1月最後の日曜日は、
石立山か、大ボシ山か・・・。
少し悩んだ末に「オオボシ」に出かけた。
時間的には大差はないのだが、この時期の「イシダテ」は、これといって見るものもなく、「修行」のようで、あまり面白くない。

P1060621vga.jpg
<大ボシ山山頂>

banner_b.gif

■行先・位置
大ボシ山(大星山)(二等三角点 [怒田] 1431.7m)
高知県香美市・大豊町/北緯33度44分39秒・東経133度48分57秒
■コースタイム
林道ゲート 10:05(17分)→ 19番鉄塔 10:22(7分)→ 林道分岐 10:29(6分)→ 登山口 10:35(14分)→ 20番鉄塔 10:49/10:56(8分)→ 21番鉄塔 11:04(20分)→ 22番鉄塔 11:24(3分)→ 23番鉄塔 11:27(8分)→ 24番鉄塔 11:35(17分)→ 25番鉄塔 11:52/12:01(12分)→ 26番鉄塔 12:13/12:15(10分)→ 大ボシ山 12:25(昼食)/12:54(4分)→ 26番鉄塔 12:58(5分)→ 25番鉄塔 13:03(9分)→ 24番鉄塔 13:12/13:19(4分)→ 23番鉄塔 13:23(2分)→ 22番鉄塔 13:25(9分)→ 21番鉄塔 13:34(3分)→ 20番鉄塔 13:37/13:42(7分)→ 登山口 13:49(4分)→ 林道分岐 13:53(4分)→ 19番鉄塔 13:57(10分)→ 林道ゲート 14:07
【行き 2時間2分 帰り 1時間1分 計 3時間3分】
■コース水平距離 10.1km
■天気 晴れ時々曇り

120129_oboshi.jpg 120129_oboshi_v.gif
ゲートから登山口までの林道2kmと送電線鉄塔の尾根道3kmの片道5km。
標高差は、林道ゲートから730m、登山口から530m。
【水平距離10.393km 沿面距離11.343km/累積標高差(+)1046m(-)1038m】

DSC_2455vga.jpg
「吉井勇記念館」のある猪野々から日比原川を上流へ向かう。
「轟の滝」を通過して大久保に差し掛かると、鉄塔尾根が見えてくる。
見えている鉄塔は、林道横の19番、尾根の20、21番鉄塔。
鉄塔尾根は、22番鉄塔が立つ「標高点・1217」付近から緩くなり、23番鉄塔で少し左に折れて山頂へと続いている。
ただし、送電線は山頂の東を通っているので、登山道も25番鉄塔の手前から右にトラバース、26番鉄塔の鞍部で稜線に出る。
(上は、雪雲で寒そう・・・。)

P1060529vga.jpg P1060528vga.jpg
集落を抜け未舗装の国有林林道を約2km、オモ谷に架かる「いののやま橋」を渡ると、ゲートがあるので近くの路肩に車を置く。

P1060530vga.jpg P1060531vga.jpg
19番鉄塔を過ぎて、林道の分岐は左の柚ノ木林道へ。

P1060533vga.jpg
林道歩きで足慣らし。

P1060534vga.jpg P1060535vga.jpg
ゲートから登山口までは、約2kmで30分ほど。

P1060536vga.jpg P1060537vga.jpg
人工林の中を登ってゆくと、少しずつ自然林が混じってくる。

P1060543vga.jpg
登山口から、15〜20分程度で20番鉄塔に着く。

P1060544vga.jpg P1060546vga.jpg
アップがすんだ頃なので、一息入れてるのに丁度よい。
ここでスノーシューを装着。
今回は登山道を外れた21番と24番鉄塔にも寄り道しよう。

P1060548vga.jpg
21番鉄塔は、登山道の東側(右)に少し登った所にある。白髪山が見えた。

P1060558vga.jpg
いつも仲の良い、ヒメシャラとブナ。
ヒメシャラが「姫」か?

P1060561vga.jpg P1060567vga.jpg
22番鉄塔と23番鉄塔は、勾配の緩い尾根上に立つ。

P1060569vga.jpg P1060570vga.jpg
24番鉄塔は、登山道から東に少し下る。正面に中都山(1440m)が見える。

P1060577vga.jpg
仲の悪い、ブナとシロヤシオ。
食いちぎられた?シロヤシオの枝が痛々しい。

P1060580vga.jpg
木々の間から山頂が見えてきた。雪雲も消え、青空が広がった。

P1060592vga.jpg P1060594vga.jpg
25番鉄塔まで来ると、展望が開けてくる。

DSC_2476vga.jpg
ここはまだ、風がないので歩いていると寒くない。もう少しで稜線に出る。

P1060602vga.jpg P1060604vga.jpg
気持ちよい青空とブナ。

DSC_2480vga.jpg
神賀山の尾根上には三嶺、綱附森、白髪山などが頭を並べる。

P1060603vga.jpg
26番鉄塔の立つ鞍部に出ると、途端に強い風が吹きつけてきた。
大ボシ山の稜線は、南にくびれていて、この鞍部が風の通り道になっている。
冬場は強烈な北風が吹き抜けるので、鉄塔周辺の積雪は少ないが、とにかく寒い。

P1060609vga.jpg P1060614vga.jpg
鞍部で左に折れ、西に向かって急勾配を登ると、1400mラインの小さな鞍部に出る。
雪が吹き溜まっているので、軽いラッセルになることもあるが、もう一息なので頑張ろう!

P1060618vga.jpg
ブナの森を抜けると、南東方向が開けてくる。

P1060633vga.jpg
12時25分、2時間20分(休憩・写真撮影含む)で山頂到着。
気温は低いが、風は強くないので山頂でランチタイムをとった。

P1060641vga.jpg P1060508vga.jpg
今日の一杯は、40周年記念商品「カップヌードルキング」
これはでかい!(大きさは右で比較を!)
「通常よりも太い麺を使用し、カップヌードル史上最大の麺重量とすることで、食べごたえを追求しています。大盛りカテゴリーのメインユーザーである10代〜30代の男性が強いインパクトを感じられる商品に仕上げました。」
ということで、「ターゲットの年代から少し外れてしまった。」のが残念だが、この程度の量なら「へっちゃら。」だ。
「ランチパック・しょうが焼き マヨネーズ入り」と一緒に軽く食べ終えた。

P1060643vga.jpg
寒くて手が痛くなってきたので、食事を終えると急いで下山開始。
指は、じっとしていると、-2℃で凍り始めるらしい。

P1060644vga.jpg P1060647vga.jpg
山頂から26番鉄塔鞍部へ。
また、少し雲が出てきた。

P1060650vga.jpg
鉄塔鞍部はほんとに寒い。
(とっとと下りよう。)
帰りはスノーシューを使わない方が早い。
「右足が滑る前に左足を出し、左足が滑る前に右足を出す。」といった感じ!?

P1060658vga.jpg P1060666vga.jpg
帰りは登山口まで55分、ゲートまで1時間13分(休憩含む)。
雪道は速い。

P1060669vga.jpg
猪野々集落から綱附森が見えていた。
雪がないと気がつかないかも。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へ 
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM