Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

三嶺 2016.1.9

JUGEMテーマ:山行記録

小雪混じりの風が吹きつけていた稜線から雲が消え、青空に霧氷が映える。
ドラマティックに変化する縦走路の先に三嶺が輝いていた。

三嶺
<三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■(*)コースタイム
光石登山口 7:23(12分)→ 堂床分岐 7:35(17分)→ 八丁ヒュッテ 7:52/7:56(16分)→ 渡渉点 8:12(49分)→ おかめ岩避難小屋 9:01/9:28(3分)→ お亀岩 9:31/9:33(25分)→ 西熊山 9:58/10:07(21分)→ 大タオ 10:28(43分)→ 三嶺 11:11/11:17(7分)→ 三嶺の池 11:24/11:27(1分)→ 三嶺ヒュッテ 11:28(8分)→ 三嶺 11:36(昼食)/11:59(26分)→ カヤハゲ 12:25/12:37(36分)→ さおりが原 13:13(21分)→ 堂床分岐 13:34(12分)→ 光石登山口 13:46
【三嶺山頂まで:行き 3時間06分 帰り 1時間35分 計 4時間41分】
(ヒュッテまで:行き 3時間14分 帰り 1時間43分 計 4時間57分)
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 16.0
■天気 曇りのち晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
往路は、光石を起点にカンカケ谷コースで稜線に出て縦走路を東へ。
復路は、さおりが原経由のカヤハゲコースで光石へ。
【水平距離16.005km 沿面距離16.629km/累積標高差(+)1635m (-)1632m】

光石登山口
西熊の空は灰色で小雪がちらついていた。
予報は「晴れ」だけど、山はあてにならない。
三嶺周辺の雲が消えるのは、9〜10時頃になる感じ・・・
シャツの上にレインウェアより少し厚めジャケットを着てスタート。

三嶺登山道 三嶺登山道
左は登山口から約400mの崩壊地。
更に100mほど先の桟道手前も崩れている。
(それぞれ通行は可能な状態)

八丁ヒュッテ
八丁ヒュッテの標高は1080m。
汗が出てきたのでジャケットを脱いだ(寒いけど暑い)。

渡渉点
コースタイムポイントの渡渉点は標高1180m。
谷を離れ、お亀小屋が近づくにつれ登山道はきつくなる。

おかめ岩避難小屋
稜線が近づくと風が強くなってきた。
そろそろ天気も良くならないといけない時間だけど・・・
スパッツを着けるため小屋に入って大休止。

お亀岩
キャップをかぶりジャケットを着込んで出発。
大星山の26番鉄塔とお亀岩は雪がなくても風が強くて寒い!

おかめ岩避難小屋
西熊山に着く頃は雪雲が消えそうだ!
それにしても雪が少ない。
いつもなら小屋の後が少し雪崩れてたりする頃なんだけど・・・

西熊山縦走路
コメツツジに着いた霧氷が花のよう。

霧氷
霧氷が綺麗なので、一眼を出すことにした。
せっかくなので写真を撮りながら歩こう!

天狗峠
後方には雪雲がかかる天狗峠。

西熊山
なかなか晴れてくれない。
風が冷たくて唇が痛くなってきた。

犬の足跡
縦走路には犬?の足跡しかない。
今朝歩いたばかりらしく、大タオ付近までは確認することができた。

西熊山
9時58分、西熊山山頂はまだ雲の中。

西熊山
西熊山のクマ!

西熊山
いい感じになってきた。
雪が少ないので下は普通のパンツ、タイツなしで問題なし。

西熊山
キター!!
ガスが消えそうだ。

西熊山
霧氷の稜線を東へ向かう足も軽くなる感じ。

霧氷 霧氷
霧氷がすごい!
写真を撮るために足が止まる。

西熊山
気温が低いので雪が締まっていて歩きやすい。
三嶺の雲ももうすぐ消えそうだ。

霧氷
いいねー!

霧氷
白い枝が青空に映える。

三嶺
西熊山の北斜面をトラバースするように下っていると、三嶺の山頂付近が見えてきた。

三嶺
ドラマティック!

三嶺
すっかり雲が消え晴天になった。
誰か来てるかなー?

三嶺
大タオの最低鞍部から見上げる三嶺。

三嶺
霧氷の着いたウラジロモミやシコクシラベなどの針葉樹。

三嶺
針葉樹のほとんどがシカの食害で涸れていて、なくなる可能性が大きい。

三嶺
標高点・1754m付近から。

三嶺
山頂に人影は確認できない。

三嶺
山頂部分のズームアップ。

三嶺
青ザレ上部のササ原。

三嶺
コメツツジの霧氷と祖谷の矢筈山。

三嶺
もう少しで山頂。
やはり誰もいないようだ。

三嶺
フスベヨリ谷コースの分岐付近から青ザレと西熊山を振り返って。
空気の透明感がすごい。

三嶺
11時11分、三嶺山頂到着!
正面に剣山と次郎笈がくっきり!

三嶺
後方の稜線もくっきり。

三嶺
石鎚山系は雲の中。

三嶺
誰もいないのでいつものようにセルフで。

三嶺
気になる池を回ってこよう。

三嶺
池は例年4月頃まで凍ったままになる。

三嶺
徳島県側からの登山者2人。
最近池の上を歩く人が多くなったようだ。

三嶺の池
底まで凍った三嶺の池。

三嶺の池
もう安心して歩くことができる。

三嶺ヒュッテ
暖かいので小屋へは寄らずに山頂でランチタイムということにしよう。

三嶺
もう一度山頂へ。

カップヌードル
今日は、久しぶりの「カップヌードル 欧風チーズカレー」
チーズ星人渡来15周年記念パッケージ!!
カレーとチーズのコラボが美味い!
エネルギー:414kcal、食塩相当量:5.1g

三嶺
食事をしているうちに徳島県側からの2人に続いてフスベヨリ谷から1人登ってきた。
お亀岩まで縦走して下るそうだ。

カヤハゲ
カヤハゲまでは先に下った足跡が一つ(FB友達だったらしい)。
そして白髪山方面から登ってきた若い人とすれ違い。

三嶺
カヤハゲから見る三嶺の南斜面に雪は見えない。

さおりが原
12時過ぎには、さおりが原まで戻ってきてしまった。
午後の陽が差す明るい林床。

長笹谷
長笹谷の流れも明るく透明。
“西熊ブルー”

光石登山口
13時46分、光石登山口へ下山。
霧氷の写真をたくさん撮った分、時間がかかったけど夏山とほとんど同じ感覚で歩くことができた。
楽なのはよいとして、ちょっと物足りない感じ。


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2016.01.15 Friday
  • 05:43

Comment
いつも精力的に登られていますね。ジャンダルムさんの写真に触発されて、自分も2月、3月はもっぱら伊予富士、寒風をごそごそ徘徊してきました。3月の寒風の霧氷は最高でした。また、ジャンダルムさんのデータを参考に3月末に寒峰のフクジュソウも見に行きました。これもなかなか見事でした。今年は三嶺を中心に徘徊をします。どっかでお会いできればと楽しみにしています。
  • irino.koichi
  • 2016/04/06 8:12 PM
霧氷が着く頃の寒風山と伊予富士は人気がありますね。
久しぶりに寒峰へも行こうと考えていましたが行かず仕舞いです。
登山シーズンになりました。地元ということで三嶺が中心に登っています。
お目にかかれることを楽しみにしています。
  • ジャンダルム
  • 2016/04/07 5:50 AM
Send Comment