JUGEMテーマ:山行記録

晴天に恵まれた子どもの日の三嶺。
光石からカンカケ谷コースを登ってカヤハゲから堂床へ下る、時計回りの周回コースを数ヶ月ぶりに歩いてみた。

三嶺
<西熊山からの三嶺>



■行先・位置
西熊山 (三等三角点[西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺 (二等三角点[三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒

■コースタイム
光石登山口 7:20(30分)→ 八丁ヒュッテ 7:50/7:51(19分)→ 渡渉点 8:12(58分)→ おかめ岩避難小屋 9:10/9:22(3分)→ お亀岩 9:25(16分)→ 西熊山 9:41/9:43(11分)→ 大タオ 9:54(33分)→ 三嶺 10:27(昼食)/11:17(26分)→ カヤハゲ 11:43/11:44(1時間18分)→ さおりが原 13:02/13:06(32分)→ 光石登山口 13:38
<往路 2時間50分 復路 2時間16分 計 5時間06分>
■コース水平距離 16.4
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
光石を起点にカンカケ谷を登り、お亀岩から西熊山を縦走して三嶺へ。
下山は、カヤハゲ、さおりが原を経て光石へ下る周回コース。
まったく同じ行程で歩くのは、昨年の8月30日以来8ヶ月ぶり。
【水平距離16.393km 沿面距離16.873km 累積標高差(+)1482m (-)1463m】

光石登山口
久しぶりに賑わう光石登山口。
よく見かける車も2台 (^^)

光石登山口
登山口から400mほど先の崩落箇所も「通れるらしい」ということなので迂回路はパス。
迂回路は(*)西熊林道ゲートの少し先から堂床野営場に下っている。
ここからだと西熊林道まで登って堂床へ下るので、ちょっと遠回りになる。
*西熊林道は長笹谷左岸の上部を韮生越、さおりが原方面へ通っている未舗装の林道で、車はゲートまで進入可能(駐車スペース4〜5台分)

ユキモチソウ ユキモチソウ
テンナンショウの仲間で一番人気のユキモチソウがにょきにょき。
よく見かける植物だけど、環境省の絶滅危惧II類(VU)に指定されている。

崩落箇所
崩落箇所には「立入禁止」と書かれたテープが張られている。

崩落箇所
「通っていいです」とは言えんけど・・・
踏み跡が、しっかりできているので通れないことはない。

ツボスミレ ツボスミレ
堂床野営場周辺に生えていたツボスミレ。
「ツボ」と言うだけあって珍しいスミレではない。

長笹谷
フスベヨリ谷に合流直前の長笹谷を渡る。
谷は、さおりが原、カヤハゲ、白髪山周辺の水を集めて流れてくる。

フスベヨリ谷 フスベヨリ谷
さおりが原への分岐を右に見送ってフスベヨリ谷の吊橋を渡る。
冬場はさおりが原経由のカヤハゲコースで、夏場は八丁経由のカンカケ谷を登ることが多くなる。

フタリシズカ マルミノヤマゴボウ
旧堂床小屋付近にフタリシズカがにょきにょき。
マルミノヤマゴボウもどんどん葉を伸ばしている。

堂床登山道
以前はスズタケが茂っていた斜面の登山道。
麓に下ったのか、ササを食べ尽くしたシカの姿は最近少なくなって、国道で見かけたりすることが多くなった。

八丁ヒュッテ
八丁ヒュッテの前で一休みしたら左の道をお亀岩方面へ。
フスベヨリ谷も悪くはないけど、沢と稜線の両方を楽しむことのできるカンカケ谷コースを選ぶことが多い。

ミツバツツジ ミツバツツジ
谷沿いのミツバツツジはあまり大きくならないし、花もまばら。

タカチホガラシ イワボタン
左はたぶん、タカチホガラシ・・・?
タカチホガラシ(高千穂芥子)は、アブラナ科タネツケバナ属の多年草で、四国と九州の山地の沢沿いなどに生える。
環境省レッドデータ 絶滅危惧II類(VU)。
四国の分布図では徳島県になっているけど、同じ山域なので・・・。

右のイワボタン(岩牡丹)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草。
こちらも、沢沿いなどの半日陰で見かけることが多い。

渡渉点
カンカケ谷の渡渉点を左岸へ渡る。

シロバナネコノメ シロバナネコノメ
カンカケ谷周辺の木陰に咲いていたのはシロバナネコノメ?
葯の色が出てないけど・・・。

ヤマシャクヤク
ヤマシャクヤクの群生地には蕾がたくさん。

ヤマシャクヤク ヤマシャクヤク
開いていたのはまだ一つ二つ。
一週間ほど先が開花のピークになるかな。

新緑
トチノキの葉が透過光できれいだった。

バイケイソウ
カンカケ谷の本流から少し離れるとバイケイソウの群生を見かける。

ジロボウエンゴサク サイコクサバノオ
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)は、ケシ科キケマン属の多年草。
この花も半日陰の湿った場所に生えていることが多い。
ヤマエンゴサクとは花柄の基部にある小さな苞葉の形が違う。

咲いていたら見たいと思って探していた、サイコクサバノオ。
サイコクサバノオ(西国鯖の尾)は、キンポウゲ科シロカネソウ属の多年草で本州(近畿)・四国に分布。
まだ開ききってはいないけど、白に青い筋のある花弁のような部分は萼片で、雄しべの葯に見える黄色い部分が花弁。

ユリワサビ タチツボスミレ
ワサビより小型のユリワサビも沢沿いの湿った場所に生える。
アブラナ科ワサビ属の多年草で、ワサビ同様山菜として利用できる。
花片が4枚のところなどが同じアブラナ科のタカチホガラシに似ている。

どこでも見かけるタチツボスミレも色が鮮やかだったので、とりあえず1枚。

ミツバツツジ ミツバツツジ
カンカケ谷上部のミツバツツジ。
色が少し違っていて、なかなかきれい。

ワチガイソウ ワチガイソウ
白い花片に赤紫色の葯がかわいいワチガイソウは、関東以西に生えるナデシコ科の花。

おかめ岩避難小屋
すっきり青空と稜線直下のおかめ岩避難小屋。
水場が近いしトイレが同じ建物にあるので使い勝手がいい。

お亀岩付近 スントコア
コメツツジとミヤマクマザサに覆われた斜面を西熊山山頂へと向かう。
気温は11℃で動いていないと寒い。

西熊山 ショウジョウバカマ
なだらかな西熊山の登り。
登山道の脇にポツポツと咲いているのはショウジョウバカマ。

西熊山
西熊山には誰もいなかったので、道標にコンデジを乗せてセルフタイマー。
ここから見る三嶺はいいよね (*^^*)
右奥は次郎笈。

三嶺
西熊山から大タオ(峠)の鞍部へ下る。
三嶺に向かってなだらかなアップダウンの繰り返し。

三嶺
ここは、手前の岩の上にコンデジを置いてセルフタイマー。
タイマーをセットしたら急いで向こうの岩へ移る。

三嶺
立っていた岩の上から見る三嶺に数人の人影が見えている。

三嶺
10時27分、光石登山口から3時間07分(休憩含む)で三嶺に到着。
いつものようにいつもの場所でセルフタイマー。

三嶺 三嶺
<基準点の概要>
●基準点コード:TR25033670901
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興28
●基準点名:三嶺
●標高:1893.6m

三嶺
大気境界層の濁りはあるけど、石鎚山や笹ヶ峰などがなんとか見えている。

三嶺
三嶺ヒュッテ方面の様子と3日前に歩いた剣山・次郎笈。
ヒュッテの方から登って来た三嶺さんぽくらぶメンバーと遭遇!

オールフリー カップヌードル
とりあえず、オールフリー!
レモングラスやライムの利いたスープに人気で、店頭に並ぶとすぐに売り切れるカップヌードル トムヤンクンヌードル。
(エネルギー:346cal、食塩相当量:4.8g)

三嶺
登山者が次々と到着し、にぎわう三嶺。

三嶺
今日はカヤハゲから中央の尾根をさおりが原へ下る予定。

オオカメノキ
オオカメノキ(大亀の木)は、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。
まだほとんどが蕾の小さな両性花の回りに大きな装飾花が開いている。
秋に赤く結実するのは小さい方。

三嶺
カヤハゲから見る正面(南面)の三嶺。

ブナ
地衣類の着いたブナの幹と陽光が差す若葉。

倒木
ブナやツツジを撮影しながらゆっくりと下山する。
倒木と若葉のブナ林。

ミツバツツジ
カヤハゲの西尾根に多いミツバツツジが見頃を迎えていた。

トチノキ
さおりが原上部にはトチノキの巨木が多い。

さおりが原
野菜畑のようにバイケイソウが繁茂するさおりが原。

さおりが原
さおりが原の明るい樹林下でバーベキュー?中の家族連れ。
「いいねー!」

ギンリョウソウ 光石登山口
登山口の近くで葉っぱの間から頭をもたげていたギンリョウソウ。
山野草が咲き始めたカンカケ谷と西熊山から三嶺の稜線を楽しんで、すがすがしく満足のゆく山歩きだった。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment
お久しぶりです。
上記ブログの「以前はスズタケが茂っていた斜面の登山道」で追い抜かれた者です。
流石に早いですね。1時間前後も時間のひらきがあるとは・・・
綺麗な花が至る所に咲いていて最高な一日でしたね。
ブログたまに拝見させて頂き、楽しませて頂いています。
また、どこかでお会い出来るのを楽しみにしています。
コメントありがとうございます。
松山から来ていただいた方ですよね。
この日は春の花と青空でいい一日でした。
イワちんさんのブログも拝見させていただきます!
  • ジャンダルム
  • 2015/05/16 07:18





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM