立秋(8月7日)を過ぎたとはいえ、下界はうだるような暑さ。
日中はまだ残暑が厳しく、1年で最も気温が高くなる時期なのだが、 三嶺の涼やかな風に秋の気配を感じることができる。

P1230797vga.jpg
<三嶺山頂>

banner_b.gif

■行先・位置
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.4m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
西熊山 (三等三角点 [西熊山] 1815.9m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
■コースタイム
光石登山口 7:52(33分)→ 八丁 8:25/8:29(9分)→ 吊橋 8:38(17分)→ 第1渡渉点 8:55(13分)→ 第2渡渉点 9:08(4分)→ 第3渡渉点 9:12(29分)→ 休憩 9:41(写真撮影)/9:49(50分)→ 三嶺 10:39(昼食)/11:27(29分)→ 大タオ 11:56(21分)→ 西熊山 12:17/12:20(15分)→ お亀岩 12:35(写真)/12:40(2分)→ お亀岩避難小屋 12:42/12:44(36分)→ 渡渉点 13:20(16分) → 八丁 13:36(22分)→ 光石登山口 13:58
【行き 2時間35分/標準コースタイム 3時間40分(昭文社 山と高原地図)】
【帰り 2時間21分/標準コースタイム 3時間50分(昭文社 山と高原地図)】
*コースタイム、標準コースタイム(夏山晴天時)ともに休憩時間は含まない
■コース水平距離 15.1km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

130810_sanrei.jpg 130810_sanrei_v.jpg
登山口に着くまで、どのコースにするか迷っていた。
今回は、2004年の崩壊までメインコースだったフスベヨリ谷を選択。
もしかすると、キレンゲショウマが咲いているかも・・・。
【水平距離15.12?、沿面距離15.61km、累積標高差(+)1437m (-)1390m】

P1230697vga.jpg
前日の夕景は、今日の晴天を保証するするようにきれいだった。

P1230699vga.jpg
すでに数台の車が駐車する光石登山口を出発したのは7時52分。

P1230701vga.jpg
堂床の1つ目の橋(長笹谷の合流付近)が架け替えられていた!
数年前の大雨で流されてから仮設の橋ができて、その仮設の橋も流されて下のように河床近くに渡してあるだけになっていた。

P1230702vga.jpg P1230703vga.jpg
チチタケ(乳茸)は、ベニタケ科チチタケ属のキノコで夏から秋にシイやコナラなどブナ科の広葉樹林の地上に発生する。
傷をつけると白色の乳液を分泌することからチチタケと呼ばれる。
地域によっては見向きもされないが、栃木県では高級キノコとされている。
タケニグサ(竹似草)は、ケシ科タケニグサ属の多年草で日当たりのよい草原や崩壊地などに普通に生える雑草で写真に収めたいような植物ではない。
アルカロイドを含み有毒なのでシカも食べない。

P1230705vga.jpg P1230706vga.jpg
P1230707vga.jpg P1230710vga.jpg
マルミノヤマゴボウとの初めての出会いか!
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)は、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草で本州(関東以西)・四国・九州に分布山地の木陰などに生える。
果実期は萼も赤くなって黒紫色の実とともに赤い棒状の花序がよく目立つ。
大星山や高板山の林道沿いで見た白い花序の植物は「これか!」なのだ。
*高知県レッドリスト 準絶滅危惧(NT)

P1230714vga.jpg P1230715vga.jpg
八丁ヒュッテで一休み。 天狗塚に登るという単独の方と左右に別れ、こちらも単独でフスベヨリ谷へ。

P1230717vga.jpg
増水していないときは右へ、増水時は左上(左奥のテープ)へ。

P1230720vga.jpg P1230721vga.jpg
八丁から10分ほどで吊橋を左岸へ。

P1230727vga.jpg
第1渡渉点を右岸(左)へ。 8月に入って雨が少ないので楽に渡ることができる。

P1230733vga.jpg P1230731vga.jpg
ヌスビト岩(写真左)付近へ来ると、三嶺の山頂部分が見えてくる。

P1230734vga.jpg P1230739vga.jpg
ヌスビト岩付近の登山道は、崩れているので倒木だらけの河床を少し歩いて、左から合流するヌスビト沢の丸太橋を渡る。

P1230740vga.jpg
第2渡渉点を左岸(右)へ。

P1230743vga.jpg
「さおりが原分岐」前の第3渡渉点で再び右岸へ。

P1230744vga.jpg P1230745vga.jpg
渡渉したら、右岸上部の登山道へ。

P1230746vga.jpg
崩壊地は、右岸をずっと登って樹林帯の手前で谷を渡る。

P1230756vga.jpg P1230755vga.jpg
お目当てのキレンゲショウマがソバナと一緒に咲いていた。
キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)は、ユキノシタ科キレンゲショウマ属の多年草で本州(紀伊半島)・四国・九州に分布、深山の湿った岩上や岩礫地に生える。
環境省レッドデータ絶滅危惧II類(VU)に指定される。

P1230764vga.jpg
青ザレまで来たらもうちょっとだ。

P1230770vga.jpg P1230773vga.jpg
水場近くの防護ネットは、ロープをほどいて通過する。
ネットの付近でシカも食べないシコクブシ(トリカブト)が咲き始めていた。

P1230778vga.jpg
フスベヨリ谷のコースはじわじわときつくなる (^_^;)

P1230776vga.jpg P1230781vga.jpg
タカネオトギリやシコクフウロなど夏の花は、もうそろそろ咲き納め。

P1230789vga.jpg
10時39分、光石から 2時間47分(休憩含む)で山頂にとうちゃ〜く!

P1230787vga.jpg
ちょっと早いけどランチにしよう!

P1230807vga.jpg P1230810vga.jpg
今日の一杯は、日清 「カップヌードル レッドシーフードヌードル」 NEW!
「テレビCM「SURVIVE!」シリーズと連動した企画商品の第1弾。シーフードの風味を残しつつ、赤唐辛子、黒胡椒、キムチで後引く辛さに仕上げました。」
ということだが、シーフードはノーマル味の方がいいような気が・・・ (^^;)
エネルギー:336kcal、食塩相当量:5.1g

P1230821vga.jpg P1230825vga.jpg
帰りはもちろん、お亀岩までの縦走路にしよう!
山頂の気温は25℃、食事前より少し高くなったが麓から比べると・・・。

P1230828vga.jpg P1230834vga.jpg
ツリガネニンジン(釣鐘人参)は、キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草で変種が多いとされ、三嶺など亜高山に咲くものは低地のものより小型。
青ザレ上部の登山道はササに覆われている。

P1230839vga.jpg
大タオの鞍部まで下って西熊山へ登り返す。

P1230851-52(38)p.jpg
西熊山山頂の少し手前で三嶺を振り返って(2枚合成)。

P1230856vga.jpg P1230854vga.jpg
三嶺から西熊山まで50分、峠の上に天狗塚が頭を少し覗かせる。

P1230855vga.jpg
お亀岩に下る前に、もう一度三嶺を!

P1230870vga.jpg P1230871vga.jpg
お亀岩の上は小さなお花畑になっているので上がってみよう。

P1230875vga.jpg
お亀岩の上でセルフタイマー (^^;)

P1230879vga.jpg P1230881vga.jpg
お亀岩避難小屋からカンカケ谷コースを八丁へ下る。

P1230885vga.jpg P1230886vga.jpg
トンビマイタケ? ミヤマトンビマイタケ? オオミヤマトンビマイタケ?
若いうちは食べられないことはないらしいが・・・ (-_-)

P1230895vga.jpg
食害防護ネットの中は、草が青々と生えている。

P1230892vga.jpg P1230891vga.jpg
ツチカブリ(土被り)は、ベニタケ科チチタケ属のキノコで夏から秋にかけ、広葉樹または針葉樹との混交林内の地上に発生する。
カサの直径は10cm程度で白色〜クリーム色、ヒダは密に並んでいる。
真ん中が窪んだ饅頭型から少しずつカサが開いて漏斗型になる。
センチコガネが隣のツチカブリを一生懸命に食べていた (・・?)

P1230897vga.jpg P1230898vga.jpg
ヤマシャクヤク(山芍薬)は、秋に実が熟すると莢が裂けて、中から結実した黒い種子と結実しない赤い種子とが現れる。

P1230899vga.jpg
渡渉点を右岸へ渡ると八丁は近い。

P1230902vga.jpg P1230907vga.jpg
ツチアケビ(土木通)は、ラン科ツチアケビ属の腐生植物で葉緑素をもたずナラタケと共生するらしいのだが、付近にナラタケの姿は見えない。
別名をヤマノカミノシャクジョウといい、秋に果実が成熟すると、赤いソーセージをぶら下げたようになって目立つようになる。

P1230914vga.jpg
八丁まで下ったら帰り着いたようなものだ。 往路に利用したフスベヨリコースを合わせて堂床へ。

P1230918vga.jpg P1230921vga.jpg
イワタバコ(岩煙草)は、イワタバコ科イワタバコ属の多年草で本州・四国・九州・南西諸島に分布し、谷間の湿った崖や水の滴る岩壁に着生する。
特に珍しい花ではなく、道路のブロックに群生していることもある。
紫色の星のような花は好きだけど、匂いはあまり好きでない。
キツネノカミソリ(狐の剃刀)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で本州・四国・九州に分布し、林縁や明るい落葉広葉樹林に自生する。
ヒガンバナと同様、花が咲くときには葉がない。

P1230923vga.jpg
13時58分、三嶺から2時間31分(休憩含む)で無事下山!
天狗塚に行った単独の方の車はまだあるようだ。
さっさと帰って一風呂浴びたらビールにしよう!

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
にほんブログ村  にほんブログ村  にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM