JUGEMテーマ:山行記録

徳島県側で集落が孤立状態になったり、三嶺に登ろうとした登山者が遭難したりと、三嶺周辺の積雪量は多いようだ。
雪の状態が気になりながら、光石からカヤハゲ経由で三嶺を目指した。

三嶺
<カヤハゲから三嶺>

banner_b.gif

■行先(主なピーク)
カヤハゲ (標高点 [・1720])
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度49分41秒・東経133度59分25秒
三嶺 (二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分22秒、東経133度59分16秒)
■コースタイム
光石登山口 7:12(1時間06分)→ さおりが原 8:18/8:25(2時間40分)→ カヤハゲ 11:05/11:12(1時間18分)→ 三嶺 12:30/12:40(48分)→ カヤハゲ 13:28/13:49(50分)→ さおりが原 14:39/14:49(45分)→ 光石登山口 15:34
【行き 5時間04分 帰り 2時間23分 計 7時間27分】
■コース水平距離 14.0km
■天気 晴れのち曇り
■楽しさ ★★★★★(満点)

三嶺マップ 三嶺プロファイル
光石登山口からさおりが原、カヤハゲを経て三嶺までの往復。
【水平距離14.0km、沿面距離15.0km、累積標高差(+)1702m (-)1696m】

光石登山口
<除雪のあと雨も降って雪が少なくなった光石登山口>
光石から三嶺を目指した登山者3人がカヤハゲで登頂を断念、白髪避難小屋で孤立し、19日に救助されたばかりだ。
通信が確保されたのは幸いだったが、一応、遭難ということになるだろう。
雪の様子を見に行ってみたい、ということで、光石へ。
「いやー、けっこう遊びに来ている。」

堂床分岐 小動物足跡
問題はどのコースにするか、だが・・・
この時期、高知県側からの日帰り登頂が目的なら、危険箇所の少ないカヤハゲコースが一番無難な選択だろう。
ただ、早ければ10〜11時頃から雪雲に覆われる予報なのが気になる。
シカの足跡や小動物の足跡、そして単独らしい人の足跡が一つ。

さおりが原
光石登山口 7:12(1時間06分)→ さおりが原 8:18
さおりが原までは積雪量も大したことなく1時間少々で到着。
だが、ここからカヤハゲまでが問題だ。

トチノキ巨木
トチノキの巨木。
見上げる空が青くなってきた。


単独の先行の方は、さおりが原のすぐ先でスノーシューを着けたようだ。
確かに、つぼ足では少々きつくなってきた。


尾根の上部に日が当たり始めて、青空が広がった。
「紺碧」の空だ!(予報よりいいかも・・・)


さおりが原からカヤハゲの西尾根に出るまでに時間を費やした。
もう「だれたー!」
でも「まだまだだー!」

三嶺
カヤハゲ直下まで来ると展望が広がって目の前には三嶺の勇姿が。
けっこう「かっこいい山」だと思う。
この姿は高知県側から登らないと見ることができない。

三嶺
「いいねー。」
「もうしばらく晴れていてくれ!」

西熊山
西から雲が広がってきて天狗塚から西熊山の北側を覆い始めた。
(ほぼ予報どおりの展開だ・・・)
早く登らないと三嶺まで雲の中になってしまう。

西熊山
天狗塚から西熊山、三嶺にかけて雪雲が出たり引っ込んだり。
(寒そうだな・・・)

西熊山
積雪が多そうな西熊山をズームアップ。

カヤハゲ西尾根
カヤハゲ直下のこの付近は雪が多くて、いつも雪庇ができる。

カヤハゲ
もうちょっとでカヤハゲ・・・。

カヤハゲ
「スーパーカンジキ?」を履いた後続の方が追い抜いていった。
「軽いけど、小さいので沈みます。」ということだが、締まった雪だと取り回しが良く使いやすそうだ。

剣山
カヤハゲ直下を南側からを回り込む。
東に剣山(1955.0m)と次郎笈(1930.0m)。
少し北側に丸笹山(1711.9m)と塔丸(1713.3m)。

三嶺
さおりが原 8:25(2時間40分)→ カヤハゲ 11:05
遠かった (^^;)

三嶺
きれいだ・・・

三嶺
さて、ここからが問題だ。
ここを下ると、もう引き返せない。


けっこう深い雪に足を取られる。
(スノーシュー、持ってきて方がよかったな・・・)

三嶺
樹氷と三嶺。

三嶺 ツボ足
雪から足を抜く作業と、無駄な踏ん張り・・・。
腰まで入ると嫌になる。
「だれた−!」
一番先頭のスノーシューの人がスタスタ下っていった。

三嶺
ここまで来たら、もうちょっと。

天狗岩 天狗岩
天狗岩の登りは、手を雪に突き刺しながら四つん這いで。

三嶺
光石登山口 7:12(5時間18分)→ 三嶺 12:30
山頂到着は、休憩込みで光石出発から5時間18分後の12時30分。
無雪期の倍ほどかかっている。

三嶺
予報どおり、次第に雲行きが怪しくなってきた。

三嶺
風が強くて寒い。
-10℃を下回るほどだけど、体感温度はさらに低い。
おなかが減っていても、こんな所で昼食をとっている場合ではない。

白髪山
長居は無用だ。
滞在時間、わずか10分で早々と下山開始。

カヤハゲ
前方にカヤハゲ、右奥にはオレンジ色の太平洋。
カヤハゲの登りがちょっと辛い。

あんパン カップヌードル
カヤハゲでランチタイムにしたのはいいけど、ここも気温-8℃と寒い!
三嶺は雲に覆われてしまった。
今日の一杯は、ベーシックなカップヌードル。
スープがすぐ冷めるので急いで流し込んだ。

光石登山口
三嶺 12:40(2時間54分)→ 光石登山口 15:34
カヤハゲの昼食と、さおりが原のトイレ休憩をのぞくと、2時間23分なので、無雪期とほぼ同じ。
下りは楽だ−!
ところで、風呂に浸かって早く体を融かしたい。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://sanpo.ryousen.jp/trackback/301

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM