JUGEMテーマ:山行記録

午前中は曇りで前日からの小雨も昼頃まで残りそうな予報だった。
三嶺周辺に青空が広がるのは午後に入ってからだったので、ゆっくり出発したら県道工事の時間制限で足止めされた上、タイヤがパンクして登山開始が大幅に遅れてしまった。

三嶺
<三嶺>

banner_b.gif

■行先・位置(主なピーク)
カヤハゲ (標高点 [・1720])
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度49分41秒・東経133度59分25秒
三嶺 (二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分22秒、東経133度59分16秒)
■コースタイム
光石登山口 10:35(10分)→ 堂床分岐 10:45(31分)→ さおりが原 11:16(1時間27分)→ カヤハゲ 12:43/12:50(7分)→ カヤハゲ鞍部 12:57(アイゼン着装)/13:02(45分)→ 三嶺 13:47/13:58(4分)→ 山頂直下 14:02(昼食)/14:22(33分)→ カヤハゲ 14:55(アイゼン取外し)/15:03(37分)→ さおりが原 15:40(19分)→ 堂床分岐 15:59(12分)→ 光石登山口 16:11
【行き 3時間00分 帰り 1時間45分 計 4時間45分】
■コース水平距離 12.9km
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
光石登山口から、さおりが原を経て三嶺まで、カヤハゲコースをピストン。
【水平距離12.925km、沿面距離13.497km、累積標高差(+)1432m (-)1452m】

時間制限
時間制限の看板は手前で見たが・・・。
県道の改良工事でバッチリ止められてしまった。
しかも、先頭だったので30分のロス。

パンク パンク
この後、さらにアクシデントが待っていた!
西熊林道を走行中に後方から異音?
「んっ?」「まさか!」「パンク?」
車を止めてみると、左後輪のスタッドレスがパンクしていた。
急いでタイヤ交換したけど、15分のロス (>_<)

光石登山口
ということで、時間制限とパンクでそれぞれ30分、15分のロス。
登山開始が10時30分を過ぎてしまった。
光石に駐車していたのは、見たことのあるエクストレイル号1台のみ。
(どこを歩いているのだろう?)

さおりが原
堂床の分岐から人間のトレースを確認。
しかも、登った人と下った人がいる。
西熊渓谷の駐車場に時々見かけるジムニーが止まっていたので、
下りは、林道から周回した「バードウォッチングの人」だと思うけど・・・?
そうすると、(登ったのはTさん?)

雪解け水
さおりが原の上部、トチノキの巨木近くの沢に雪解け水が流れる。
コケがいきいき。

さおりが原上部
二日酔い気味で体は重いし、やたらと喉が渇く。
←カヤハゲ経由三嶺↓さおりが原↓ケヤキザコ経由韮生越→
の分岐を過ぎた辺りでトレースがなくなった?

カヤハゲ西尾根
カヤハゲの西尾根に出て東へ。
雪庇が解け始めてツララがたくさんできていた。
防水グローブを車に忘れてきてしまった。

カヤハゲ
もう少しでカヤハゲ(1720m)の頂上。
数日前のトレースのみで新しいトレースは確認できない。

三嶺
12時43分、光石から2時間08分(休憩含む)でカヤハゲ到着。

三嶺
すでに13時前。
まだまだ雲が多いし風も強い。
14時までには山頂に着きたいところだ。

アイゼン
カヤハゲから北に下ったトレースがあった!
先行者は、カヤハゲの鞍部を過ぎた所でアイゼンを着けたようだが・・・?
樹林帯の中が凍っていたので、同じようにアイゼンを装着。

三嶺
(アイゼンのトレースはTさんなのか???)

三嶺
ルートは少しずつきつくなって・・・。

三嶺
山頂付近の稜線をズームアップ。

三嶺
天狗岩が近づいてきた。
ここまで来たら、「もう着いたようなもの」なのだ。
数日前の降雪で2週間前より雪が多くなった。
 
三嶺
岩から上は急登!急登!
3月中旬に、これだけの雪が残ることは「あまりなかった」ような・・・。

三嶺
最後のクサリ場を這い上がって・・・。

三嶺
西の稜線を眺めながら山頂へ。

三嶺
13時47分、三嶺山頂に到着。
カヤハゲでの休憩とアイゼン装着時間を除くと、ちょうど3時間。
締まって固くなった雪は楽だ。
ラッセルを強いられるフカフカ雪だと、同じコースでも5〜6時間かかる。

三嶺
雪がなければ腰上の道標が膝下程度の状態。
風が強くて雪が飛ばされる山頂も50cm程度は積雪があるようだ。
数日前の降雪で三角点まで埋まって見えなくなった。
風が冷たい。
(お昼はカヤハゲ辺りかな・・・)

三嶺
間もなく14時。
もう誰も登って来そうにない。
17時頃までには下山したいので、10分ほどの滞在で下ることにした。

三嶺
お腹は適度に空いていた。
山頂直下の肩まで下ってみると、日当たりがよく風も当らなかったので
お昼をとることにした。

オールフリー
まずは、乾いた喉をオールフリーで潤す。

おすすめ
「お湯を注いで3分」
待つ間におにぎり2つ。

カップヌードル
お気に入りのトムヤンクンヌードル!
レモングラス、ライムリーフなどのハーブ類の爽やかな香りとピリ辛感がいい感じ!
エネルギー346kcal、食塩相当量4.8gと控えめ。

三嶺
天狗岩を通過するまで慎重に!

三嶺
天狗岩の横で危うく滑り落ちそうになった (^^;)
あとは危ないところもないのでスタスタ!

カヤハゲ
帰りのしんどいポイントは、カヤハゲの登り返し。

三嶺
風が穏やかになって、青空が広がり始めた三嶺を振り返る。
とその時、
「おーい!」と、大きな声で呼ぶ声が2回!?
小屋の近くに黒い人影が見えるけど・・・あそこから?
けっこう近く聞こえた。
別に用事じゃないよね?
よく分からんけど、下るでー!

カヤハゲ さおりが原上部
尾根が、標高1410m等高線付近でがなだらかになったら、大胆にショートカットして適当に下る。

さおりが原 さおりが原
麓は暖かく、さおりが原の雪も消えてしまった。

光石登山口
16時11分、1時間45分(昼食・アイゼン取外しを含まない)で無事下山。
後で判明したTさんの行程は、
<光石〜白髪山登山口〜白髪山〜カヤハゲ〜三嶺〜西熊山〜光石>
の周回だった!
それって「20kmあるで〜!」
どうりで途中のカヤハゲからトレースがあったはずだ。
「変態だー!」

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM