Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

剣山地

剣山 2015.5.2

JUGEMテーマ:山行記録

好天に恵まれた5連休初日の土曜日は、剣山へ出かけてみた。
避難小屋登山口を起点に白髪避難小屋と剣山をピストンし、帰りは白髪山へ寄って剣山と白髪山の稜線を結んで歩いた。

剣山
<剣山>

深田久弥はその著書 「日本百名山」 に、
「西の石鎚山が山骨稜々として厳父的なのに対し、
 東の剣山は豊なふくらみを持って慈母的である。(中略)
 石鎚は一九八二米、剣は一九五五米、
 僅かの差で拮抗しているところも面白い。
 高山の少ない西日本で、二千米に近い標高は尊重するに足る。」
と書いている。

banner_b.gif

■行先・位置(主な三角点など)
平和丸(三等三角点 [菅生] 1700.9m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度49分19秒・東経134度00分46秒)
高ノ瀬(三等三角点 [高ノ瀬] 1741.0m)
徳島県三好市・那賀町/北緯33度50分04秒・東経134度02分19秒)
丸石(三等三角点 [高ノ瀬] 1684.0m)
徳島県三好市・那賀町/北緯33度50分27秒・東経134度03分53秒)
次郎笈(四等三角点 [次郎笈] 1930.0m)
徳島県三好市・那賀郡那賀町/北緯33度50分35秒・東経134度05分09秒
剣山(一等三角点 [剣山] 1955.0m)
徳島県三好市・那賀郡那賀町/北緯33度51分13秒・東経134度05分39秒
白髪山(三等三角点 [白髪山] 1769.8m)
高知県香美市/北緯33度48分36秒・東経133度59分35秒
■(*)コースタイム
駐車場所 5:31(2分)→ 避難小屋登山口 5:33(35分)→ 白髪避難小屋 6:08(23分)→ 平和丸 6:31(21分)→ 標高点・1732 6:52/6:54(21分)→ 標高点・1738 7:15/7:16(1分)→ 石立山分岐 7:17/7:18(19分)→ 高ノ瀬 7:37/7:38(24分)→ 標高点・1604 8:02/8:05(10分)→ 奧祖谷かずら橋分岐 8:15/8:21(1分)→ 丸石避難小屋 8:22/8:25(24分)→ 丸石 8:49/8:54(10分)→ スーパー林道分岐 9:04(40分)→ 次郎笈 9:44/9:52(11分)→ 次郎笈峠 10:03(24分)→ 剣山 10:27/10:28(4分)→ 剣山頂上ヒュッテ 10:32/10:40(4分)→ 剣山 10:44(昼食)/11:32(25分)→ 次郎笈峠 11:57(26分)→ スーパー林道分岐 12:23/12:24(12分)→ 丸石 12:36/12:41(16分)→ 丸石避難小屋 12:57(1分)→ 奧祖谷かずら橋分岐 12:58(10分)→ 標高点・1604 13:08(24分)→ 高ノ瀬 13:32/13:37(13分)→ 石立山分岐 13:50(1分)→ 標高点・1738 13:51/13:55(20分)→ 標高点・1732 14:15(17分)→ 平和丸 14:32(19分)→ 白髪避難小屋 14:51(9分) → 白髪山分岐 15:00/15:16(26分)→ 白髪山 15:42/15:46(26分)→ 白髪山登山口 16:12(2分)→ 白髪山駐車場 16:14/16:17(23分)→ 駐車場所 16:40
【行き 4時間26分 帰り 4時間30分 計 8時間56分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間等は含まない
■コース水平距離 28.6km
■天気 晴れ時々曇り
■楽しさ ★★★★★(満点)

剣山マップ
往路は峰越林道西熊別府線の避難小屋登山口を起点に白髪避難小屋から縦走路を高ノ瀬、丸石、次郎笈などを経て剣山へ。
復路は白髪避難小屋まで同じコース(次郎笈はトラバース)戻って白髪山を経て下山。
【水平距離28.610km 沿面距離29.318km】
【累積標高差(+)2321m(-)2311m】

剣山プロファイル
標高のプロファイル

白髪山〜剣山1 白髪山〜剣山2
分割1(白髪山〜標高点・1732m)  分割2(標高点・1732m〜丸石)

白髪山〜剣山3 次郎笈トラバース
分割3(丸石〜剣山)         次郎笈トラバースからの剣山

石立山
薄明の峰越林道からみる石立山。
日が差す前はまだまだ寒い。
ブルブル!

避難小屋登山口 避難小屋登山口
5時33分、避難小屋登山口を登り始めた。

避難小屋登山道
稜線近くまでは、まずまずの急登。

三嶺
縦走路に出ると、正面には三嶺。

白髪避難小屋 白髪避難小屋
白髪避難小屋の手前にはテントが一張り。

ブナ
千手観音のように枝を広げるブナの古木は見事!

三嶺
平和丸山頂手前の白骨林付近から見る三嶺

平和丸 平和丸三角点
三等三角点の平和丸。
地図上に平和丸という名称は無いし、現在、名前を書いた板などもない。
三嶺の北山麓に「菅生(すげおい)」という集落があり、基準点名は「菅生」となっている。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR35034508101
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:坐28
●基準点名:菅生
●標高:1700.9m

三嶺
平和丸から望む三嶺。
カヤハゲや西熊山からの見慣れた姿と少し違う。

標高点・1732
標高点・1732から中央奥に剣山と次郎笈を望む。
まだまだ遠い。

標高点・1732
標高点から後方に天狗塚〜西熊山〜三嶺の稜線を望む。

三嶺
同じく白髪山から三嶺まで3枚結合。

高ノ瀬
前方に石立山分岐のある標高点・1738。

石立山分岐
標高点[・1738]の直ぐ先が南に聳える石立山への分岐になっている。
左奥に石立山、右手前に中東山が見える。
ツキノワグマの生息エリアだ。

高ノ瀬
高ノ瀬が近づいてきた。
周辺はオオヤマレンゲの群生地になっている。

高ノ瀬 
7時37分、避難小屋登山口から2時間少々で三等三角点の高ノ瀬に到着。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR35034600301
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:坐29
●基準点名:高ノ瀬
●標高:1741.0m

高ノ瀬三角点 高ノ瀬峡
南に高ノ瀬峡を俯瞰する。
麓から上に向かって緑が広がっていく様子が分かる。

標高点・1604
標高点・1604

ワチガイソウ ワチガイソウ
ワチガイソウ(輪違草)は、ナデシコ科ワチガイソウ属の多年草。
白い花弁にえんじ色の葯が目立つ。

奧祖谷かずら橋分岐
道標の立つ分岐に突き当たった。
左に折れると、丸石谷川に沿って奥祖谷かずら橋へと下る。
赤い石柱は山界を示すもの。

丸石避難小屋
分岐のすぐ先に丸石避難小屋が建っている。
この小屋には以前一泊したことがある。

丸石
避難小屋から20分ほどで林を抜けると丸石が見えてきた。

丸石
8時49分、丸石到着。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR35034600501
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:久41
●基準点名:丸石
●標高:1684.0m
 
次郎笈
ようやく近づいてきたという感じ。
スーパー林道の路側に駐車している車が見えている。
昨年の大雨で通れなくなっていると聞いていたけど、どこまで通行可能なのだろう?

ショウジョウバカマ スーパー林道分岐
スーパー林道分岐を通過。

丸石
後方の丸石が低くなってきた。

次郎笈 ショウジョウバカマ
次郎笈とトラバースの分岐は右にとって、まずは山頂へ。
登山道脇にはショウジョウバカマ。

次郎笈
間もなく次郎笈山頂。
手前の急登からすると走れそうだ。

次郎笈
9時44分、スタートから4時間少々で次郎笈に着いた。

次郎笈 次郎笈三角点
<基準点の概要>
●基準点コード:TR45034601601
●等級種別:四等三角点
●冠字選点番号:K涌7
●基準点名:次郎笈(電子基準点)
●標高:1930.0m

剣山
剣山(太郎笈)を望むベストスポットは弟の次郎笈。

次郎笈峠 剣山
次郎笈峠の分岐で三嶺方面へのトラバースを左に見送って笹尾根の登山道を山頂へ向かう。

次郎笈
後方に次郎笈、そして中央奥のピラミダルなピークが白髪山で右奥のドーム状のピークがホームトレイルの三嶺。

剣山
あとほんの少しで頂上。

剣山
10時27分、スタートから4時間56分(休憩含む)で剣山到着。
さすが百名山、登山者が多い!

剣山
石積みと注連縄で囲まれた剣山の三角点。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR15034602701
●等級種別:一等三角点
●基準点名:剣山
●標高:1955.0m

剣山
木道を歩いて頂上ヒュッテまで行ってみよう!

剣山頂上ヒュッテ 剣山頂上ヒュッテ
剣山頂上ヒュッテで買い求めるものは・・・。
もちろんビール!

剣山
山頂に戻ってランチタイム。
リフトがあるので親子連れや高齢の方まで、観光客も多い。
ベンチが1つ空いている。

カップヌードル ケトル
ビール会社のウェブサイトによると、350ml缶の「アルコールが完全に抜ける」のに要する時間は2〜3時間という。
下山が2〜3時間(三嶺など)の場合はノンアルコールにしている。
まだ5時間以上歩かないといけないので、今日はホンモノで燃料補給♪

剣山
もう一度山頂を歩いて下山路へ。
良い天気だけど、動いていないと寒いほど。

剣山
「二度見」の案内板に誘われて通ったことのないコースを下ってみた。

剣山 剣山
遠くに白髪山と三嶺。

大剣神社
山名の由来の1つとされる御塔石(大剣岩)と大剣神社。

二度見展望所
展望台と言うほどの所ではない二度見展望台は、リフト西島駅からの遊歩道コースとの合流側にあった。
次郎笈を見ながら遊歩道コースを笹尾根の分岐へとへ向かう。

次郎笈峠
次郎笈峠分岐からトラバースへ入って縦走路を一路白髪山へ!

次郎笈トラバース
トラバースから見えるピークは三嶺。

剣山縦走路
稜線の先に続く丸石と丸石の上に高ノ瀬、左に標高点・1738と白髪山。

次郎笈
丸石から後方に次郎笈と剣山。
天気が良いので縦走する人も多い。

モミ林
ジントニックのような香がするモミの縦走路。

ブナ
このブナも立派!

丸石避難小屋
丸石小屋では学生らしいパーティがマップを見たりしながら休憩中。

奧祖谷かずら橋分岐
かずら橋との分岐を三嶺方面へ。

高ノ瀬
標高点・1604から見上げる高ノ瀬。

ツボスミレ ミヤマカタバミ
ツボスミレとミヤマカタバミ。
陽が差すと大きく開く。

高ノ瀬
13時32分、高ノ瀬まで帰って来た。
少し休憩していると、楽しいキャラのお兄さんが前方からやって来た。
お兄さん「どこから来たのですか?」
自分「白髪山から剣山をピストンで」
お兄さん「まじかー!」
自分「どこまでですか?」
お兄さん「行けるところまでだけど、心の折れそうなところはないですか?」
自分「(剣山方面への)行きがましだとは思うけど。」

標高点・1732
標高点・1732のなだらかな笹原。
左に白髪山、右に天狗塚、地蔵ノ頭と西熊山。

白髪避難小屋
白髪避難小屋周辺にテントがたくさん。

白髪山分岐
白髪山分岐まで登って来た。
中央に避難小屋とテント場(テント場ではないと思う)が見える。
シカ食害防護ネット修理隊の見たことのある人たちと立ち話。
子ども達もお手伝い。

白髪山
15時42分、最後のピーク、白髪山山頂に到着!

白髪山
白髪山山頂から今日歩いた稜線を望む。
中央奧に剣山(左)と次郎笈(右)。

白髪山駐車場 ヤマザクラ
16時12分、峰越林道沿いの白髪山登山口に下山。
周辺の山桜が見頃を迎えていた。
今日は小屋で泊まる人もいるようだ。
後は避難小屋登山口近くの待避所まで林道歩き。

剣山
遠くに次郎笈と剣山を見ながら林道を車まで歩く。
あんな所まで行ってきたのか・・・
今日も元気でビールが旨い!

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2015.05.09 Saturday
  • 11:16

Comment
Send Comment