Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

北アルプス

薬師岳 2014.10.10〜12[1]

JUGEMテーマ:山行記録

どっしりと鎮座する立山連峰の名峰 薬師岳。
もっともポピュラーな折立からのコースを1泊2日で往復してみた。
登山シーズン最後の北アルプスは色々な意味で記憶に残る山旅になった。

薬師岳
<薬師岳>



■行先・位置
薬師岳 (二等三角点 [薬師ケ岳] 2926.0m)
富山県富山市/北緯36度28分08秒・東経137度32分41秒
■コース水平距離 21.4km

薬師岳マップ 薬師岳プロファイル
(全体マップ・プロファイル画像)
(1日目) 折立を起点に太郎平、薬師平を経て薬師岳へ(薬師岳山荘泊)。
(2日目) 薬師岳山荘から往路を下山。
【水平距離21.346km 沿面距離21.945km】
【累積標高差(+)1929m (-)1915m】


■ 10月10日(金) 高知〜名古屋〜富山 ■

体育の日の連休に日本アルプスへ出かけるのは何年ぶりだろう。
雪の便りも届いているが、うまくいけば絶景に出会える可能性もある。
しかし、まさかの2週連続でやって来る台風はどうなるのか?
そもそも、「薬師+黒部五郎」で計画していた山行なのだ。
出発前日は「薬師だけ」に変更しても、おそらく「無理」だと思っていた。
高知は12日から大雨の予報になっていたからだ。
大雨になると、JR土讃線が止まって帰れなくなる可能性が高い。

南風24号
<しまんと6号高松行き・南風24号岡山行き>
夜行バスのチケットは1ヶ月前にネットで購入し自宅プリント。
登山口直行バスのチケットも4週間にネット予約してローソンで購入。
薬師岳山荘(11日宿泊)と太郎平小屋(12日宿泊)は土日なので前もって予約を入れている。
荷物はしておいたので、JRの切符さえ買えば出発できるはずなのだ。

しまんと6号
<南風が満席だったので、しまんとへ移動>
行ける可能性が出てきたのは、当日朝の予報を見てからだ。
「薬師の様子だけ見に行こうか?」
でも、仕事が順調に終わらないと出られない可能性も残っている。
今回ほど、決行の判断に悩んだことはない。

ヱビスビール 白角水割
〔登山口までの経路と時刻〕
土佐山田 17:28(南風24号)→ 岡山 19:41/19:54(のぞみ60号)→ 名古屋 21:31/23:15(北陸ドリーム名古屋1号)→  富山駅前 翌日5:15/6:20(折立直通バス)→ 折立 8:20

のぞみ60号
岡山で [のぞみ60号] へ乗継ぎ。
甲斐駒のときと違うのは、名古屋駅下車(21時31分着)ということだ。

名古屋駅
<名古屋駅バスターミナル>
名古屋駅(新幹線口)バスターミナルを23時15分発の(*)北陸ドリーム名古屋1号(西日本ジェイアールバス)に乗車。
*写真のバスではない


■ 10月11日(土) 薬師岳 ■

登山1日目は、登山口(折立)への直行バスで富山駅前をスタート。
折立で準備を整えたら太郎平、薬師平、薬師岳山荘へ。
山荘からは、非難小屋跡と殉難碑のある小ピークを経て薬師岳をピストンする約9時間の行程。

薬師岳
<薬師岳山頂>

深田久弥はその著書「日本百名山」に、
「ただのっそりと大きいだけではない。
厳とした気品も備えている。」
と書いている。



■行先・位置
薬師岳 (二等三角点 [薬師ケ岳] 2926.0m)
富山県富山市/北緯36度28分08秒・東経137度32分41秒
■コースタイム(*)
折立 8:44(56分)→ 1869.9m三角点 9:40/9:48(46分)→ 五光岩ベンチ 10:34/10:37(27分)→ 太郎平小屋 11:04(昼食)/11:30(13分)→ 薬師峠キャンプ場(・標高点 2294m) 11:43(29分)→ 薬師平 12:12(33分)→ 薬師岳山荘 12:45/12:52(29分)→ 殉難碑 13:21/13:26(11分)→ 薬師岳 13:37/14:35(24分)→ 薬師岳山荘 14:59
【登り 4時間04分 下り 24分 計 4時間28分】
*コースタイムに/のあるポイントでの休憩時間は含まない。
■コース水平距離 12.1km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★☆☆(3点)

薬師岳マップ141011 薬師岳プロファイル141011
折立を起点に太郎平小屋、薬師岳山荘を経て薬師岳へ(薬師岳山荘泊)。
【水平距離12.076km 沿面距離12.437km】
【累積標高差(+)1788m (-)447m】

富山駅
11日午前5時10分、北陸ドリーム名古屋1号は富山駅に着いた。
6時20分の登山口直行バスまで1時間ちょっと余裕がある。

富山駅 朝食
富山駅前のコンビニでサンドイッチとおにぎりを購入して待合室で朝食。

有峰線バス
富山駅から富山地鉄の有峰線 折立登山口直行バスで登山口へ向かう。
なかなか歴史を感じさせるバスだ。
富山地鉄の電車もレトロな車両が多いが、このバスも30年は経過しているのではないだろうか。

有峰線バス 有峰線バス
途中、食事処や直販店がある「立山あるぺん村」で10分ほどトイレ休憩。
コンビニもあるので買い忘れたものがあれば、ここで補給可能。

有峰湖
バスは有峰口(亀谷)から有峰林道(有料)に入る。
くねくねと曲がる林道を進むと、大きな人口湖「有峰湖」が現れる。
バスは有峰湖展望所でしばらく停車。

折立
8時20分、バスは折立の薬師岳登山口(バス停の横)に着いた。
バスはこのまま待機して14:00発(16:00富山着)の帰り便となる。

折立
登山口の反対側(有峰口方向)にトイレと駐車場がある。
体調が悪かったのでトイレに直行 (>_<)

薬師岳登山口
<8時44分 薬師岳登山口>
予定の8時30分を14分オーバーして登山口を出発。

折立
登山口の広場にも無料休憩所(左)とトイレ(右)があって、自動販売機も設置されている。
何人かが準備体操をしたりザックのチェックを行っている。

折立 慰霊碑
広場の奧から登山道に入ると、1963年1月、薬師岳登頂中に三八豪雪の猛吹雪で遭難死した愛知大学生13名の慰霊碑が建っている。
青空なのに心は晴れない。

薬師岳登山道
(*)1869.9m三角点まで2時間のコースタイムとなっているけど・・・
3割引を期待しよう。
*少し古い地図上では1870.6と表記

紅葉
少し急な太郎坂の紅葉はいい感じだ。
足だけは調子が悪くない。

黄葉
ブナの黄葉も美しい。

ゴゼンタチバナ マイヅルソウ
ゴゼンタチバナとマイヅルソウの果実。

1869.9m三角点
<9時40分 1869.9m三角点>
登山口から(*)56分で三角点に着いた。
普通に歩いて5割引きだ!
*昭文社 山と高原地図のコースタイムは2時間00分

<基準点の概要>
●基準点コード:TR35437537901
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:草29
●基準点名:青淵
●標高:1869.9m(標高は最近改正されている 1869.8m → 1869.9m)

薬師岳登山道 登山道薬師岳
木道や石ゴロゴロの登山道の勾配は緩い。

薬師岳
進行方向(写真左から右)の左手に薬師岳と思われるピークが見えてきた。

立山
薬師岳の更に左奥(北)には立山と剱岳、奧大日岳、大日岳が見える。

五光岩ベンチ
<10時34分 五光岩ベンチ>
五光岩ベンチで一休み。

薬師岳
どっしりとした大きな山だ。

五光岩
山と高原地図で確認すると、薬師岳西方の支尾根中腹に飛び出たコブ「五光岩(標高点 ・2233m)」があるのが分かる。

薬師岳登山道 薬師岳登山道
(ここのコースタイムも相当緩い)と思っていると、
途中でお会いした年輩のおじさんがおっしゃるには、
「私でも太郎平まで3時間半ぐらいで登りますからね。」
「かなりゆっくり歩いたタイムでしょう。」
ということだ。

太郎平小屋
<11時04分 太郎平小屋>
五光岩ベンチから27分で太郎平に着いた。
折立登山口からのコースタイム(昭文社 山と高原地図)は5時間だけど、
2時間20分しかかかってない!
「普通に歩いただけなんだけど・・・」

太郎平
太郎平から南東方向に槍ヶ岳や穂高連峰、雲ノ平などを望む。

太郎平
薬師岳は案内板の奥、北東方向に見える。
普段ならビールの1杯や2杯はやっているところだが・・・
なぜか飲みたくならない。

太郎平小屋 太郎ラーメン
食欲はないけど、昼食に「太郎ラーメン」(並)800円を注文。
調子が悪いので、美味いのか美味くないのかよく分からない (*_*)
カレーの方が良かったかな・・・

太郎平
11時30分に太郎平小屋を出発。

薬師峠キャンプ場 薬師岳登山道
<11時43分 薬師峠キャンプ場(・標高点 2294m)>
薬師峠キャンプ場にはテントが数張り。
休み過ぎたのか、乳酸が溜まったのか、ペースが落ちてきた。

チングルマ
チングルマの羽毛が風に吹かれてゆらゆら。

薬師平
<12時12分 薬師平>
薬師平からは、北アルプスのランドマーク、槍ヶ岳がよく見える。

薬師岳登山道
薬師岳の稜線が見えてきた。

薬師岳登山道 薬師岳
尾根まで登ると左端に山頂が見えてくる。
真ん中はケルンのある東南尾根の最高地点で山頂ではない。
そろそろ小屋も見えてくるはず・・・

薬師岳山荘
<12時45分 薬師岳山荘>
太郎平小屋から1時間15分で薬師岳山荘に到着!

薬師岳
とりあえず小屋を通過して山頂を踏んでこよう。
東南尾根の最上部、次薬師に向かってひと登り。

ケルン 薬師岳ケルン
大きなケルンは、登山口の慰霊碑と同様に遭難した大学生13名を慰霊して
「遭難が二度とおこらないよう祈りと願いを込めて」建てられている。

中央カール
東斜面には中央カールと呼ばれる氷河地形が見られる。
「薬師岳の(*)圏谷群」は、国の特別天然記念物に指定されている。
*圏谷(けんこく)とは、氷河の侵食作用によってできたお椀状の谷のことで、ドイツ語でカールと呼ばれる。

薬師岳
山頂は、ケルンの建つピークから北北東に500m。

薬師岳
もうすぐ山頂。

薬師岳
<13時37分 薬師岳山頂>
折立から(*)4時間04分(4時間53分 昼食・休憩含む)で薬師岳に到着!
そんなに頑張らなくてもコースタイムの5割引で登れることが分かった。
*昭文社「山と高原地図」のコースタイムは8時間10分

薬師岳 薬師岳三角点
祠の中には金ぴかの薬師如来が安置されている。
祠の右側には三角点。

<基準点の概要>
基準点コード:TR25437546301
等級種別:二等三角点
冠字選点番号:波11
基準点名:薬師ケ岳
標高:2926.0m

金作谷カール
北薬師岳と金作谷カール、右後方に剱岳(左)と立山(右)。

金作谷カール
右奧には鹿島槍ヶ岳や五龍岳、白馬岳など後立山の峰々も見えている。
(2枚合成)

赤牛岳
東には赤牛岳とその後方に烏帽子岳や野口五郎岳など裏銀座の山々が並ぶ。

槍ヶ岳
南東に水晶岳と鷲羽岳、その後方に槍ヶ岳と穂高連峰。

裏銀座
上の2枚を合成。

薬師岳
<14時35分 薬師岳山頂>
1時間近く滞在した山頂を後に山荘(中央右寄り)まで下る。

槍ヶ岳
前方に槍ヶ岳と穂高連峰の雄姿を見ながら下山。

東南尾根
台風が来なかったら行くはずだった黒部五郎岳(右)。

東南尾根
ハイマツが点在する斜面。

東南尾根
薬師岳山荘付近から見る東南尾根。

薬師岳山荘
薬師岳南西下(2701m)の薬師岳山荘は、の2010年8月に新装されている。
平成26年度の営業期間は、2014年6月28日〜2014年10月12日。
明日までだ。

薬師岳山荘 薬師岳山荘
玄関を入ってフロントで宿泊の受付を済ます。
宿泊料は、1泊2食付きで9,200円。

薬師岳山荘
フロント正面の階段が2階の客室に続いている。
部屋は2つの大部屋と5つの個室。

薬師岳山荘 薬師岳山荘
部屋は「薬師」で、一番奥の窓際に案内してもらった。
寝たままで外の風景が眺められるベストポジションをゲット。

スーパードライ 黒部五郎岳
とりあえず、外に出てドライを1本だけ飲んでみた。
普段なら2〜3本はやるところだが、今日は1本がやっと。

薬師岳山荘
夕食は1回目が17時から、2回目が17時半からになっている。

薬師岳夕食
美味しそうな夕食なのに食欲がわかない。
残すのは嫌いなので、なんとか流し込んで「ごちそうさま」

日没
部屋に帰って横になる。
外に出るのも億劫になって横になったまま外を眺める。
山荘の外で夕日を眺める人が見える。
日が落ちたあとも星を見ている人がいたようだ。
消灯前から寝ているので夜中(0時過ぎ)に目が覚めてしまった (*_*)

⇒ 登山2日目へ

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2014.11.12 Wednesday
  • 06:28

Comment
Send Comment