JUGEMテーマ:山行記録

週末が近づくと気になる山の天気。
思った以上の登山日和、広がる青空に気をよくして三嶺へ。
沢と森、そして稜線からの展望と、楽しみが多い周回コースを歩いてみた。

三嶺
<前方に三嶺>



■行先・位置
西熊山(三等三角点[西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点[三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒

■(*)コースタイム
光石登山口 7:47(8分)→ 堂床野営場 7:55(22分)→ 八丁ヒュッテ 8:17/8:20(18分)→ 渡渉点 8:38(59分)→ おかめ岩避難小屋 9:37/9:42(2分)→ お亀岩 9:44(17分)→ 西熊山 10:01/10:12(10分)→ 大タオ 10:22(33分)→ 三嶺 10:55/10:59(7分)→ 三嶺ヒュッテ 11:06(8分)→ 三嶺 11:14(昼食)/11:38(25分)→ カヤハゲ 12:03/12:08(38分)→ さおりが原 12:46(4分)→ 長笹谷 12:50(21分)→(西熊林道)→ 迂回路入口 13:11(8分)→ 堂床野営場 13:19(8分)→ 光石登山口 13:27
<三嶺山頂まで 往路 2時間49分 復路 1時間44分 計 4時間33分>
*コースタイムポイント(/あり)での休憩は含まない
■コース水平距離 16.4
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
往路は、光石を起点に八丁、お亀岩、西熊山を経て三嶺へ。
復路は、カヤハゲ、さおりが原、西熊林道を経て光石へ戻る周回コースで西熊林道から堂床野営場への迂回路も通ってみた。
【水平距離16.393km 沿面距離16.873km 累積標高差(+)1482m (-)1463m】

光石登山口
良い季節に良い天気で賑わう光石登山口。
「この先400m崩落のため通行できません」の看板を見て迂回路へ回った人もいるかも知れない。
迂回路は、西熊林道ゲートの少し先から堂床野営場に下っている。
登山口に着く少し前、ジャンボタクシーが下っていった。
ワンゲル部?

光石崩落箇所 光石崩落箇所
登山口から400mほど先の崩落箇所は、一応「立入禁止」
踏み跡がしっかりできて、倒木の枝も切ってくれている。
狭いのでザックがあたらによう注意!

ガクウツギ フタリシズカ
ガクウツギ(額空木)は、ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。
キクのような濃厚な香りが漂ってくる。
フタリシズカ(二人静)は、センリョウ科センリョウ属の多年草。
1人でも、2人でも、3人でも、フタリシズカ (^^;)

マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)も花を咲かせていた。
7月下旬には結実し、8月に入ると実も萼も赤くなる。
そして、黒紫色の実と赤い棒状の花序が、花の時期より目立つようになる。
※高知県レッドリスト 準絶滅危惧(NT)

八丁ヒュッテ
八丁ヒュッテ(1090m)の前で一休みしたら左の道をお亀岩方面へ。
フスベヨリ谷も悪くないけど、カンカケ谷を登ると谷と稜線の両方を楽しむことができる。

西熊山
カンカケ谷に出ると(1160m地点)、少しだけ西熊山の稜線が見える。
いい天気!

カンカケ谷
右岸上部の痩せた登山道を上流へ。
アメゴは見えんかな。

ミミガタテンナンショウ キュウリグサ
左は、シコクテンナンショウ(四国天南星)ではないかな・・・と。
仏炎苞は濃い紫色に白い筋があって、両側に張り出している。
茎葉は1個、小葉は鳥足状で9〜15枚。
キュウリグサ(胡瓜草)は、ムラサキ科キュウリグサ属の越年草。
花径2〜3mmくらいの淡い青紫色の小さい花はあまり目立たない。

ヤマシャクヤク
花が終わって実ができたヤマシャクヤク。

アミガサタケ
「んっ!」「キヌガサタケ・・・!?」
じゃなくて、キイロスッポンタケ(黄色鼈茸)。
レースを着ていないウスキキヌガサタケに似ている。

タニギキョウ クルマムグラ
タニギキョウ(谷桔梗)は、キキョウ科タニギキョウ属の多年草。
名前のとおり、沢の近くや湿り気のある木陰でよく見かける。
クルマムグラ(車葎)は、アカネ科ヤエムグラ属の多年草。
披針形の葉は普通6枚が輪生し、先が尖っている。

カツラ
3週間前より緑が濃くなったカンカケ谷コース。
コースと言っても、あまり明瞭な登山道ではない。

マンネングサ ミヤマハコベ
ヒメレンゲ(姫蓮華)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草。
黄色の5弁花に雄しべは10個で葯が赤。
ミヤマハコベ(深山繁縷)はナデシコ科ハコベ属の多年草。
5枚の花弁が深く切れ込むので10枚に見える。
下部の葉には葉柄があって、萼片と花柄に毛がある。

ミツバツツジ
青空と色の濃いトサノミツバツツジ。
1500m付近が見頃。

トサノミツバツツジ ウマノアシガタ 
トサノミツバツツジには雄しべが10本。
ウマノアシガタ(馬の足形)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。
お亀岩周辺や三嶺南面の山頂直下で良く見かける。

おかめ岩避難小屋
すっきり青空の稜線とおかめ岩避難小屋。
サングラスと帽子、一眼を出したりしながら一休み (^^;)

三嶺
10時01分、光石登山口から2時間14分(休憩含む)で西熊山山頂に到着。
のどが渇いた・・・

三嶺
ササ原の一部の緑が濃くなっている。
民家の周辺や国道、県道でシカを見かけるようになって、三嶺のシカは少し減ったような気もする。
ただし、なだらかな西熊山の北斜面と南面の中腹は食害の跡が目立つ。

天狗塚
後方には天狗峠(躄峠)の鞍部に飛び出る天狗塚(1812m)。
峠のすぐ左が地蔵ノ頭(約1805m)で右端が牛ノ背の三角点(1757.2m)。
左奥に、先週登った綱附森(1643.2m)

祖谷山系
いつの間にか、北から南に向かって刷毛ではいたような巻雲が現れていた。
下の稜線は祖谷山系の山並み。

三嶺
大タオの鞍部から見上げる三嶺。

三嶺
前方右上は彩雲なのか、淡いパステルカラーに見える。

三嶺
気持ちよいササ原の縦走路。
青ザレ手前の登りがちょっときつい。

三嶺
お気に入りの休憩ポイントで一休み。

三嶺
山頂に3〜4人の人影が見える。
一昨日頃までの予報は良くなかったので、登山者は少ないかも知れない。

三嶺
青ザレ上部のなだらかなササ原とコメツツジ。
葉を落として枯れ木のようだったコメツツジが葉を広げて、ミヤマクマザサの若葉も伸び始めた。

三嶺
フスベヨリ谷コースとの分岐がある鞍部に下って最後の一登り。

三嶺
10時55分、光石登山口から3時間08分(休憩含む)で三嶺に到着。
雲が多くなってきた?

三嶺
時間に余裕があるので、池と小屋を回ってこよう!
穴が開いたように空を映す三嶺の池。

三嶺
冬場の3〜4ヶ月は凍結しているので問題ないとして、斜面に近い池が年中涸れないのは不思議。

三嶺
凍ると歩いて渡ることができる三嶺の池もすっかり初夏の風景。

三嶺
三嶺ヒュッテの前から池と山頂。

オールフリー
とりあえず、冷えたオールフリー!
アルコールなしでも旨い!

カップヌードル
5月25日発売の「カップヌードル ベジータ キャベツ&ベーコン」
「たくさんの野菜を手軽においしく食べられる!」
ということで、1日に必要な野菜の3分の1を補うことができるらしい。
(エネルギー305kcal 食塩相当量:3.6g)

三嶺
枯葉色だった稜線周辺も緑が濃くなってきた。

三嶺
今日は、カヤハゲからさおりが原に出て西熊林道を帰る予定。
前の人に続いて下山開始。

三嶺 シコクハタザオ
山頂直下、南陵のクサリ場を下る。
シコクハタザオとウマノアシガタ。

ツマトリソウ ツマトリソウ
「おっ!」
「咲いてる!咲いてる!」

ツマトリソウ
ツマトリソウ(褄取草)はサクラソウ科ツマトリソウ属の多年草で、北海道・本州(中部以北)と四国の亜高山に分布。
中部以北と四国という分布の植物も時々見かける。
和名の由来は花弁の縁が淡い紅色で褄取り(つまどり)されているから。
咲き始めたばかりなので、まだ「つまどり」されていない。
※高知県レッデータ 絶滅危惧B類(EN)

剣山
左から塔丸、丸笹山、剣山、次郎笈(カヤハゲ直下から)

三嶺
カヤハゲから北に見る三嶺。

カヤハゲ
白髪山から登ってきた高知大ワンダーフォーゲルの皆さん。
ジャンボタクシーはこのパーティーだったようだ。
山頂泊で明日、光石へ下山ということが、夜から明け方にかけて雨の予報。
初めてのメンバー2人の楽しい思い出づくりのために、テントを止めてヒュッテに泊まるということだ。
濡れると撤収と後片付けが大変やきね。

三嶺登山道
緑のシャワーを浴びながら♪

さおりが原
さおりが原に出たら休憩舎の前を左へ。

長笹谷
大雨が降ると流される長笹谷の橋を渡って林道へ。

西熊林道
通ったことがない「迂回路」を通ってみよう!
迂回路は(*)西熊林道ゲートの少し手前から堂床野営場に下っている。
もともと、展望台と堂床野営場を結ぶ遊歩道だったのだろう。
*西熊林道は長笹谷左岸の上部をさおりが原、韮生越方面へ通っている未舗装の林道で、車はゲートまで進入可能(駐車スペース4〜5台分)

光石迂回路 光石迂回路
ザレていて、歩きやすいとは言えない。
不明瞭な所もあるけど、テープと踏み跡は確認できた。

堂床野営場
やっと堂床野営場に出た。
結構長い下りだった。

光石登山口
光石登山口(910m)から西熊林道(1020m)まで上がって堂床野営場(870m)へ下ると、水平距離1020m、累積標高差 (+)115m (-)155m。
通常のルートは、水平距離560m、累積標高差 (+)15m (-)44m。
迂回路を利用すると、かなり遠回りになる感じ。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM