Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

天狗塚・三嶺・白髪山 2015.11.3

JUGEMテーマ:山行記録

高気圧に覆われ、好天となった文化の日。
綱附新道の途中から地蔵ノ頭の南、約600mの尾根分岐へ直登し、天狗塚・西熊山・三嶺・カヤハゲ・白髪山を縦走、白髪池を巡って光石へ戻る23kmの周回ルートを歩いてみた。

三嶺
<直登ルートから見る三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
天狗塚 (標高点 [・1812] 1812m)
徳島県三好市/北緯33度49分37秒・東経133度56分36秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
白髪山(三等三角点 [白髪山] 1769.8m)
高知県香美市/北緯33度48分36秒・東経133度59分35秒
■(*)コースタイム
光石登山口 7:04(25分)→ 綱附新道分岐 7:29(16分)→ 尾根ルート分岐 7:45(46分)→ 標高点・1420 8:31/8:33(39分)→ 尾根分岐 9:12/9:15(12分)→ 地蔵ノ頭の鞍部 9:27/9:30(6分)→ 地蔵尊 9:36/9:42(1分)→ 地蔵ノ頭 9:43/9:45(1分)→ 天狗峠 9:46(4分)→ 西山林道分岐 9:50(8分)→ 天狗塚トラバース分岐 9:58(4分)→ 天狗塚 10:02/10:12(10分)→ 天狗塚トラバース分岐 10:22/10:25(8分)→ 西山林道分岐 10:33(3分)→ 天狗峠 10:36(15分)→ お亀岩 10:51/10:52(18分)→ 西熊山 11:10/11:14(11分)→ 大タオ 11:25(35分)→ 三嶺 12:00/12:01(10分)→ 三嶺ヒュッテ 12:11/12:54(10分)→ 三嶺 13:04/13:08(28分)→ カヤハゲ 13:36/13:38(27分)→ 白髪山分岐 14:05/14:12(25分)→ 白髪山 14:37/14:39(18分)→ 白髪池 14:57/14:58(17分)→ 白髪池登山口 15:15(54分)→ 光石登山口 16:09
<天狗塚まで 2時間42分、三嶺ヒュッテまで 4時間32分、
白髪山まで 6時間02分、光石まで一周 7時間31分>
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 22.3
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
光石を起点に、綱附新道の途中から「尾根分岐」の南東尾根を直登し、地蔵ノ頭、天狗塚、西熊山を経て三嶺へ。
三嶺ヒュッテで昼食後、カヤハゲ、白髪山、白髪池を経て光石へ戻る時計回りの周回コース。
【水平距離22.339km 沿面距離23.265km/累積標高差(+)2294m (-)2293m】

尾根ルートマップ 白髪池マップ
「尾根ルート」と「白髪山〜光石」の詳細図。

光石登山口
6時に大栃のふれあいプラザに集合、乗り合わせて光石へ。
趣味山さんも来ている?
まだ雲が多くて風が冷たい!
(大栃の最高気温 19.7 最低気温 7.9 平均 12.5 平均風速 1.0 最大風速東北東 3.3 最大瞬間風速北東 9.2)

堂床
堂床の木々が色づき始めた。

綱附新道分岐
フスベヨリ谷の吊り橋から約200mで登山道を左に折れ、綱附新道へ入る。

綱附新道
支尾根に挟まれたなだらかな斜面を左側の尾根へ向かう。

尾根ルート分岐
分岐から600mほどで、綱附新道を左に見送り尾根に入る(標高1120m)。

尾根ルート
1190m付近の大きな岩のある場所一休み。
下に堂床谷が見える。

尾根ルート
歩きやすい尾根ルート。

尾根ルート
1200m付近で左に登山道らしいラインを見つけた。
以前の地形図にある(*)稜線へのルートと思われる。
*綱附新道より東側にあった堂床谷源流沿いの登山道

尾根ルート
獣道とは思えない・・・

標高点・1420m
標高点・1420m出た。
尾根分岐から南東に下ってきた尾根が、ここで2つの支尾根に分かれる。
1つは、南南東の堂床谷に下る尾根(登ってきた尾根・手前)。
もう1つは、東のカンカケ谷とフスベヨリ谷の出合に下る尾根(右手)。
東の尾根は、八丁の北約500mでカンカケ谷コースの登山道が横切っている。

尾根ルート
1480m付近。
スズタケはほぼ全滅しているが、葉を伸ばしているものも見られる。
頑張れ!

尾根ルート
真上は青空。

尾根ルート
冬型に近い気圧配置になっているようで、北風が強くて寒い。

尾根ルート
登山道より登山道らしいけど?

尾根ルート
標高が1500mを越えた。

綱附森
1550m付近から左に綱附森。
綱附新道は、地蔵ノ頭と綱附森を結ぶ稜線の最低鞍部(写真中央)付近にあるコースタイムポイント「稜線分岐」で縦走路と合流している。

三嶺
右には、西熊山・三嶺の稜線。

尾根ルート
ササ原に点在する形のよいブナ。

尾根ルート
ブナの次はダケカンバの林を抜ける。

尾根ルート
1640m。
そろそろ縦走路のある森が近づいてきたようだ。

尾根ルート
前方に地蔵ノ頭が見えた。

尾根ルート
ここも登山道のような感じ。

尾根ルート
間もなく尾根分岐。

縦走路
縦走路へ出た。
左下が綱附森方面で右上が地蔵ノ頭方面。
山と高原地図に「尾根分岐」としてコースタイムポイントが示されているということは、元々尾根に道があったということなのだろう。

尾根分岐
登ってきたルートを振り返るとこんな感じ。
ここの様子は、通りがかりに何度が見たことはあった。

尾根分岐
縦走路と尾根ルートが交わる「尾根分岐」は約1710m。
ここは、地蔵ノ頭からの主稜線が少しコブになっていて、登ってきた尾根が主稜線から南東に分かれている。
手前が綱附森方面で前方が地蔵ノ頭方面、登ってきた尾根は右側。

縦走路
一休みしたら、縦走路を地蔵ノ頭へと向かう。

地蔵ノ頭
地蔵ノ頭が近づいてきた。
(2枚合成)

天狗塚
1700m前後の斜面にはマユミの木が多い。
マユミ(檀、真弓、檀弓)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木。
初夏に咲く淡い黄緑色の小さな花は地味で目立たないけど、ピンク色の実と割れて出てくるオレンジ色の種子の様子が美しい。

地蔵ノ頭
地蔵ノ頭の急登は何かにつかまらないと登れない。

地蔵尊 地蔵尊
地蔵ノ頭の南には「地蔵尊」が鎮座している。

天狗塚
地蔵尊から見た天狗塚(1812m)と牛ノ背(1757.2m)。

天狗塚
天狗塚のみのカット。

地蔵ノ頭
地蔵ノ頭の山頂には「綱附森」の方向を示す道標が立っている。

天狗塚
地蔵ノ頭からの天狗塚。
左に矢筈山(1606.6m)とその奧に梶ヶ森(1399.8m)。

三嶺
地蔵ノ頭から西熊山(1816.0m)と三嶺(1893.6m)。

天狗峠
地蔵ノ頭からほんの1〜2分で天狗峠(旧名:躄峠)に下る。

天狗峠
天狗峠からの西熊山と三嶺。

天狗峠
天狗峠からの天狗塚。

天狗塚
気持ちのよい天空のトレイル。

天狗塚
10時02分、光石から2時間58分で天狗塚に到着。
綱附新道より早くて楽な感じ。
今回の天狗塚までの水平距離は、5.784km、沿面距離 6.131km
累積標高 (+)1202.127m (-)298.488m。
累積標高に大差なく、概ね700mの短縮になるようだ。

牛ノ背
なだらかで優しい感じの牛ノ背〜。

牛ノ背
少しアップで。

牛ノ背
4人と2匹?のパーティーが牛ノ背に向かっている。
天狗池も見える。

牛ノ背
天狗塚から牛ノ背側に下る。
この道は急で滑りやすいので注意!

牛ノ背 天狗塚トラバース
牛ノ背はパスしてトラバースへ。

天狗峠
西山林道への分岐のある丘と地蔵ノ頭。
鞍部が天狗峠。

三嶺
ササ原の向こうに三嶺。
ここから見る三嶺もちょっと好きだ。

西熊山
天狗峠からお亀岩に向かう。
右側は急斜面ないので転げないように注意しよう!
走ったりしない方が無難。

おかめ岩避難小屋
おかめ岩避難小屋の前で休んでいる人が見える。

三嶺
前方から来る人は趣味山さんか?
アマチュア無線の位置情報システムを活用されているらしい。
自分も一応コールサインは持ってはいるんだけど・・・

三嶺
大タオへ下る。

三嶺
大タオ付近からの三嶺。

三嶺
12時ちょうどに三嶺到着。
けっこう人が多い。

三嶺の池
お腹が空いたので小屋へ行こう!

カップヌードル コーヒー
べーシークなカップヌードル。
オールフリーは暖かくなるまでしばらくお休み。

三嶺
もう一度山頂へ。

三嶺
天狗塚から歩いて来た。
帰りは白髪山まで歩いて一周する?

三嶺
剣山、白髪山への縦走路を下りながら振り返ると、山頂の登山者が見える。

カヤハゲ
カヤハゲから前方には白髪山分岐への急登が待っている。
右には白髪山。

三嶺
カヤハゲから三嶺。

白髪山分岐 白髪山
白髪山分岐と白髪山。

白髪山
白髪山に到着。
気温は5℃、歩いていないと寒い。

白髪山
北のテラスから見る西熊山〜三嶺の稜線とカヤハゲ。

尾根ルート
今日歩いた尾根直登ルートを書いてみるとこんな感じ?

白髪山
白髪池を目指して西尾根を下る。

白髪山
ササ原の向こうに今日登った尾根と天狗塚が見える。

白髪山
太平洋が輝いている。

白髪山
踏み跡があるようなないような。

白髪池
池が見えてきた。

白髪池
涸れているみたい。

白髪池
最近ほとんど雨が降ってないので干上がっている。

白髪池
白髪池となだらかな白髪山の西尾根。

石立山 白髪池
林道への下山は、東向き(みやびの丘と石立山が見える方向)に少し回り込んでから南に下る。

白髪池登山道
下り始めてすぐ少し西に振るが、後はテープに従って南東〜南へ。

白髪池登山道
岩の上に根を張る木の左側を通る。

白髪池登山口
白髪池から20分弱で林道の白髪池登山口に出る。
登山口は踏み跡程度で道標はない(テープあり)。

白髪池登山口
「ここまで来たら別府へ下った方がいいと思います。」

白髪池登山口
紅葉がきれいだ。

林道西熊別府線
5kmほどの林道歩きがちょっとね・・・
車で下ってきた先輩登山者が「乗って行かん?」
と声をかけてくれたけど、やっぱりラインをつながないとね。

白髪池マップ
白髪池からなだらかな西尾根を下ると、1kmほど西のヘアピンに楽に出られそうにも見えるが、ススダケのヤブコギになるので止めた方が無難。

中内台
中内台からは、今日歩いた尾根と天狗塚、西熊山、三嶺が全部見える。

尾根ルート
もう一度ルートを確認。
概ねこんな感じだと思う。

林道西熊別府線
あと少し。
ショートカットなしで林道をひたすら歩く。

光石登山口
白髪池の登山口から54分、4時を回ってやっと光石に帰って来た。
23km歩いている。
よく歩いた一日だった。


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2015.11.14 Saturday
  • 12:25

Comment
Send Comment