JUGEMテーマ:山行記録

名頃コースを除き、まだ歩いたことのない徳島県側のコースの中から、昭文社「山と高原地図」に熟達者コースとして破線で印されている四ツ小屋谷コースを下って、三嶺林道終点登山口から三嶺に登ってみた。
更に菅生コースを下って地形図に「→」で示される「おう地」を探索。

三嶺おう地
<三嶺中腹のおう地にあった池>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
三嶺(二等三角点[三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■コースタイム
白髪山登山口駐車場 7:05(2分)→ 白髪山登山口 7:07/7:08(32分)→ 白髪山 7:40/7:50(25分)→ 白髪山分岐 8:15(6分)→ 白髪避難小屋 8:21/8:24(48分)→ カツラ巨木 9:12/9:22(6分)→ 四ツ小屋谷川(渡渉) 9:28(16分)→ 林道終点登山口 9:44/9:55(24分)→ ダケモミの丘 10:19/10:20(46分)→ 三嶺の池 11:06/11:08(1分)→ 三嶺ヒュッテ周辺 11:09(作戦会議)/11:15(1分)→ 菅生(いやしの温泉郷)コース分岐 11:16(13分)→ 標高点・1791m 11:29/11:30(6分)→ 登山道との分岐 11:36/11:37(23分) → おう地(1516m)12:00/12:12(2分)→ おう地(1506m)12:14/12:21(15分) → 周回ルート合流 12:36/12:40(9分)→ 登山道との分岐 12:49(6分)→ 標高点・1791m 12:55(14分)→ 菅生(いやしの温泉郷)コース分岐 13:09(2分)→ 三嶺ヒュッテ 13:11(昼食)/13:50(8分)→ 三嶺 13:58/14:06(30分)→ カヤハゲ 14:36/14:40(24分)→ 白髪山分岐 15:04/15:06(25分)→ 白髪山 15:31/15:33(23分)→ 白髪山登山口 15:56/15:59(2分)→ 白髪山登山口駐車場 16:01
<往路 5時間05分 復路 1時間44分 計 6時間49分(*)>
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 17.0
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
往路は、白髪山登山口を起点に四ツ小屋谷コースを下って、三嶺林道終点登山口からダケモミの丘を経て三嶺ヒュッテへ。
その後、菅生コースを下って2つの凹地(おう地)を探索。
復路は、三嶺山頂からカヤハゲ、白髪山を経て白髪山登山口に下山。
【水平距離16.952km 沿面距離17.793km/累積標高差(+)2122m (-)2116m】

三嶺四ツ小屋谷マップ 三嶺おう地マップ
「四ツ小屋谷ルート」と「おう地」の詳細図。

白髪山登山口駐車場
7時05分に白髪山登山口の駐車場をスタート。

白髪山登山口
林道沿いの白髪山登山口から登り始める。
20分ほど時間短縮になる避難小屋登山口からのアプローチも考えたが、白髪山経由の方が好きだ。

白髪山
7時40分、三等三角点の白髪山山頂を踏んだ。

北のテラス
北のテラスから西熊の山々を展望する。

三嶺
すっきりしない空模様。

白髪山分岐
白髪山分岐を今日は右の剣山方面へ。

白髪避難小屋
避難小屋の手前で、避難小屋登山口から三嶺に向かう登山者とすれ違った。

白髪避難小屋
白髪避難小屋のうしろから四ツ小屋谷コースへ入る。
道標には「下山道(名頃へ)」とある。

四ツ小屋谷ルート 四ツ小屋谷ルート
下り始めは尾根がはっきりしない。
苔むした石ころの中を少し右寄りに抜けてルートを探る。

四ツ小屋谷ルート
白髪避難小屋付近から四ツ小屋谷川本流に向かって下る尾根(地形図に標高点・1472mあり)にしっかりとした踏み跡がある。

四ツ小屋谷ルート
避難小屋から約300m、尾根がなだらかになった辺りから右に下る。

四ツ小屋谷ルート 四ツ小屋谷ルート
古いプレートやペンキマークが点在。

四ツ小屋谷ルート
尾根の右側、四ツ小屋谷川支流の原頭部分。
三嶺・カヤハゲ方面から下る谷が四ツ小屋谷川の本流ということになる。

四ツ小屋谷ルート
沢の右岸側、お助けロープのある急斜面を下る。
小さな沢が右から合流。

四ツ小屋谷ルート
右岸、左岸のどちらか歩きやすい方を歩く。

ワサビ カツラ
ワサビとカツラ。

四ツ小屋谷ルート
左側に大きな岩が転がっている。

四ツ小屋谷ルート
大きな岩の先で右から沢が合流する。
避難小屋付近から下る尾根(標高点・1472mあり)と東の平和丸(1700.9m)付近から下る尾根の間には、小さな尾根と谷(さこ)がいくつもあるので、右からの合流が多い。

四ツ小屋谷ルート
合流しながら少しずつ大きくなる谷。
ルートは、基本的に谷から大きく外れることはなく、避難小屋から下る尾根の下部を通るので、登るときは左からの合流には入らない。

四ツ小屋谷ルート
右岸側の人工林に入った。

四ツ小屋谷ルート
小さな淵にアメゴと思われる魚影がいくつも!
(左岸へ渡渉)

四ツ小屋谷ルート
小さな道標が所々に見られる。
渡渉を繰り返すが、難しいところはない。

四ツ小屋谷ルート
川幅が広くなって、左岸のしっかりした踏み跡を下る。

カツラ
谷の側に大きな木が見えてきた。
「おっ、カツラ?」

カツラ
「でかい!」

カツラ
これは、大物だ。
カンカケのよりずっとでかい!
岩を抱き込んでいる。

カツラ
カツラの古木は、樹皮が垂れ下がったようになっている(川下から)。
蘖(ひこばえ)は少なく、足元には穴があって抜けることができる。

四ツ小屋谷ルート
向こうに谷が見えてきたら、四ツ小屋谷川の本流との合流点だ。
合流点の少し手前を本流へ向かう。

四ツ小屋谷ルート
「← 林道」のプレートがあった。

四ツ小屋谷川
本流を渡渉。

四ツ小屋谷ルート
「林道 →」に従って本流左岸から上へ。

四ツ小屋谷ルート
踏み跡程度の急登にテープが点在。

ウスタケ ウスタケ
落ち葉の中にウスタケが生えていた。

三嶺林道終点登山口
やがて、祠の祀られた大木の先に三嶺林道終点の登山口が見えてくる。

三嶺林道終点登山口
東屋の側にりっぱな案内板があった。
「みうね」のルビがふられている。
「さんれい」と書き直してやりたいぐらいだけどね・・・

三嶺林道終点登山口
東屋で休憩したら、ダケモミの丘に向かって登り始める。

三嶺林道終点コース
少し登ると、なだらかな針葉樹の森になる。

三嶺林道終点コース
青緑色のネットが巻かれたウラジロモミ。
ちょっと芸術的?非芸術的?

ツルリンドウ
ルビー色のツルリンドウの実。

ダケモミの丘
ダケモミの丘でシカの防護ネットを抜けて名頃コースと合流。

名頃コース
尾根を巻くように南向きに登って・・・

名頃コース
尾根に出たら北向きに折れる。
迷い込みやすいヘアピンカーブにはしっかりとした道標がある。
(南に少し下ると、四等三角点 [三嶺東] 1544.4mあり)

名頃コース
北向きから西向きに変えながら尾根通しに登る。

マユミ古木
マユミの古木。

三嶺
水場の手前、稜線直下の紅葉がいい感じになっていた。
日が当たると奇麗なんだけど。

三嶺
三嶺ヒュッテの下をトラバースしながら西に進むと、もう少しで池。

三嶺
池に出た。
あれ!ネットが見える。
先週までなかったのに・・・。

菅生コース
地形図に矢印(→)で示される「凹地(おうち)を探しに行って見よう!」ということになって、菅生コース(いやしの温泉郷へ下るコース)へ。
正面に見えるのは、標高点・1791mのピーク。

菅生コース
標高点・1791mとの鞍部へ下る。

標高点・1791m
分岐から標高点・1791mまで約500m、100mほど下って50mの登り返し。

標高点・1791m
標高点・1791mピーク付近の土管。
なんで?

菅生コース
標高点・1791m北側の下り。


標高点・1791mから300m、標高差で70〜80m下ると広い原っぱに出た。
登山道を右に折れると、正面に塔丸(1713.3m)が見える。
(登山道は写真の右から左へ)


塔丸方面へ向かって緩やかに下る。
塔丸の右に丸笹山(1711.9m)、剣山(1955.0m)、次郎笈(1930.0m)。

三嶺 
ササ原を下ると、なだらかな広場があった(標高1700m付近)。
まだ先のようだ。


広場の少し先から勾配がきつくなる。
もうあまり下りたくない・・・。
(下ったら登らないといけない)


でも、ここまで来たら・・・。
「おっ!テープだ!」
やはり、マニアックな人がいるのだ。


「おう地」と思われる、苔むした岩とササの鞍部に出た。
ここじゃない・・・


再び苔むした岩のゴロゴロ?
ここでもない・・・
GPSを確認しながら地形図の「おう地」を探す。

三嶺おう地
「おっー!」「池だー!」
等高線に丸い形で示されている「おう地(窪地)」だ。
(写真の方向は南 → 北)

三嶺おう地
最近、雨が降っていない割には水がある。

三嶺・竜神池
探しに来た甲斐があった。

三嶺おう地
北側に回ってみた。

三嶺おう地
1つ目の「おう地」を後に、2つ目の細長い「おう地」へ向かう。

三嶺おう地
2つ目も池になっている。
(写真の方向は南→北)

三嶺おう地
こちらは水が少なく、湿地という状態。
こちらも、雨の多い時期は数10cmの深さになると思われる。
「竜神池」という名があるとか、ないとか・・・さて?

三嶺おう地
池の反対側。
それにしても地形図はよくできている。

三嶺おう地
おう地の西側から南に向かって尾根を登る。


苔むした石の斜面。


這いたくなるぐらいの急登。

三嶺
三嶺が見える所までやっと登って来た。
トイレが小さな小屋のように見える。

標高点・1791m
標高点・1791mへ登り返す。

標高点・1791m
標高点・1791mのピーク。

三嶺
標高点・1791mから見る三嶺。
高知県側から見る三嶺とは全然違う。

三嶺
菅生コースの分岐まで戻ってきた。
それにしても、この場所にネットとは・・・。

三嶺ヒュッテ
「腹減ったー!」
三嶺ヒュッテで昼食としよう!

三嶺
年中水をたたえる山頂直下の池。

オールフリー カップヌードル
オールフリーのコラーゲンは初登場!
今日の一杯は、日清「カップヌードル マッサマンカレー」
「世界一おいしいと話題の「マッサマンカレー」がカップヌードルで登場!」
ということで、普通のカップヌードルカレーと比べると微妙・・・
長い歴史を持つ永野旭堂本店の「ニコニコパン」は高知のご当地パン。

三嶺
ヒュッテを後にして山頂へ向かう。

三嶺
13時58分、三嶺山頂。

三嶺
西熊山、天狗塚へと続く稜線。

三嶺
さあ、車を置いてある白髪山登山口に向かって下山開始!

シコクフウロ
山頂直下、紅葉が始まったシコクフウロに遅咲きの花が。

天狗岩
大岩周辺の紅葉。

白髪山
帰りも白髪山の山頂を踏んでいくのが定番。

白髪山登山口
15時56分、白髪山登山口に下山。

白髪山登山口駐車場
16時01分、登山開始から約9時間。
よく遊んだので今日はビールが旨そう!


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM