先週の三嶺はアクセスも積雪も少しハードだったので、
手軽に霧氷を楽しめることで人気?の「大ボシ山(大星山)」へ出かけてみた。

IMGP6181.jpg
<大ボシ山の霧氷>

banner_b.gif

■行先・位置
大ボシ山(大星山)(二等三角点 [怒田] 1431.7m)
高知県香美市・大豊町/北緯33度44分39秒・東経133度48分57秒
■コースタイム
林道ゲート 7:52(34分)→ 登山口 8:26(17分)→ 20番鉄塔 8:43(34分)→ 22番鉄塔 9:17(7分)→ 23番鉄塔 9:24(33分)→ 25番鉄塔 9:57/10:04(10分)→ 26番鉄塔 10:14/10:19(14分)→ 大ボシ山 10:33(昼食)/11:27(24分)→ 26番鉄塔 11:51/12:21(5分)→ 25番鉄塔 12:26(15分)→ 23番鉄塔 12:41(4分)→ 22番鉄塔 12:45(16分)→ 20番鉄塔 13:01(10分)→ 登山口 13:11(31分)→ 林道ゲート 13:42
【行き 2時間29分 帰り 1時間45分 計 4時間14分】
■コース水平距離 10.9km(26番鉄塔付近をウロウロしたので少し長い)
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)

120212_oboshi.jpg 120212_oboshi_v.gif
林道ゲートから山頂までの往復水平距離は、約10km。
ただし、今回は、樹氷を見るために26番鉄塔付近を歩き回ったので、距離が10.9kmになっている。
【水平距離10.857km 沿面距離11.343km/累積標高差(+)1046m(-)1038m

P1070234vga.jpg
猪野々大久保からの大ボシ山(大星山)、中央が鉄塔尾根で尾根左奥が山頂。

P1070236vga.jpg P1070237vga.jpg
いつものとおり、林道ゲート手前に車を置いた。

P1070238vga.jpg
最初のヘアピンから見える御在所山(左)。

P1070243vga.jpg P1070246vga.jpg
登山口まで34分。
昼間は姿を見せない小動物の足跡が続く登山道を登る。

P1070253vga.jpg
20番鉄塔まで更に17分。
勾配が少し緩くなり鉄塔尾根を北北西進む。

P1070257vga.jpg P1070258vga.jpg
忙しそうに歩き回ったネズミと小鳥の足跡。

P1070260vga.jpg
西に延びる主稜線(市町村界)を離れて南西に延びるなだらかな尾根。

P1070264vga.jpg P1070268vga.jpg
22番鉄塔まで登ると勾配が緩くなる。
22番鉄塔(左)から23番鉄塔(右)の標高はほぼ同じ。
鉄塔尾根は、23番鉄塔付近で北北西から北西に少しだけ折れて山頂へと続く。

P1070290vga.jpg P1070293vga.jpg
送電線は山頂を避け東の鞍部を通っているので、登山道も鉄塔尾根を離れて東へトラバース、25番鉄塔(左)に出ると26番鉄塔(右)が見えてくる。
「26番」は寒い。
(冷たい風に負けたらいかん。)25番鉄塔でアウターを着込んだ。

P1070297vga.jpg
鉄塔尾根東側の「* さこ」の斜面、中央やや左上が山頂で、右上に這い上がると、ちょっと東の開けた場所に出る。
帰りはここを滑り降りたら早い (^_^)
(* 迫・谷、山の尾根と尾根の間。小さい谷、土佐弁では「さこみ」?)

P1070308vga.jpg
26番鉄塔の鞍部が近づくとブナの樹氷が目に飛び込んできた。

P1070311vga.jpg
積雪は前回(1月29日)より減っていりものの、樹氷は成長していた。

P1070319vga.jpg P1070326vga.jpg
鉄塔鞍部の風はいつものように冷たい。
それにしても良い天気。

P1070331vga.jpg
鞍部から山頂にかけて、尾根の北斜面にはブナの森が広がる。

P1070335vga.jpg
寒さに耐えてじっと立つ鉄塔を見上げてみた。
雪の結晶のような造形美。

IMGP6116.jpg P1070356vga.jpg
山頂へのルートは雪で埋まって見えないが、締まって歩きやすくなった。

P1070344vga.jpg
26番から山頂まではほんの一登り、白く明るい樹下をくぐってゆっくり登る。 まるで満開の「桜」のよう。

P1070353vga.jpg IMGP6164.jpg
青空と白い樹氷のコントラストが美しい!

P1070359vga.jpg
大星の樹氷はすばらしい!

P1070366vga.jpg
灌木に囲まれた静かで明るい山頂。
気温は、-2℃、指先が冷たいけど風はそよ風程度。

P1070372vga.jpg P1070404vga.jpg
空気が良く澄んでいるので、「浦戸大橋」が肉眼で確認できる。

P1070392vga.jpg
東に目を戻すと、木々の間に矢筈山、三嶺などの稜線が白く輝いている。
透明感バツグン!

P1070386vga.jpg P1070390vga.jpg
少し早いけど山頂でランチタイム。
今日の一杯はエースコックの「飲み干す一杯 担担麺」
「ポークの旨みがたっぷり効いた味噌ベースのスープに、別添の深煎り練り胡麻を加えることでコクと風味が際立ちます。」
ということで、ピリ辛の担担麺は寒い時期にぴったり。

P1070406vga.jpg
登山道が埋まる、尾根の中央付近を踏みながら下山する。
牛ノ背付近の白い稜線が、枝の間から見え隠れしている。

P1070423vga.jpg
樹氷は霧氷の一種で、気温-5℃以下の環境において霧と風がつくり出す。

P1070413vga.jpg P1070440vga.jpg
青空に広がる白い枝、見飽きることのない美しさ。

P1070433vga.jpg
尾根から少し南に出て、剣山系を望む。
中央付近の雪の多い場所が牛ノ背(1757.1m)、その右のピークは天狗塚(1812m)、続いて三嶺(1893.4m)・カヤハゲ(1720m)・綱附森(1643.1m)・剣山(1954.7m)・白髪山(1769.7m)、牛ノ背の左手前には矢筈山(1606.5m)。

P1070451vga.jpg
北斜面には一面に樹氷の世界が広がる。

P1070447vga.jpg P1070461vga.jpg
北側に入ったり、南に出たりしながらゆっくりと下る。

P1070463vga.jpg P1070474vga.jpg
紺碧の空に輝く鉄塔と凍った送電線。

P1070480vga.jpg
鉄塔鞍部から東の小ピーク(1400m)にかけて写真を撮りながらウロウロ。

P1070491vga.jpg
北に標高点 [・1429]のピークを望む。

P1070496vga.jpg P1070487vga.jpg
鞍部から山頂(左)、同じく東側の1400m小ピーク(右)

P1070499vga.jpg
西方に見えるのは、
左から寒風山(1763m)、笹ヶ峰(1859.3m)、ちち山(1855m)、平家平(1692.6m)、梶ヶ森(1399.6m)。
ちょっと遠い寒風山まで約50km、近くの梶ヶ森まで約6km。
よく見ると、梶ヶ森のアンテナの横に沓掛山(1691m)も確認できる。

IMGP6224.jpg
26番鉄塔に戻る。
シルエットもいい感じ。

IMGP6249.jpg P1070509vga.jpg
アングルを求めて、ブナに登ってみたり・・・。

P1070510vga.jpg
名残惜しいが、いつまでもウロウロする訳にいかないので鉄塔を後にする。

P1070518vga.jpg P1070519vga.jpg
26番鉄塔から登山口まで50分、林道歩きは31分でゲート到着。

DSC_2514vga.jpg DSC_2510vga.jpg
1週間後の1月19日、大栃から望む降雪後の大ボシ山は、神賀山の稜線上に山頂(中央左の少し低く見える部分)と26番鉄塔が確認できた。鉄塔と送電線が白くなっている。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM