JUGEMテーマ:山行記録


紅葉の秋は石立山登山のベストシーズン。
青空と澄んだ空気に誘われて石立山に出かけてみた。

石立山
<石立山山頂>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
石立山 (二等三角点 [石立山] 1,707.7m)
高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度47分5秒・東経134度3分18秒
■コースタイム(*)
もみじ茶屋駐車場 9:49(3分)→ 登山口 9:52(23分)→ 竜頭谷 10:15(22分)→ ガメラ石 10:37(13分)→ 岩場 10:50/10:53(44分)→ 西峰 11:37(8分)→ 石立山 11:45/11:54(6分)→ 西峰 12:00(28分)→ 岩場 12:28/12:29(10分)→ ガメラ石 12:39(14分)→ 竜頭谷 12:53(15分)→ 登山口 13:08(2分)→ もみじ茶屋駐車場 13:10
(行き 1時間53分 帰り 1時間15分 計 3時間08分)
*山と高原地図のコースタイムなどを参考に余裕のある計画で登山して下さい。
■コース水平距離 8.5km(もみじ茶屋駐車場からの往復)
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)


石立山マップ 石立山プロファイル
別府峡もみじ茶屋駐車場から西峰を経て山頂までのピストン。
片道の水平距離4km強で累積標高差1300m超。
4kmで1300mも登る山は数少ない。
登山口から竜頭谷付近までは、GPSの受信状態が悪く(特に往路)、距離が少し延びてしまった。
【水平距離8.443km 沿面距離9.151km/累積標高差(+)1370m (-)1350m】

別府峡
9時半頃に別府峡もみじ茶屋下の駐車場に着いた。
別府から石立山に登る登山者もいないようだ。
奥の吊橋を渡ってから右上の尾根に出るまで、GPSの受信状態が悪い。

別府峡
紅葉シーズンだけ営業する「もみじ茶屋」の前には車が数台。
紅葉狩りにもまだ少し早い。

別府峡
北谷を見上げると、西峰に突き上げる尾根は標高点・1183mから標高点・1472m付近まで見えていると思われる。

石立山登山口 
もみじ茶屋の先で吊橋を渡って登山道へ入る。
コウヤボウキ(高野箒)が咲いていた。
石立山登山のベストシーズンは、様々な花が咲く初夏と紅葉の秋だと思うが、一年を通して登山者は少ない。

石立山 石立山
登山口からいきなりの急登が始まる。
カタツムリのようにゆっくり歩こう!

竜頭谷
10月に入ってから、ほとんど雨が降ってないので竜頭谷は涸れている。
水音は聞こえるので、河床の下を流れているのだろう。
石灰岩の山は、崖の途中から流れが始まっていたりすることがある。
谷は100mほど下流で懸崖になっていて、雨季には見事な滝(百間滝)になる(一見の価値あり)。

竜頭谷 キヌタソウ
竜頭谷を渡ったら、尾根まで石灰岩のザレた斜面をジグザグに登る。
やはり、今日は誰も登った様子がない。
蕾がたくさんつけているのはキヌタソウ?

ペンキマーク ペンキマーク
なかなか派手なペンキマークが書かれていた。

テープ
白地に赤のテープもよく目立つ。

石立山
両手両足を使って這い上がる感じ・・・

石立山
ガメラ石の少し手前(約980m)まで登ると駐車場が見えてくる。
駐車場(約550m)から40分少々で400m強の高度を稼いだ。
車が少し増えた。

ガメラ石 ガメラ岩
標高1060mの通称「ガメラ石」。

ペンキマーク
「これはちょっとやりすぎのような気も・・・!?」
(まあ、遭難の多い山やき、仕方ないか・・・)

リュウノウギク リュウノウギク
岩場に咲くリュウノウギク(竜脳菊)はキク科キク属の多年草。
本州(福島県・新潟県以西)・四国・九州(宮崎県)に分布する。
石灰岩の崖地に多く、石立山にはピンクの花も咲いている。

岩場
「岩場」は、登山コースのほぼ中間点で展望が開けているので一服するのにちょうどよい。

白髪山
岩場から北西方向に自然林と人工林が混じる竜頭山、奧には白髪山。
右端に三嶺の山頂が少しだけ見えている。

石立山
岩場を過ぎると、勾配もちょっと緩やかになる。

石立山 石立山
ビャクシンの痩せ尾根は低いので問題ない。

ニシキギ
色づき始めたピンクの葉がニシキギに似ている。
枝に板状の翼がないので、ニシキギの変種とされるコマユミだろう。

石立山
標高1400m付近。
登山道は基本的に尾根を外さない。

ゴヨウツツジ ゴヨウツウジ
標高1500m付近のシロヤシオ(ゴヨウツツジ)の紅葉。

カエデ
鮮やかなコハウチワカエデの紅葉

ニシキギ
標高が高くなるとコマユミの紅葉がいっそう濃くなった。

イシダテクサタチバナ イシダテクサタチバナ
イシダテクサタチバナが種を飛ばしている。
来年もたくさんの花をつけてくれるだろう。

西峰
西峰から前方に見える本峰までは一投足の道程。

石立山
南に少し下って東の本峰へ向かう。

石立山 石立山
山頂直下の白骨樹。

石立山
白骨樹の横から左に西峰と捨身ヶ嶽を見ながら東へ進む。
奥に三嶺から西熊山の稜線が見える。

石立山
11時45分、駐車場から1時間56分(休憩含む)で山頂に着いた。
山頂では2人の登山者がくつろいでいた。

石立山 石立山三角点
道標がたくさん立つ石立山山頂には、二等三角点が設置されている。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR25034504401
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興22
●基準点名:石立山
●標高:1707.7m

石立山
マニアックなルートが好きな先着の2人(右)は、四ッ足堂から登頂。
後から到着した2人(左)は、日和田から5時間かかったという。

石立山
阿南方面の展望。
橘湾火力発電所の煙突が見えるほど空気が澄んでいる訳ではない。

石立山
西方には、手箱山と筒上山、石鎚山、瓶ヶ森などがなんとか見えている。
食料は持っていないので、直ぐに下山。

石立山
西峰で左に折れて、元来た道を引き返す。

石立山
小石の多いザレた登山道は、滑りやすいのでロード用のシューズではダメ。

石立山
岩場が近づいてきた。

岩場
12時半になった。
別府側からは、もう誰も登ってこないだろう。

ガメラ石
ガメラ石で一休み。

石立山
石ころだらけの登山道は、足の置き場をよく見ながら下らないと危ない。

竜頭山
少し色づき始めた竜頭山。

石立山登山口
吊橋に下り着いてほっと一息。

別府峡もみじ茶屋
もみじ茶屋の営業は、例年10月中旬から11月下旬までとなっている。

別府峡駐車場
13時10分、駐車場に帰ってきた。

べふ峡温泉
べふ峡温泉に寄っていくことにしよう。

べふ峡温泉 べふ峡温泉
下山後の楽しみはやはり温泉!

べふ峡温泉
汗を流してさっぱり。
気持ちいい!

鹿肉の唐揚げ定食
入浴後、食堂「三嶺」で鹿肉の唐揚げ定食(1,300円)を注文してみた。

鹿肉の唐揚げ定食
ヘルシーな鹿肉は、ジビエとして最近注目されている。
どちらかというと、唐揚げ定食よりステーキ定食の方が好みかな・・・。


べふ峡温泉
高知県香美市物部町別府452-8
TEL:0887-58-4181 FAX:0887-58-4183
E-Mail:befukyouonsen@mopera.net

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM