Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

石鎚山脈

石鎚山 2014.10.4

JUGEMテーマ:山行記録

秋は西日本最高峰の石鎚山がにぎわう。
混雑は避けたいところだが、紅葉シーズンの石鎚ははずせない。

石鎚山
<石鎚山>

■行先・位置
石鎚山 (天狗岳1982・弥山1972m)
愛媛県西条市・久万高原町、北緯33度46分03秒・東経133度06分54秒
■コースタイム
駐車場 8:45(3分)→ 土小屋 8:48/8:51(50分)→ 東稜基部 9:41(26分)→ 二の鎖小屋 10:07(21分)→ 弥山 10:28(参拝)/10:32(9分)→ 天狗岳 10:41(昼食)/12:12(12分)→ 弥山直下 12:24(渋滞待ち)/12:34(1分)→ 弥山 12:35(22分)→ 二の鎖小屋 12:57(21分)→ 東稜基部 13:18/13:20(44分)→ 土小屋 14:04/14:09(2分)→ 駐車場 14:11
【行き 1時間49分 帰り 1時間40分 計 3時間29分(食事・休憩含まない)】
■コース水平距離 10.1km
■天気 曇り(土小屋)/晴れ(山頂)
■楽しさ ★★★★★(満点!)

石鎚山マップ 石鎚山プロファイル
土小屋の駐車場を起点に、東稜基部、二ノ鎖小屋跡を経て弥山、天狗岳を往復するお手軽コース。
【水平距離9.923km 沿面距離10.215km/累積標高差(+)831m (-)792m】
(水平距離10.127km 沿面距離10.462km/累積標高差(+)880m (-)841m)

土小屋
5日の塩の道トレランにエントリーしているが、天気は4日(土)が晴れで台風が接近する5日(日)が雨の予報となっている。
支えがあって2日は遊べないとなると、
「どちらを取るか」だが・・・。
もちろん、晴れの「土曜日でしょう!」
しかし・・・

センブリ
見たことがあるんだけど、この花なんだろう?
最近あまり見かけてなかったセンブリだ!

ツルリンドウ
ツルリンドウの淡い紫の小さな花と赤い果実。

石鎚山
山が近づくにしたがって怪しい天気になった。
登山道はガスに包まれて、小雨もがぱらついて風もあるので肌寒い。
「晴れのはず」じゃなかったのかー!

リンドウ
秋の山を代表する花と言えばリンドウ!

ミソガワソウ ミソガワソウ
これ、ミソガワソウなの?
そうだとすると槍ヶ岳にも咲いている。

土小屋コース
石鎚山へは表参道、裏参道、土小屋の3コースから登ったことがある。
土小屋からの5回は全て「東稜」で普通のコースを歩いたことはなかった。
今回、ササ漕ぎでびしょ濡れ確実の東稜を諦め、初めて普通のコースを歩いてみることにした。

ミヤマノダケ シコクフウロ
花の終わったミキャマノダケとこれから開くシコクフウロ。

二ノ鎖小屋
二ノ鎖小屋の分岐で右下から表参道が合流する。

 階段
工事中の二の鎖小屋と三の鎖小屋を過ぎ、階段を登りきると弥山は目前。

弥山
ガスっていても大勢の登山者でにぎわう弥山。

石鎚神社
まずは、石鎚神社に参拝を済ませてから。

石鎚山
テンション上がらないままだけど、
一応頂上はねー踏んでおかないと。

石鎚山 石鎚山
山頂直下をへっぴり腰で下ってくる登山者。

石鎚山
10時41分、石鎚山山頂に到着!
天狗岳は標高点(1982m)なので三角点などの基準点はない。
石鎚山の三角点は、西ノ冠岳へと続く稜線上(弥山の北西約650m)の小ピークに設置されている。

石鎚山
弥山は混んでいるので天狗岳でランチタイムにしよう!

オールフリー カップヌードル
ド定番の「カップヌードルカレー」
いつでもOKの「美味い!」

石鎚山
「おおっ!」

石鎚山
「おおっー!」
一瞬青空が広がりまた消える。
周りからも歓声が上がる。

石鎚山
何度か繰り返すうち本格的に晴れてきた。
周辺の山も頭だけ出している。
そうか、「雲海の中を歩いてきたのか」なのだ。

石鎚山
ガスが飛び、瀧雲が流れる。
ドラマチックだー!

石鎚山
雲海に浮かぶ弥山はまるで島のよう!
(弥山に少し日が差すと絵になるけどなー)

二ノ森
二ノ森の姿もすっきりと。
いやー、「来てよかった!」

石鎚山
岩にへばりつくコメツツジの紅葉。

石鎚山
北壁眼下の土小屋コース周辺に広がる紅葉の海。

石鎚山
晴れていたら登る予定だった東稜を望む。

石鎚山
弥山の下に工事中の三の鎖小屋と二の鎖小屋が見える。

石鎚山
帰るのが惜しいほどだが下山開始。

二ノ森
ドウダンツツジと二ノ森。

石鎚山弥山
弥山直下のクサリ場は、登りと下りを10人程度で交代。

石鎚山弥山
次々と登ってくる登山者で混雑してきた弥山山頂。

石鎚山天狗岳
弥山から天狗岳。

土小屋コース
二の鎖小屋の分岐で表参道と別れ、北壁の下を土小屋へ向かう。

シコクフウロ 土小屋コース
紅葉とシコクフウロ。
夏から秋へのうつろい。

東稜基部
東稜基部まで戻ると、ガスに包まれてきた。

土小屋
土小屋は雲海の下に潜ったままだ。
青空と紅葉、雲海に滝雲。
登山口の様子からは期待できなかった展開に記憶に残る石鎚山になった。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2014.11.12 Wednesday
  • 02:10

Comment
Send Comment