ゴールデンウィーク後半は、最終日にやっと山に行く時間を確保した。
とはいえ、所要のため出発が送れ、登山開始が11時を回ってしまったので急ぎ足の軽いトレランとなった。

P1200475vga.jpg
<ヤマシャクヤク>

banner_b.gif

■行先・位置
西熊山(三等三角点[西熊山] 1815.9m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点[三嶺] 1893.4m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■コースタイム
光石登山口 11:06(24分)→ 八丁ヒュッテ 11:30(15分)→ 渡渉点 11:45(45分)→ おかめ岩避難小屋 12:30/12:33(14分)→ 西熊山 12:47(12分)→ 大タオ 12:59(26分)→ 三嶺 13:25/13:30(23分)→ カヤハゲ 13:53(29分)→ さおりが原 14:22(26分)→ 光石登山口 14:48
<行き 2時間16分 帰り 1時間18分 計 3時間34分>
■コース水平距離 14.7km
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

130506_sanrei.jpg 130506_sanrei_v.jpg
出発が遅くなったので最短コースの白髪山ピストンにしようかとも考えたが、ヤマシャクヤクが咲いているかも、という期待と走って気持ちよいのは「西熊山から三嶺への稜線」ということでカンカケコースにした。
三嶺ヒュッテに寄らなかったので水平距離は14.7km。
【水平距離14.710km 沿面距離15.232km】
【累積標高差(+)1495m (-)1446m】

P1200427vga.jpg
前日(5月5日)は、満車だったという光石登山口も連休最終日の車は少なめ。

P1200428vga.jpg P1200429vga.jpg
ユキモチソウ(雪餅草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で本州・四国に分布、白い餅のような仏炎苞(ぶつえんほう)が特徴。
四国ではよく見かけるが、環境省絶滅危惧II類(VU)に指定されている。

P1200430vga.jpg P1200431vga.jpg
堂床では堂床谷、フスベヨリ谷、長笹谷の3つの谷が合流していて、長笹谷の仮設橋とフスベヨリ谷の吊橋を渡る。
ミヤマハコベ(深山繁縷)は、ナデシコ科ハコベ属の多年草で北海道(西南部)・本州・四国・九州の山地の沢沿いなどやや湿り気のある場所に生える。
5枚の花片は深く切れ込んでいるので 10枚に見える。

P1200442vga.jpg
パワーがないので坂道はほとんど走れない。
セルフタイマーにも時間を食う。

P1200443vga.jpg P1200449vga.jpg
フスベヨリ谷コースとカンカケ谷コースの分岐点、八丁ヒュッテを24分で通過。
頑張りすぎるとバテるのでゆっくり。
サイコクサバノオ(西国鯖の尾)はキンポウゲ科シロカネソウ属の多年草で本州(近畿以西)・四国に分布する。
湿り気のある沢沿いなどで見かけることが多い。
サバノオの由来はY字型に開いた果実が鯖の尾に似ているからで、仲間にサンインシロガネソウ、トウゴクサバノオなどがある。

P1200450vga.jpg P1200453vga.jpg
ユリワサビ(百合山葵)は、アブラナ科ワサビ属の多年草で山地の沢や渓流沿いの湿った礫地に自生する。
名前の由来はワサビに似た味がして根茎がユリの球根に似ているから。
カンカケ谷・フスベヨリ谷中流域でよく見かける。
八丁ヒュッテから15分で渡渉点を通過。

P1200466vga.jpg P1200463vga.jpg
今日、見たかったのはこれ。
まだまだ蕾が多かったので、探し回って開いている株を2本見つけた。
ヤマシャクヤク(山芍薬)はボタン科ボタン属の多年草で本州・四国・九州の広葉樹林の斜面や谷の近くなどに分布する。

P1200472vga.jpg
白い清楚な花が美しいが、減少傾向のようで環境省レッドデータブックの絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
花期は5月で三嶺山頂直下の開花は6月になる。

P1200477vga.jpg P1200481vga.jpg
トサノ?ミツバツツジも咲き始めた。
シロバナネコノメ(白花猫の目)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草で本州(近畿・中国)・四国・九州の山地に分布する。
ネコノメソウの仲間ではもっとも目立ち、少し毛深い。
よく似たハナネコノメは四国にはないので白いネコノメはこれだけ。

P1200485vga.jpg P1200491vga.jpg
伊吹山でも見かけたヤマエンゴサク(山延胡索)は、ケマンソウ科キケマン属の多年草で本州・四国・九州に分布する。
山野の半日陰になる林縁部に生えるスプリング・エフェメラルで、青色のものも見かける。
タチツボスミレは、この時期どこにでも咲いている。

P1200492vga.jpg P1200496vga.jpg
お亀岩避難小屋に寄り道してノートをチェック。
避難小屋といっても三嶺ヒュッテより、水場とトイレが近くて使い心地は良い。
小屋から西熊山山頂まで14分で到着。

P1200499vga.jpg
ちょっと霞んでいるな。

P1200505vga.jpg P1200507vga.jpg
セルフタイマーのタイミングがなかなか合わない。 時間のロスやね〜。

P1200504vga.jpg
トレイルを踏み外さないように。
(こんなところでいいかな)

P1200511vga.jpg
大タオ付近からの三嶺は好きやね。

P1200513vga.jpg P1200516vga.jpg
ショウジョウバカマ(猩々袴)は、ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草。
四国では笹原のある登山道脇などでよく見かける。

P1200521vga.jpg
光石登山口から2時間19分(寄り道・休憩含む)で山頂到着。

P1200527-28(35)p.jpg
ちょっと調子が悪く、三嶺からカヤハゲの23分はかかりすぎ。
カヤハゲからの三嶺(2枚合成)。

P1200533vga.jpg P1200535vga.jpg
カヤハゲから29分、三嶺から52分でさおりが原に到着。
バイケイソウが青々と繁茂している。

P1200536vga.jpg
三嶺山頂から1時間18分で光石登山口に下山。
睡眠不足と軽い脱水で帰りはペースが悪かった。
汗かきなので、そろそろ飲物 1リットルではちょっと足らんかな。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
にほんブログ村  にほんブログ村  にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM