CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
Counter
ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -
Banner
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
山歩きとともに見たり聞いたり感じたことを。
<< 大ボシ山(大星山) 2012.6.9 | main | 安神山(あんじんさん)・鷲ヶ頭山(わしがとうさん)2012.6.17 >>
三嶺 2012.6.10
0
    今日はどこへ行こうか?と悩んだときは、やはり三嶺!
    梅雨に入ってぐずつき気味の空模様が続くけど、さわやかな青空に得した気分。

    IMGP0445vga.jpg
    <青ザレ付近からの三嶺>

    banner_b.gif

    ■行先・位置
    西熊山(三等三角点[西熊山] 1815.9m)
    高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
    三嶺(二等三角点[三嶺] 1893.4m)
    高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
    ■コースタイム
    光石登山口 7:24(42分)→ 八丁ヒュッテ 8:06/8:15(24分)→ 渡渉点 8:39(1時間14分)→ おかめ岩避難小屋 9:53/10:11(3分)→ お亀岩 10:14(20分)→ 西熊山 10:34/10:44(15分)→ 大タオ 10:59(41分)→ 三嶺 11:40/11:46(11分)→ 三嶺ヒュッテ 11:57(昼食)/12:54(20分)→ 三嶺 13:14/13:20(47分)→ カヤハゲ 14:07/14:15(40分)→ 分岐 14:55(33分)→ さおりが原分岐 15:28(47分)→ 八丁ヒュッテ 16:15/16:17(25分)→ 光石登山口 16:42
    【三嶺ヒュッテまで 行き 3時間50分 帰り 3時間32分 計 7時間22分】
    ■コース水平距離 18.9km
    ■天気 晴れ
    ■楽しさ ★★★★★(満点!)

    120610_sanrei.jpg 120610_sanrei_v.jpg
    今回のルートは、光石登山口 → 八丁 → お亀岩 → 西熊山 → 三嶺 → 三嶺ヒュッテ → 三嶺 → カヤハゲ → さおりが原分岐 → 八丁 → 光石登山口の周回で約19km。
    タイムは、写真撮影の時間が多いので標準コースタイムに近いと思う。
    累積標高差は未計算だが、1400〜1500m程度あるのではないだろうか。
    時間があるときに計算してみよう(いつのことか・・・)。

    P1100848vga.jpg
    さて、今日はどのルートにしようかな・・・。
    (登山口に着くまで決まっていないことが多い)

    P1100858vga.jpg P1100867vga.jpg
    たぶん初めて見た、ちょっとグロテスクなこのキノコ。
    フデリンドウには種ができていた(ともに堂床付近にて)。

    P1100851vga.jpg P1100873vga.jpg P1100872vga.jpg
    ヒトリシズカ、フタリシズカ、サンニンシズカ・・・。
    なんちゃって (^^;)
    これは全部「フタリシズカ」。
    ヒトリシズカの花は糸状で葉に光沢がある。
    石立山でよく見かける。

    P1100852vga.jpg P1100881vga.jpg
    シコクテンナンショウ(四国天南星)とアオテンナンショウ(青天南星)。
    ともにサトイモ科テンナンショウ属の多年草で山地の林床、渓谷に生育する。
    シコクテンナンショウの花(仏縁苞)は黒紫色で筒部に白い条がはいる。
    環境省レッドデータブック絶滅危惧IB類(EN)。
    アオテンナンショウの仏炎苞は淡い緑色で先端が細長く垂れる。

    P1100887vga.jpg
    八丁ヒュッテで一休み。

    P1100888vga.jpg P1100890vga.jpg
    「クヌギタケのこども・・・?」   「ワッ!」

    P1100892vga.jpg
    カンカケ谷の痩せた登山道が整備され、嫌な岩の「出っ張り」もなくなっていた。

    P1100914vga.jpg
    渡渉点も石が敷かれて歩きやすくなっていた。

    P1100917vga.jpg P1100920vga.jpg
    (そのもの 青き衣を纏いて 金色の野に・・・・・・。)
    オウムの抜け殻??

    P1100931vga.jpg P1100933vga.jpg
    日差しは日に日にきつくなるものの、森の中には優しい陽が注ぐ。
    カツラの巨木も若葉が青々と。

    P1100925vga.jpg P1100942vga.jpg
    頭を持ち上げつつあるギンリョウソウ。
    オククルマムグラ(奥車葎)は、アカネ科ヤエムグラ属の多年草で山地の林下に生える。
    白い花片が4枚、先が短く尖った葉が6枚ある。

    P1100946vga.jpg P1100944vga.jpg
    キシメジ科クヌギタケ属のクヌギタケは、夏から秋にかけて、広葉樹の倒木上などに生えるのをよく見かける。
    あまり美味しくはないらしい。
    タゴガエル(田子蛙)は、本州・四国・九州の主に山地に生息する。
    小さな沢の石の隙間で「グッグッ・・・」と鳴く声をよく耳にするが姿はあまり見かけない。

    P1100963vga.jpg P1100959vga.jpg
    ウマノアシガタ(馬の足形)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で日当たりの良い山野に生える。
    お亀岩周辺と三嶺直下の鎖場付近に多い。
    別名のキンポウゲ(金鳳花)は、右のような八重咲きのものに付けられた名前。

    P1100964vga.jpg
    リゾート地のペンション?は大げさかもしれない。
    でも、いい感じのおかめ小屋。

    P1100975vga.jpg P1100976vga.jpg
    小屋の中をのぞいて行こう。

    P1100966xga.jpg
    すばらしいイラストマップ(原稿が手書き)!
    絵も説明分も上手い。
    三嶺を愛する気持ちが伝わってくる (^_^)

    P1100991vga.jpg
    お亀岩で稜線に出て西熊山へ向かう。
    三嶺の付属山みたいだけど、どっしりとした西熊も「えい」のよ。

    IMGP0418vga.jpg IMGP0412vga.jpg
    三等三角点の山頂から登ってきたカンカケ谷を俯瞰する。
    緑の森が美しい。
    西には地蔵ノ頭、天狗塚、牛ノ背。

    IMGP0415vga.jpg
    西熊山から見ると、ピラミダルな山頂部を持つ三嶺。

    IMGP0425vga.jpg
    オオタオ付近からの三嶺も Good !

    IMGP0431-0432p.jpg
    オオタオから西熊山を振り返る(2枚合成)。

    IMGP8052.jpg
    青ザレ付近からの三嶺、水場付近と天狗岩周辺にツツジが咲いている。

    IMGP0446vga.jpg P1110016vga.jpg
    青ザレを過ぎ、フスベヨリ谷ルートを合わせると山頂までもう一息。
    光石から、ゆっくり歩いて4時間16分(休憩含む)で山頂到着。

    IMGP0449vga.jpg
    歩いてきた西熊山の稜線と天狗塚・牛ノ背を望む。
    「いいね!」

    IMGP0452vga.jpg
    山頂から東には、左から塔丸・丸笹山・剣山・次郎笈。

    IMGP0453vga.jpg IMGP0455vga.jpg
    三嶺ヒュッテに寄ってランチにしよう!

    P1110023vga.jpg P1110027vga.jpg
    明星「チョッパヤ 超バリカタ麺&ピリ辛高菜豚骨」
    「とんこつに合う硬さの超バリカタ麺に、豚骨のコクがありながらも後味の良いスープを合わせ、しゃきしゃきのキャベツや辛子高菜などのかやくを組み合わせました。」
    ということで辛子高菜は好み。
    速いのもいい。
    ビッグサイズにかかわらずエネルギーは意外と低めの311kcal、でも食塩相当量は7.6gと結構多いので汗をかいた後だけにしておこう。

    P1110035vga.jpg
    賑わう三嶺ヒュッテでランチを楽しんだら再び山頂へ向かう。
    「わいわい、がやがや。」楽しそうに団体さんが登ってきた。
    どこから来たのか、数えていたら20人を超えて、まだ続く。
    名頃からのルートは、三嶺の全容を見ることなく山頂に出てしまうところが、ちょっと 「残念・・・」。

    IMGP8076.jpg
    山頂までゆっくりと登り返す。

    P1110049vga.jpg P1110050vga.jpg
    山頂でも登山者たちが弁当を広げてランチを楽しんでいる。
    カメノコテントウは、よく見かけるナナホシテントウより一回り大きい。
    高い所が好きなのか、昨年は白山で見かけた。

    P1110051vga.jpg P1110052vga.jpg
    山頂直下には、シコクハタザオとウマノアシガタの小さなお花畑。

    P1110045vga.jpg P1110063vga.jpg
    マイヅルソウ(舞鶴草)は、ユリ科マイヅルソウ属の多年草。
    北海道〜九州の山地帯上部から亜高山帯に分布する。
    本州では高山で、北海道では低地でも見られるという。
    秋に赤く透き通るような実を付ける。
    ツマトリソウ(褄取草)は、サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草で北海道・本州・四国の亜高山帯に分布する。
    和名の由来は、花片の先端がまれに赤くなり、褄取っているように見えるから。
    この個体は花片が6枚で、うち3枚が少し割れている。

    P1110081vga.jpg
    ツマトリソウの花片の数は7枚が多く、雄しべの数は花片の数と一致する。
    左の個体がわずかに褄取っている。

    IMGP8100.jpg
    天狗岩に寄っていこう。
    寄り道・道草が多い ^_^;

    P1110068vga.jpg P1110073vga.jpg
    新緑にツツジが色を添える。

    P1110078vga.jpg
    天狗岩直下から天狗岩と山頂部分を仰ぎ見る。

    P1110085vga.jpg P1110087vga.jpg
    カヤハゲで一休みしらた尾根ルートをさおりが原方面へと下る。

    P1110088vga.jpg IMGP8128.jpg
    この分岐を左へとると、トチノキの巨木を経て20分でさおりが原へと下る。
    遠回りだけど、右のトラバースでフスベヨリ谷へ出てみよう。

    P1110096vga.jpg
    フスベヨリ谷第3徒渉点近くの「さおりが原分岐」に出た。

    P1110102vga.jpg P1110106vga.jpg
    苔むした岩に咲くのはタニギキョウ。
    沢沿いに落ちているのはトチノキの花で白に濃いピンクが目立つ。

    P1110104vga.jpg
    歩きやすきなったフスベヨリ谷の登山道に木漏れ日が差す。

    P1110109vga.jpg P1110111vga.jpg
    吊り橋を渡ると八丁は近い。

    P1110112vga.jpg
    歩いた距離は約19km。
    天気も良く充足感のある山歩きで「もうけた」気分。
    撮影枚数は約300枚。
    フィルム交換のないデジカメは撮りすぎるのが難点。
    宿題がたくさんできてしまった (>_<)

    ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    三嶺さんぽくらぶ


    arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
    にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

      
    - The counter was installed from August 24, 2012. -
    | 三嶺 | 23:07 | comments(0) | - |