CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
Counter
ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -
Banner
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
山歩きとともに見たり聞いたり感じたことを。
<< 奥工石山 2012.5.19 | main | 石立山 2012.6.2 >>
高板山 2012.5.27
0

    JUGEMテーマ:山行記録

     

    この季節、一時的に賑わいをみせる高板山へ、シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の様子を見に行ってみた。

    IMGP0309vga.jpg
    <四国王目岩>

    banner_b.gif

    ■行先 高板山(三等三角点 [四国石] 1427.1m)
    ■位置 高知県香美市/北緯33度45分58秒・東経133度52分02秒
    ■コースタイム
    三叉路登山口 10:54(25分)→ ゲート 11:19(9分)→ 林道終点 11:28(36分)→ 不動恵童子 12:04/12:16(7分)→ 四国王目岩 12:23/12:38(9分)→ 高板山 12:47(昼食)/13:57(29分)→ 二の杜 14:26/14:31(4分)→ 三の杜 14:35(16分)→ 尾根分岐 14:51(9分)→ 三叉路登山口 15:00
    【行き 1時間26分 帰り 58分 計 2時間24分】
    ■コース水平距離 4.2km(周回)
    ■天気 晴れ時々曇り
    ■楽しさ ★★★★★(満点!)

    120527_konoitayama.jpg 120527_konoitayama_v.jpg
    三叉路登山口(駐車場)から東へ約1.8kmの林道終点から「表参道」を登り、三叉路登山口へ帰る周回コース。
    四国岩などの祠や石像を全て見て歩くには、尾根通しの修験ルートでクライミング的要素が高くなるので、通常は巻き道をとる。
    山頂より二の杜が10m程高い。
    【水平距離 4.207km 沿面距離 4.486km/累積標高差(+) 491m (-) 484m】

    P1100307vga.jpg
    大栃のふれあいプラザ駐車場は、三嶺方面、石立山方面の分岐に位置し、トイレもあるので登山者の入山前後の休憩場所・集合場所として利用される。
    10時00分の、のんびりスタート。

    IMGP0284vga.jpg
    <大栃からドームのような二の杜(中央奥)と高板山(右隣)>

    香美市物部町大栃から登山口まで、片道約15km・50分。
    県道217号久保大宮線の韮生川橋を右岸に渡って突き当たりを右折。
    林道は途中から未舗装となるが、木材搬出に利用されているので路面は比較的良好。
    とは言え、水切りの凸凹が多数あるので乗り越えるときはゆっくりと。
    オフロード車がおすすめ。

    P1100313vga.jpg
    大豊町西峯へ抜ける「峰越林道」との三叉路に駐車場がある。
    登山口から先の峰越林道は荒れているので乗入れないほうが無難。

    P1100315vga.jpg P1100323vga.jpg
    案内板には「高板山登山口」と記されており、ここから登ることも、もちろん可能だが、周回するなら先に林道を歩いて「表参道」を登る方がおすすめ。
    表参道は麓の「神池」から続いており、四国岩 → 山頂 → 二の杜 とたどった方が勾配的にも良いし、修験の山の趣も感じられる。

    P1100328vga.jpg P1100335vga.jpg
    カタバミ(片喰、酢漿)は、カタバミ科カタバミ属の多年草。日本全土いたる所に生えるが、どちらかというと、ムラサキカタバミの方をよく目にするように思う。
    ジシバリ(地縛り)は、キク科ニガナ属の多年草で、日本全土の畑や田の畦、高い山にまで生える。全く珍しくないがきれいだったので撮ってみた。

    IMGP0288vga.jpg
    三叉路登山口から東へ約 1.5kmでスイッチバックのような分岐があるので、ゲートのある方へ進む。
    ゲートから約 0.3kmの林道終点から登山道へ入る。

    P1100340vga.jpg P1100354vga.jpg
    よく似ているミヤマハコベとミミナグサ。 ミヤマハコベ(深山繁縷)は、ナデシコ科ハコベ属の多年草で、山地の沢沿いなど湿ったところで普通に見かける。5枚の花弁は10に見える。
    ミミナグサ(耳菜草)は、ナデシコ科ミミナグサ属の多年草。日本全土に分布し、若葉は食用になる。帰化植物のオランダミミナグサとの違いは花柄の長さ。

    P1100359vga.jpg P1100362vga.jpg
    タニギキョウ(谷桔梗)は、キキョウ科タニギキョウ属の多年草で、谷筋などの湿り気の多い山林に生えることが多い。

    P1100366vga.jpg
    登山道に入ると緑のシャワーが降り注ぐ。

    P1100371vga.jpg P1100391vga.jpg
    森に入ると木陰にニリンソウが咲いていた。 ニリンソウ(二輪草)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、北海道〜九州に分布する「スプリング・エフェメラル」のひとつ。
    名前の由来は「 1本の茎に 2つの花が咲く」からだけど、順番がずれるので1つのことが多い。
    葉は山野草として食用になるが、よく似るトリカブトが近くに生えていることが多いので要注意!

    P1100392vga.jpg
    祠のある岩を左に見送ると、広い鞍部に出る。
    鳥のさえずりが聞こえる鞍部では、岩に腰掛けてお弁当を広げている人もいた。

    P1100398vga.jpg P1100403vga.jpg
    鞍部から岩尾根に取り付く。お助けロープは使わなくても大丈夫。
    おじさんグループが逆周りで下ってくる。
    狭い岩の割れ目を抜けて行く(関取は通れないかも)。

    IMGP7768.jpg P1100410vga.jpg
    直登ルートにあるこの岩は、基部に鎖がついている。
    ただし、スタンスが取りづらいうえ、木々にさえぎられて登りにくいので、ここは素直に巻いて登った。
    荷物を軽くしてクライミングシューズでチャレンジしたい。
    岩の上には「不動恵童子」と刻まれた石と竜の石像が鎮座する。
    コースを逸れて寄り道してみよう。

    IMGP0299vga.jpg
    岩の上から北東に見えるのは、土佐矢筈山、綱附森、天狗塚、三嶺、白髪山、石立山など、阿土国境付近に位置する山々。

    IMGP0301vga.jpg
    南に目を移して新緑がまぶしいばかりの森を俯瞰する。
    尾根は蛇行しながら南下し参道起点の「神池」へと続く。
    上の方から楽しそうな声が聞こえてきた!

    P1100413vga.jpg P1100416vga.jpg
    お助けロープのある岩場を直登すると(巻き道あり)、山ガールファッションの賑やかな「山おばさん」たちが、申し訳程度に咲くシロヤシオの写真を撮っていた。

    P1100417vga.jpg P1100420vga.jpg
    祠の先で岩の北を巻いているとクワガタ発見!
    コクワガタ(小鍬形)は、クワガタムシ科オオクワガタ属コクワガタ亜属のクワガタムシで、人工林が増え、見る機会が減ったものの、クワガタの中では一番よく見かける。

    P1100424vga.jpg P1100425vga.jpg
    有名な「四国岩(四国王目岩)」に着いた。
    岩には基部に鎮座する「不動明王」の後ろから取り付く。
    手足が長いとスタンスが取り易い。

    P1100426vga.jpg
    四国岩のテッペンの様子。
    写真を撮った位置から石仏のあるテッペンへは、段差があるので慎重に体を移す。

    P1100431vga.jpg
    テッペンから進行方向。
    さっき追い抜いた賑やかなおばさんたちが見上げている。
    「これは無理やわ〜!」
    下からポーズを取るように言われて、大サービス。

    P1100430vga.jpg
    「身が軽い」M太夫は不動明王へ戻らず、山頂方向へ「前向き」に下るらしいが、下るなら「後ろ向き」が無難だろう。
    どちらにせよ自己責任でチャレンジしよう。

    P1100427vga.jpg IMGP7773.jpg
    振り返って基部を見下ろす。
    自分は「身が重い(高所恐怖症のこと)」ので不動明王のある方へと戻る。

    P1100432vga.jpg IMGP7777.jpg
    反対側まで進んで四国岩を見上げる。登れないことはなさそうだ・・・。

    IMGP7780.jpg IMGP0305vga.jpg
    四国岩の次の岩(ここも通常は巻く)に登って四国王目岩を振り返る。

    IMGP0314vga.jpg
    今回は、例年なら「終わりかけ」のミツバツツジの方がきれいでよく目立っていた。
    シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の当たり年は4年周期だと言われる。

    P1100465vga.jpg
    花や岩登りを楽しみながらの、「ゆっくり登山」で、三叉路登山口から山頂(1427.1m)まで1時間50分。
    登山口の標高が高い(1210m)、典型的な楽ちん山だ。

    P1100451vga.jpg P1100461vga.jpg
    三等三角点の基準点名は、「四国石」となっている。 南側が開けていて大栃が見える。

    P1100456vga.jpg P1100458vga.jpg
    今日の一杯は、日清「カップヌードル イタリアンカレー ビッグ」
    「トマトの旨みと程よい酸味の効いたカレースープに、バジルがほのかに香る、イタリア風仕上げ。具材はトマト、キャベツ、インゲン、コーン、チキンダイス、ポテトといった彩り鮮やかな具材を加えた、初夏にぴったりの商品です。」
    ということで、まずまずいける。

    IMGP7795.jpg IMGP7800.jpg
    食事が済ませて、ブナとシロヤシオの尾根道を二ノ杜へ向かう。

    IMGP0331vga.jpg
    「超はずれ年」のシロヤシオ。
    大きな古木にもほとんど花はなく、あっても二つ三つといったところ。

    P1100484vga.jpg P1100488vga.jpg
    二の杜直下の岩場(通常北側を巻く)は、お助けロープのある方へ取り付く。

    P1100491vga.jpg
    二の杜(奥の院)の祠は最近建て替えられた。

    P1100495vga.jpg IMGP0326vga.jpg
    二の杜から来たルートを振り返って四国岩と山頂を望む。
    右は大栃方面。

    P1100498vga.jpg P1100501vga.jpg
    三の杜の祠も二の杜同様に建て替えられた。
    三の杜から鞍部への下りもお助けロープがあるが使わなくても大丈夫。

    P1100507vga.jpg
    ゴミムシの仲間か??

    P1100508vga.jpg P1100510vga.jpg
    尾根の分岐から南へと下ると、10分程で三叉路登山口の駐車場に戻る。

    ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    三嶺さんぽくらぶ


    arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
    にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

      
    - The counter was installed from August 24, 2012. -

    | 高板山 | 06:11 | comments(0) | - |