JUGEMテーマ:山行記録

絶好の登山日和となったこの日の行き先は、やはり三嶺!
けっして楽とは言えないが、高知県側のルートの中で登頂の可能性が一番高いカヤハゲコースで山頂を目指す。

三嶺
<三嶺>

banner_b.gif

■行先・位置(主なピーク)
カヤハゲ (標高点 [・1720])
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度49分41秒・東経133度59分25秒
三嶺 (二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分22秒、東経133度59分16秒)
■コースタイム
光石登山口 6:43(17分)→ 堂床分岐 7:00(39分)→ さおりが原 7:39/7:48(2時間22分)→ カヤハゲ 10:10/10:17(1時間27分)→ 三嶺 11:44/11:55(18分)→ 三嶺の池 12:13/12:20(1分)→ 三嶺ヒュッテ 12:21/12:23(9分)→ 三嶺直下の岩 12:32(昼食)/13:05(7分)→ 三嶺 13:12/13:14(55分)→ カヤハゲ 14:09/14:15(56分)→ さおりが原 15:11/15:20(26分)→ 堂床分岐 15:46(18分)→ 光石登山口 16:04
【行き 4時間45分 帰り 2時間35分 計 7時間20分(三嶺まで)】
【行き 5時間04分 帰り 2時間51分 計 7時間55分(三嶺ヒュッテまで)】
■コース水平距離 14.0km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
光石登山口からさおりが原、カヤハゲを経て三嶺に登頂し、三嶺の池とヒュッテを周回して往路を下る往復。
【水平距離14.007km、沿面距離14.676km、累積標高差(+)1588m (-)1579m】

光石登山口
6時43分、まだ薄暗い光石登山口を出発。
車は一台もないが、快晴の予報なので何人かは来るだろう。

さおりが原
光石登山口 6:43(56分)→ さおりが原 7:39
人間のトレースは、まったくない。
(ちょっと、雪、多いか?)

さおりが原付近
青空が広がった。
日が当たる所と影との境がどんどん下りてくる。

ケヤキザコ分岐
カヤハゲ経由三嶺とケヤキザコ経由韮生越の分岐(さおりが原との三叉路)。
カヤハゲ方面へ進むと、少し先でカヤハゲ方面とさおりが原分岐(フスベヨリ谷)方面が分岐する。

さおりが原付近
山で見る空は、なぜこんなに青いのだろう。
麓で見るより青が濃いと思う。
今日は、指道標に従わないで、尾根に向かって北向きに直登!

さおりが原付近
どうせ雪があるのなら短く歩いたほうがマシ?
それが、なかなか手ごわかった。
尾根の南斜面は雪が吹き溜まりやすい。

カヤハゲ西尾根
カヤハゲの西尾根に出て東へ。
なるだけエネルギーを使わないようにゆっくり歩く。
ドラえもんの四次元ポケットがあればスノーシューを出したいところだ。

カヤハゲ西尾根 カヤハゲ西尾根
小動物の足跡が点々と。
シカと違って軽いので沈まないらしい。
この日見ただけでも、シカ、ウサギ、ネズミ、リスのほか、肉球が大き目の小動物の足跡が見られた。
なんだろう?イタチ?
麓ではタヌキをよく見かけるが、四国にキツネは少ないらしい。

三嶺
ブナなど、大きい木の樹林帯を抜けた尾根の北斜面。
凍っているのでアイゼンがよく利いた。

カヤハゲ西尾根
カヤハゲ直下までくると、ダケカンバなどの落葉広葉樹が多い。
尾根上でも雪が吹き溜まるので、緩い斜面でも雪庇ができる。

カヤハゲ西尾根
降ったばかりだとラッセルを強いられるので辛いポイントも、少し締まってきたので「マシ」だ。

カヤハゲ西尾根
歩いてきた尾根を振り返ると、綱附森や天狗塚が白く輝いている。

三嶺
10時10分、光石から3時間27分(休憩含む)かけてカヤハゲに到着。
最高の登山日和!

カヤハゲ
カヤハゲ北斜面のシュカブラ(風雪紋)と西熊山。

鳥の足跡 三嶺
スノーシューでスタスタ歩いたような大きな鳥の足跡。
ヤマドリか?
こちらはなかなか進まない。

天狗岩
天狗岩が近づいた。
けっこう雪あるなあ!
日差しを浴びて岩の着雪や樹氷は落ちている。

三嶺 三嶺
岩の間のクサリ場もなかなかの状態!
両手両足を使って這い上がる。

三嶺
山頂直下のクサリ場の急登は、ちょっと「しんどい」ポイント。
一歩進んで二歩下がる感じ。

雪庇
雪庇?

三嶺
間もなく山頂。

三嶺
光石登山口 6:43(5時間01分)→ 三嶺 11:44
やっと着いた!

三嶺
2週間前のフスベヨリ谷コースより17分早かった (^^;)

三嶺
山頂の標高 1893mは、1893.4mのときの数字。
今は 1893.6mなので、1894mということになる。

三嶺
ビューティフォー!
樹高1m程度のコメツツジはほとんど雪に埋まっている。
高知県側からは誰も登ってこない。
徳島県側からは間を置いて4人が登って来た。

三嶺
ズームすると牛ノ背の奧に石鎚山脈の峰々が青く見える。

石鎚山系
石鎚山系を更にズームアップ。
肉眼でも十分に確認可能。

三嶺
北側に(*)祖谷山系の寒峰(1604.8m)、前烏帽子山(1660m)、烏帽子山(1670.2m)、落禿(1683.2m)など。
*クリックすると山名を表示

三嶺
天気がいいので、池の様子を見に行ってみよう。
登山道は雪の下に埋もれているので、稜線の中央から左寄りを下る。
(右は危険)

三嶺
雪に埋もれた池が見えてきた。
ヒュッテの奥に、塔ノ丸(1713.3m)、右に丸笹山(1711.9m)、剣山(1955.0m)、次郎笈(1930.0m)。
透明度100%!

三嶺
雪原の向こうに見えるのは、矢筈山(1848.8m)。

三嶺
大きな窪みが三嶺のビューポイントの一つ、三嶺の池。

三嶺
白と青の世界・・・。

三嶺
三嶺の池を歩けるのは冬だけの楽しみ。
一年中、水を湛える三嶺の池を分厚く覆った氷は、人が歩いたぐらいで割れる心配はない。
跳ねても大丈夫。

三嶺ヒュッテ
入口が半分塞がった三嶺ヒュッテ。
今日は外で食べることにしよう。

三嶺
三嶺の池と三嶺山頂。

三嶺
雪原を反時計回りに周回して稜線に戻る。
いやしの温泉郷から登られたという、土佐市のお二人が下ってくる。

カップヌードル
山頂直下の見晴らしの良い岩の上で、剣山を眺めながらランチタイム。
「贅沢だ−!」

カップヌードル
今週も大好きな カップヌードル カレー。

三嶺 三嶺
零下だけど、風がないと暖かい。
コーヒーもゆっくり飲める。
2週間前とは大違いだ。
吹雪く日は昼でも−10℃を下回る三嶺山頂。
麓との気温差が夏より大きく感じる。

三嶺
昼食を済ませたら、もう一度山頂へ登り返さないと帰れない。

三嶺
シュカブラの山頂。
夏なら、中央付近から南側(左寄り)の斜面に登山道がある。
冬は落ちたらヤバイので、右寄りを直登する。

カヤハゲ
白髪山(中央奧)方面に向かって元来た道を下山。
白髪山まで行くと林道を6kmほど歩くことになる。
カヤハゲ(中央手前)から西へ下る。

三嶺
天狗岩上部のしんどい坂も下りは楽ちん。

三嶺
天狗岩の横をしりセードしたら止まらなくなって、ピッケルで制動。
危なく滑落しそうになった。

三嶺
よく見ると、虹色の粒が輝く雪面。

三嶺
もうすぐカヤハゲの登りにかかる。
枝が低い(地面が高い)。

カヤハゲ
カヤハゲ北側のちょっとしんどい登り。

カヤハゲ
まもなくカヤハゲ山頂という瞬間!
後方から「ゴオーオオオ!」という爆音のような音が!
時々飛来する アメリカ軍のFA18か!?

三嶺
と思って振り向くと雪崩が起こっていた。
けっこう大きな音だったのでビックリ!

カヤハゲ さおりが原付近
カヤハゲの西尾根までは登って来た人がいたみたいだけど・・・。
下った足跡がない。
どこへ行ったのだろう?

シカの食害
根元をシカに囓られたばかりの木(堂床にて)。
数頭のシカが警戒音を発しながら逃げていった。

光石登山口
三嶺 13:14(2時間50分)→ 光石登山口 16:04
すっかり雪の消えた光石登山口の標高は、約910m。
今日も美味しいビールが飲めそうだ。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM