前の晩、飲み過ぎたので起床は7時。
(今日は、やはり三嶺か・・・な)

P1080755vga.jpg
<三嶺ヒュッテ前からの三嶺>
この日、麓は晴れだったけど、山沿いは雲が多かった。

banner_b.gif

■行先・位置
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.4m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1815.9m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
■コースタイム
光石登山口 9:04(33分)→ 八丁 9:37/9:39(21分)→ 渡渉点 10:00(1時間3分)→ おかめ岩避難小屋 11:03/11:08(3分) → お亀岩 11:11/11:14(27分)→ 西熊山 11:41/11:44(16分)→ 大タオ 12:00(40分)→ 三嶺 12:40/12:49(8分)→ 三嶺ヒュッテ 12:57(昼食)/13:33(13分)→ 三嶺 13:46/13:58(43分)→ さおりが原分岐 14:41(43分)→ 八丁 15:24(24分)→ 光石登山口 15:48
【三嶺まで 行き 3時間23分 帰り 1時間50分 計 5時間13分】
■コース水平距離 15.6km
■天気 曇りのち晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点)

120401_sanrei.jpg 120401_sanrei_v.gif
(今日はどのルートでのぼろうか・・・)
光石に着くまであれこれ考えながら、結局カンカケへ。
春の花が咲き始めるとフスベもいいけど、カンカケがちょっと「楽」なのと西熊山から三嶺を正面に見ながらの稜線歩きが心地よい。

P1080491vga.jpg P1080493vga.jpg
堂床野営場を通過し、長笹谷とフスベヨリ谷の二つの橋を渡る。

P1080499vga.jpg
旧堂床小屋の周辺ではミツマタの花が咲き始めた。

P1080514vga.jpg P1080523vga.jpg
八丁からカンカケ谷へと向かう。
谷に出合った辺りは登山道が痩せている。
徒渉点はジャンプして渡る。
落ちないように注意!

P1080532vga.jpg P1080534vga.jpg
伸び始めたバイケイソウとシコクブシ(トリカブト)の若葉。
どちらも毒性の強いアルカロイドを含むので食べてはいけない。
バイケイソウはギボウシに、トリカブトはニリンソウやヨモギなどに似ている。
おひたしなどにしては絶対ダメ!

P1080551vga.jpg P1080573vga.jpg
沢の石も凍って、登山道沿いには霜柱がたくさん。
山はまだ寒い。
お亀岩避難小屋前の小さな雪渓も3週間前のままだった。

P1080585vga.jpg
P1080592s.jpg P1080596vga.jpg
お亀小屋に立ち寄ってみる。
小屋にはおかめノートがおかれている。

P1080600vga.jpg
相変わらず風が強く寒いお亀岩。
雪も少しちらついている。

P1080613vga.jpg P1080624vga.jpg
積雪が残るダケカンバの小さな林。

P1080620vga.jpg
西熊山の手前から地蔵ノ頭。
もう少し登ると天狗塚が見えてくるのだが・・・。

P1080653vga.jpg P1080659vga.jpg
三等三角点の西 山。
P1080661vga.jpg
振り返ると、お亀岩に再びガスがかかり、天狗塚も見えなくなった。

P1080671vga.jpg
前方には青空が見え始めたものの、寒そうな三嶺。
稜線上には人っ子一人見えない。
一人歩いていることが不思議な感じだ・・・。
それでも途中、さおりが原から登ってカンカケを下るという単独の人と出会った。

P1080687vga.jpg
大タオ付近からの三嶺。

P1080698vga.jpg P1080703vga.jpg
一息入れて青ザレ手前の登りにかかる。
青ザレ上部のミヤマクマザサのトレイルに霧氷の着いたコメツツジが点在する。

P1080724vga.jpg
光石から3時間23分(小屋への寄道など含めて3時間36分)で山頂到着。

P1080731vga.jpg
今年は三嶺の池の解凍?が遅れている。

P1080738vga.jpg P1080788vga.jpg
さすがに、氷の上を歩くのは止めておく。

P1080776vga.jpg
P1080749vga.jpg P1080748vga.jpg
陽が差し始めて外の方が暖かいので、ヒュッテの前でランチタイム。

P1080767vga.jpg P1080774vga.jpg
今日の一杯は、明星食品の「明星 中華三昧 赤坂榮林(アカサカエイリン)酸辣湯麺(スーラータンメン)」
「名店『赤坂榮林』の看板メニューがタテ型カップめんで新登場!しなやかでコシのあるスチームノンフライ製法の細麺に、酸味と辛味でパンチのある酸辣湯スープと賑やかなかやくが合います。」
ということで、赤坂にある高級店、「赤坂榮林」のメニューを商品化したもので、辛みと強烈な酸味をもつスープが特徴的で癖になりそうな旨さ!
でも好き嫌いが分かれる一杯かも?
高知市「天山」の酸辣も旨い。
辛くてすっぱいものが好きな人にお勧め。

P1080792vga.jpg
P1080798vga.jpg P1080727vga.jpg
白馬大雪渓上部のルントヘッカー(羊背岩/ようはいがん)を思い起こさせる岩と残雪を見ながら山頂へ登り返す。

P1080800vga.jpg P1080801vga.jpg
西熊山の稜線をもう一度眺めてから下山開始。

P1080821vga.jpg
2004年秋の台風被害でアオザレ西方の稜線付近から崩壊、盗人沢付近まで土石流に埋まった。
最近は明確な踏み跡ができ、新しい道標も整備されてきた。
ただし、渡渉点は増水時に靴を脱ぐ必要も出てくる。
フスベヨリ谷ルートの登山道は痩せている所が多いので、初心者のみでの入山はあまりお勧めしない。

P1080828vga.jpg P1080834vga.jpg
台風災害前まで橋があった第3渡渉点を、左岸へ渡る。

P1080837vga.jpg P1080841vga.jpg
さおりが原分岐を通過し第2渡渉点へ。
ここも以前は橋があった。

P1080846vga.jpg P1080848vga.jpg
ヌスビト沢の合流箇所に架かる丸太橋を渡る。

P1080850vga.jpg
ヌスビト沢の合流付近(ヌスビト岩付近)は、シカの食害によりササが消失、斜面が崩れ始めて岸を歩けなくなった。

P1080857vga.jpg P1080867vga.jpg
第1渡渉点は、渡るのにちょっとしたテクニックを要した。
吊り橋を渡ると八丁が近い。

P1080870vga.jpg
アオギヌゴケ科アオギヌゴケ属のハネヒツジゴケは、普通に見られるコケで渓流沿いの倒木などに群生する。
コケ類も生き生きとする季節になった。

P1080874vga.jpg P1080879vga.jpg
八丁でカンカケからのルートを合わせ、光石登山口へ。
山頂からの歩行タイムは、1時間50分、駐車場周辺のヤマザクラの蕾はまだ堅そう。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Related Entry
Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM