JUGEMテーマ:山行記録

二ノ森に登るのは5年ぶり。
石鎚山の西に堂々と聳える二ノ森だが、登山者は意外と少ない。
日帰りとなると、石鎚山方面からも堂ヶ森方面からも「一山越えて」となるので、ほんの少しハードということだろう。

二ノ森
<二ノ森>

banner_b.gif

■行先・位置
堂ヶ森 (標高点 1689.4m)
愛媛県西条市・久万高原町/北緯33度45分22秒・東経133度04分01秒
二ノ森 (二等三角点[三嶺] 1929.6m)
愛媛県西条市・久万高原町/北緯33度45分31秒・東経133度05分38秒
■コースタイム(休憩時間は含まない)
保井野登山口 9:06(1時間02分)→ 空池 10:08/10:14(43分)→ 保井野分岐 10:57/10:58(26分)→ 堂ヶ森分岐 11:24/11:25(2分)→ 堂ヶ森 11:27/11:32(2分)→ 堂ヶ森分岐 11:34(38分)→ 五代の別れ 12:12/12:16(22分)→ 二ノ森 12:38(昼食)/13:34(15分)→ 五代の別れ 13:49/13:52(24分)→ 堂ヶ森避難小屋(愛大小屋)14:16/14:22(12分)→ 堂ヶ森分岐 14:34/14:40(9分)→ 保井野分岐 14:49(35分)→ 空池 15:24(37分)→ 保井野登山口 16:01
【行き 3時間15分 帰り 2時間12分 計 5時間27分】
■コース水平距離 13.6km
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

二ノ森マップ 二ノ森プロファイル
保井野登山口を起点に保井野分岐を経て、まずは堂ヶ森へ。
堂ヶ森から五代の別れを経て二ノ森をピストン。
【水平距離13.618m 沿面距離14.248km】
【累積標高差(+)1705m (-)1706m】

保井野登山口
松山自動車道をいよ小松ICで降りたら、国道11号を松山方面へ進み県道153号落合久万線へ入る。
県道終点の保井野集落から林道?をつめると駐車場のある登山口へ着く。
(南国ICから約2時間の道程)

保井野登山口 青滝山分岐
登山口から20分ほどで青滝山への分岐を右に見送る。

堂ヶ森登山道
シロモジなどを中心とした黄色く色づく樹木が多い。

ユキザサ 落ち葉
ユキザサの果実とウリハダカエデ。

空池
登山口から1時間少々で「空池」に着いた。
空池は堂ヶ森から保井野に下る尾根の途中のなだらかな休憩ポイントだ。

堂ヶ森登山道 堂ヶ森登山道
長く続く急登にハシゴやお助けロープが設置されている。

保井野分岐
保井野分岐に出ると視界が開け、高いと思った青滝山が下に見えた。

堂ヶ森
カーブを東に回り込むと堂ヶ森の反射板が見えてくる。
「まだけっこう遠いな」

堂ヶ森
保井野分岐から30分弱で稜線へ出る。
左(北)に折れると、堂ヶ森山頂はすぐ先。

堂ヶ森
マイクロウェーブ反射板の下ををくぐると堂ヶ森(1689m)山頂だ。
景観には似つかわしくない人工物だが、まだ使っているのだろうか?

堂ヶ森 堂ヶ森三角点
反射するだけなら電力の供給は必要ない。
ちなみに、アマチュア無線の世界では電離層反射はもちろん、山岳反射や水面反射、月面反射なども利用されている。
移動、固定ともここ何年か電波を出していない。

<基準点の概要>
●基準点コード:TR35033500501
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:羅31
●基準点名:堂ケ森
●標高:1689.4m

クラセの頭
堂ヶ森山頂から見る鞍背ノ頭(クラセの頭)と石鎚山、西ノ冠岳。
二ノ森(1929.6m)は、鞍瀬ノ頭(1889m)に重なって見えていない。
「まだまだ遠いな−!」

クラセの頭
ササ原の稜線が気持ちいい。
九州は日中から雨になるという予報だったが、四国も雲が多くなってきた。

堂ヶ森
だらだらと続く五代の別れへの道を歩きながら堂ヶ森を振り返ってみる。

五代の別れ
五代の別れで稜線に出ると、クラセの頭の隣に二ノ森が見えてくる。

二ノ森
もうひと頑張り。

二ノ森
誰もいないだろうと思ったら、石鎚方面から来た1組のカップルが先客。
(石鎚からもいいな・・・)

二ノ森
12時38分、保井野登山口から3時間32分(休憩含む)で二ノ森に到着。

石鎚山
山頂から石鎚山と西ノ冠岳を望む。
相変わらずゴツイ山容が山城のようだ。

オールフリー うどん
一等三角点の石柱は一回りでかいのでテーブルになる。
「日清の京うどん」は、京都清水「七味家本舗」の七味付!
エネルギー:320kcal、食塩相当量:4.6g

二ノ森三角点 ぜんざい
<基準点の概要>
●基準点コード:TR15033501701
●等級種別:一等三角点
●冠字選点番号:館30
●基準点名:面河山
●標高:1929.6m
●電子基準点:取付取り付けられている

五代ヶ森
約1時間のランチタイムで下山開始。
前方に五代ヶ森(*)(1713m)へと稜線が続く。
*三角点は1707.0m

ツルリンドウ
ルビー色のツルリンドウの果実。
美味くねー (>_<)

堂ヶ森避難小屋 堂ヶ森避難小屋トイレ
泊まったことがある愛大小屋に真新しいバイオ式トイレができていた。
小屋の正式な名前は「愛媛大学山岳会 堂ヶ森避難小屋」という。

堂ヶ森登山道
空池まで戻ると、紅葉の中をのんびりと下るだけ。

保井野登山口
16時01分、保井野登山口に帰ってきた。
久しぶりに歩いた二ノ森の累積標高差は約1700m。
けっこう歩き甲斐があったなあ。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM