濁っていることが多い。
御在所山も太平洋も少し霞んでいる。

白髪山
後方下に駐車場とみやびの丘、南に石立山。
そろそろ石立山の季節がやってくる。

白髪山
9時48分、駐車場から35分で白髪山に到着。

三嶺
「北のテラス」でセルフタイマー。
指の包帯が少し気になる。

三嶺
一眼レフのフォーマット(3:2)で1枚。

追い抜いた2人が到着。
「あれは西熊山?」
「三嶺です。」
「あれが三嶺ですか!」
今日は「東熊山」まで行ってみるそうだ。

天狗塚
天狗塚と地蔵ノ頭、後ろに牛ノ背(3:2)。
西には石鎚山も見えている。

白髪山分岐
白髪山から20分ほどで中間地点の白髪山分岐に到着。
三嶺まで、残りの水平距離2.5km、円面距離2.7km。
累積標高差は、(+)が約400m、(-)が約250m。

三嶺
白髪山分岐からの三嶺(3:2)。

白髪山分岐
一眼レフを出して写真を撮っていると、トレイルランナーに追い抜かれた。
「・・・・・・」
どこから来たのかな?
剣山か?

三嶺
カヤハゲとの鞍部(韮生越の手前)に下りながら三嶺を望む。
早足で歩くとペースは似ている。
少し楽しくなってきた。

三嶺
逆向きの登山者とすれ違い。

カヤハゲ
無理のないペース。
こちらは「近くから」なのでハンディをつけなければ・・・

三嶺
10時50分、白髪山分岐から19分でカヤハゲ(東熊山)山頂到着。
カヤハゲから三嶺まで残りの水平距離1.4km、沿面距離1.5km、
累積標高差は (+)270m (-)100m。

カヤハゲ
カヤハゲの下りで反時計回り?のトレイルランナーとすれ違い。

天狗岩
前を歩いていたランナーは阿南の方だったらしい。
よく見かける方と出会い、3人で立ち話をした後、道を譲ってもらった。

三嶺
天狗岩の後ろで2人の登山者とすれ違い(帰りに追いつく)。

三嶺
最後の急登。

三嶺
あと一息。

三嶺
先に山頂到着。

三嶺
いつもの場所でセルフタイマー撮影。

三嶺
一眼レフで山頂から西の様子。
石鎚山系も何とか確認できる。

三嶺
山頂から東の様子。
剣山、次郎笈とその周辺の山はくっきり。

三嶺
池と小屋まで行かずに山頂へ戻る。

カップヌードル
今日は初めての「カップヌードル リッチ 贅沢だしスッポンスープ味」
 
カップヌードル
「カツオのうまみがたっぷりと効いた和風だしにショウガを利かせ、スッポンの粉末を加えて仕上げたコクのある和風スープ。」
ということで
どっちかというと「贅沢とろみフカヒレスープ味」の方が好みかな・・・
エネルギー:304kcal 食塩相当量:4.6g

三嶺
12時07分に山頂をスタートしてカヤハゲへと急ぐ。
またまたトレイルランナーとすれ違い。

三嶺
カヤハゲでは、白髪山で出会ったお2人としばらく立ち話。
「次は三嶺まで行ってみたい」ということなので、林道からの短縮コースも教えてから先にスタート。

白髪山分岐
天狗岩の上部ですれ違った2人だ。

カヤハゲ
追い抜いた。

白髪山分岐
カヤハゲから16分で白髪山分岐。

白髪山分岐
避難小屋付近に人が見える。
縦走途中で避難小屋泊かテント泊なのかも。

白髪山
白髪山分岐から白髪山まで更に18分。

白髪山
再び北のテラスの上で。

三嶺
もう一度、西熊の森と三嶺を眺めて下山。

白髪山
1時半だけど、まだ登ってくる人がいる。

白髪山
みやびの丘と駐車場を眼下に見ながら下る。

白髪山登山口
今、登っていった人のも含め、2〜3台車が増えているようだ。

白髪山登山口
13時51分、三嶺から1時間44分(休憩・立ち話などを含む)で戻ってきた。
概ね予定どおりのペースで歩けたので一安心。
「風呂に入ってビール!」やね。


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2016.05.19 Thursday
  • 22:02

Comment
しばらくブログのアップがなかったので、てっきり本州の山々に行かれておるのではないか、普段見ることのできない山の話&写真を心待ちにしておりましたが、指のけがで動きが取れなかったようですね、若いからすぐに治ると思いますが、ご無理をなさらないように。いつもブログを楽しみにしております。
  • irino.koichi
  • 2016/05/21 10:51 PM
最近、滞り気味です。一週間ごとに済ませていけたらいいのですが、なかなか思うようにいきません。ちなみに今日は石立山でした。ゴヨウツツジがすごかったです。
  • ジャンダルム
  • 2016/05/22 9:27 PM
Send Comment