JUGEMテーマ:山行記録

せっかくの土曜日に午後から仕事が入っている。
しかも晴れマーク!
午前中の半日で山歩きするためのアクセスとコースタイム、山の魅力などを考え合わせると、やはり三嶺ということになる。

白髪山
<白髪山から三嶺遠望>



■行先(主なピーク)
白髪山 (三等三角点 [白髪山] 1769.8m)
高知県香美市、北緯33度48分36秒・東経133度59分35秒
カヤハゲ (標高点 [・1720m])
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度49分41秒・東経133度59分25秒
三嶺 (二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分22秒、東経133度59分16秒)
■コースタイム(*)
白髪山登山口駐車場 6:58(1分)→ 白髪山登山口 6:59(22分)→ 白髪山 7:21/7:26(17分)→ 白髪山分岐 7:43(16分)→ カヤハゲ 7:59/8:00(26分)→ 三嶺 8:26/8:37(19分)→ カヤハゲ 8:56/9:02(16分)→ 白髪山分岐 9:18/9:20(18分)→ 白髪山 9:38/9:39(12分)→ 白髪山登山口 9:51(1分)→ 白髪山登山口駐車場 9:52
【行き 1時間22分 帰り 1時間06分 計 2時間28分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩等は含まない
■コース水平距離 10.2km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
白髪山登山口の駐車場から白髪山、白髪山分岐、カヤハゲを経て尾根通しに三嶺までピストン。
【水平距離10.225km 沿面距離10.667km/累積標高差(+)1209m (-)1196m】
(*)【水平距離5.151km 沿面距離5.370km/累積標高差(+)831m (-)380m】
*往路の数値(北のテラスへの寄り道・誤差などで1/2ちょうどにはなっていない)

白髪山登山口
7時前に白髪山登山口駐車場に到着。
車は光石に1台、白髪山登山口にはまだだ。
食害が少し減った気がするけど、シカの糞が落ちている(>_<)

白髪山登山口 白髪山
登山口をスタートしたのは6時59分。
3時間後の10時頃には下山したいところだ。
白髪山山頂までの水平距離1.1km、沿面距離1.2km、標高差320m。

白髪山
空気が澄んでいないので、近所の御在所山さえ霞んでいる。

白髪山
7時21分、登山口から22分で白髪山に到着。
まずまずのペース。
白髪山登山口 → 白髪山 → 白髪山分岐 → カヤハゲ → 三嶺のそれぞれの区間の平均タイムは、概ね20分が理想的。

白髪山
誰もいない「北のテラス」でセルフタイマー。
じっとしてると肌寒いほど。

三嶺
少し霞んだ三嶺を眺めてから再びスタート。
三嶺まで残りの水平距離3.9km、沿面距離4.1km、
累積標高差 (+)507m (-)377m。

白髪山分岐
白髪山から17分で中間地点の白髪山分岐に到着。
ここから北西に折れてカヤハゲへと向かう。
三嶺まで残りの水平距離2.5km、円面距離2.7km、
累積標高差 (+)398m (-)244m。

ダケカンバ
小さな鞍部にある窪地の雪もすっかりなくなった。

sannrei
カヤハゲとの鞍部(韮生越の手前)に下りながら三嶺を望む。

カヤハゲ
7時59分、白髪山分岐から16分でカヤハゲ(東熊山)山頂到着。
カヤハゲに三角点はなく、標高点 [・1720m] のみ。
従って基準点としての標石などは設置されていない。
三角点に似た石には「主補?」「山」「公?」などの文字が見える。
どこかにオークリーのサングラスを落としてきてしまった!

三嶺
カヤハゲから三嶺まで残りの水平距離1.4km、沿面距離1.5km、
累積標高差 (+)269m (-)98m。

三嶺
8時56分、カヤハゲから26分で山頂到着。
駐車場から1時間22分(休憩・セルフタイマー撮影を含まない)
同じく1時間29分(休憩・セルフタイマー撮影を含む)

三嶺
いつもの稜線・・・。
春霞なのか黄沙も混じっているのか、大気境界層の濁りが強くて今回も石鎚山系が見えない。

三嶺
山頂には、天狗塚まで往復する予定の3人のグループと剣山から縦走(白髪避難小屋で1泊)して名頃へ下山する方が1人。
縦走の方と交代でシャッターを押してもらった。

三嶺 三嶺
あいさつを交わしてそれぞれの目的地へ。

三嶺
8時37分に山頂をスタート。

三嶺
山頂直下から青ザレ(中央)と西熊山(左奥)。

ショウジョウバカマ カヤハゲ
カヤハゲの登り返しにショウジョウバカマが咲いていた。
9時02分、山頂から19分でカヤハゲ山頂まで下山?
山頂には光石から西熊林道・さおりが原経由で登ってきた方1人。
剣山を早朝に発ってトレランしてきた方も合流して立ち話。

白髪山
カヤハゲから白髪山分岐まで16分、白髪山まで更に18分。

白髪山 白髪山
みやびの丘を眼下に木段のある登山道を下る。

白髪山登山口
歩幅が合わない木段は足に負担がかかり疲労が溜まる。
当然、登山者は歩きやすいところを歩くので木段の脇へ新しい道ができる。
ハードルのようになった木段は危険!
なってなくても濡れた木段は滑るので危険!
白髪山から先はクサリ場などの一部を除きないのだから・・・いらんよね。

白髪山登山口
9時52分、三嶺から1時間15分(休憩・立ち話含む)で戻ってきた。
概ね予定どおりのペースで歩けたので一安心。
「風呂に入ってビール!」といきたいところだが・・・。
仕事が待っている (**)

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Comment
はじめましてジャンダルムさん。いつもブログ拝見しています。4/25に三人で初めて白髪山に登りました。駐車場についた時に黒い車が1台!連れに「こ、この車はりょうせんさんぽのジャンダルムさんでは?」と話しながらぜえぜえ言いながら山頂に登り、分岐で休憩して避難小屋に向かおうと降り始めた時に後ろに人の気配がして振り返ると、ブルーと黒の見たことあるようなお姿が・・・連れに「あれはまさかジャンダルムさんでは?駐車場にあった車がそうなら、きっと白髪山から三嶺トレイル?」「そして今は三嶺からの折り返し?もしあのお方なら30分後にはもう駐車場にいるよね・・・ブログが更新されたらそうだとわかるよね」などと話しながら「ジャンダルムさん〜」と叫びたかったけれど、私たちからみたら殿上人のようなお方に気安くお声をかけられるはずもなく小さく会釈させていただくだけにして避難小屋に向かいました。そしてブログを拝見したら、やはりジャンダルムさんだったのですね。感激しました。友達と違って私は初心者ですが、いつかは三嶺目指して頑張っていきたいと思います。これからもブログ楽しみにしております。
  • 眠れないお姫様
  • 2015/04/28 22:48
眠れないお姫様 さま
はじめまして。
いつも自己満足なブログを見ていただいてありがとうございます。
声をかけていただいてから何度もお目にかかる方もおいでますよ。
普通のおじさんです(^^;)
今度は声をかけて下さいね。
そして次は三嶺を目指してみて下さいね。
  • ジャンダルム
  • 2015/05/01 06:37
こんばんは。ジャンダルムさん(*^_^*)わたくし書き込んだ時に間違って4/25と書いてましたが4/18に登ったんです。変だと思いましたよね?4/18です。ずっとブログを拝見していますが今のお姫様には三嶺は体力的にはるか遠い存在です。連れの二人は大丈夫どころか内、一人はすごい健脚の経験者ですし・・・。わたくしめもいつか登れるようにと頑張っております。そして色々とブログを拝見して勉強させていただいております。いつかジャンダルムさんに山でお会い出来る日を楽しみにしております。その時は、いざ!勇気を振り絞って・・・お声を・・・・記念撮影をお願い致します(*^_^*)今後の益々のご活躍を願っております。
  • 眠れないお姫様
  • 2015/05/01 22:53





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM