JUGEMテーマ:山行記録

 

4月に入ってからうっすらと雪化粧したなごり雪の三嶺。

光石登山口からカンカケコースを登ってカヤハゲコースを下る定番の時計回り周回コースで歩いてみた。

 

三嶺さんぽ通信

<三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■コースタイム
光石登山口 8:32(11分)→ 堂床分岐 8:43(17分)→ 八丁 9:00/9:16(15分)→ 渡渉点 9:31(56分)→ おかめ岩避難小屋 10:27(レインウェア着用)/10:41(2分)→ お亀岩 10:43/10:44(21分)→ 西熊山 11:05/11:11(3分)→ 霧氷撮影 11:14/11:16(10分)→ 大タオ 11:26(14分)→ いつもの岩 11:40/11:46(24分)→ 三嶺 12:10/12:14(6分)→ 三嶺の池 12:20/12:23(1分)→ 三嶺ヒュッテ 12:24/12:42(9分)→ 三嶺 12:51/12:55(12分)→ 1685m地点 13:07(レインウェア脱衣)/13:14(19分)→ カヤハゲ 13:33/13:34(41分)→ さおりが原 14:15/14:19(23分)→ 堂床野営場 14:42/14:39(15分)→ 光石登山口 14:54

三嶺ヒュッテまで(*)往路 3時間00分  復路 1時間59分  計 4時間59分】

*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間などは含まない

■コース水平距離 15.8
■天気 
■楽しさ ★★★★★(満点!)

 

三嶺マップ

往路は光石登山口からカンカケ谷コースを西熊山経由で三嶺へ。
復路はカヤハゲコースをさおりが原経由で光石登山口まで。

 

三嶺プロファイル

【水平距離15.838km 沿面距離16.472km 累積標高(+)1669m (-)-1660m】

 

西熊山

7日から8日にかけての高知県の予報は曇り時々晴れだった。

しかし、三嶺周辺の詳細予報には「降雪」を示す情報が表示がされていた。

雪時雨ぐらいにはなっただろうと思っていたら、林道から見えた西熊山は雪山だった。

 

三嶺

せっかくなので、登る前に中内台まで稜線の様子を見に行ってみた。

麓では桜も散った4月8日の三嶺は白かった!

 

光石

「かの桜」が咲くのはもう少し先。

「なごり雪も 降る時を知り〜♪」

 

光石登山口

ということで、光石に車を置いたのは8時20分。

うっすらと白くなった登山口の桜は五分咲き。

 

西熊山

堂床に下る登山道から見える西熊山。

陽が当たっているのでさっさと登らないと解けてしまう。

 

セントウソウ

春先の登山道にいち早く咲くのはセントウソウ。

 

霜柱

4月なのに霜柱。

 

ミツマタ

旧堂床小屋の近くに咲くのはミツマタ。

 

八丁ヒュッテ

カンカケ谷コースとフスベヨリ谷コースの分岐に建つ八丁ヒュッテ。

まだ泊まったことはない。

 

三嶺

フスベオリ谷の奧に見える三嶺。

すでに解け始めた感じ。

 

道標

渡渉点の先にある古い道標。

 

← コトウド 下|上 オカメ テング →

   ゲカ  リ|リ  サンレイ

 

ヤマシャクヤク

ヤマシャクヤクの蕾。

4月下旬からゴールデンウィークには開花する。

 

トリカブト

花が咲くのは夏なのに葉を広げるのは早いトリカブト。

ニリンソウと間違えて食べる人もいるらしい。

 

バイケイソウ

バイケイソウもにょきにょき。

 

バイケイソウ

新しい葉っぱがウルイ(オオバギボウシ)のようで美味しそう。

食べるな!危険!

 

カツラ

カンカケのカツラ。

 

カンカケ谷コース 

カンカケ谷コースの上部は石がごろごろ。

 

おかめ岩避難小屋

途中ですれ違った愛媛の2人は小屋で泊まっていたらしい。

 

おかめ岩避難小屋

おかめ岩避難小屋は主稜線の南側に建っている。

 

西熊山

雪はほとんど解けてしまった。

 

西熊山

てくてくと西熊山に向かう。

 

西熊山

西熊山の手前で追い抜いていったのは矢筈峠から走ってきたトレイルランナー。

三嶺からカヤハゲコースを下って綱附新道で帰る予定なんだとか。

30kmぐらいあるんじゃない?

 

霧氷

4月に入って霧氷!

 

三嶺

着氷したコメツツジと三嶺。

 

三嶺さんぽくらぶ

三等三角点の西熊山山頂。

寒いのでお亀小屋でレインウェアを着込んできた。

 

三嶺

三嶺まで人気の縦走路。

 

三嶺

霧氷と三嶺。

 

三嶺

大タオ付近からの三嶺。

 

三嶺

雪はほとんど消えてしまった。

 

三嶺

山頂に数人の人影を確認。

 

三嶺

青ザレ上部のコメツツジ。

 

三嶺

三嶺山頂と剣山・次郎笈。

 

三嶺

思ったより多かった。

みんな寒そうにしている。

 

三嶺

(とりあえず池を回ってくるか)

 

三嶺

年中涸れない三嶺の池。

溶岩台地のような地形に火口湖のような池。

 

三嶺の池

薄く氷が張っていた。

 

三嶺の池

     ○

 >

     ○

 

三嶺ヒュッテ

三嶺ヒュッテ。

 

カップヌードル

日清の「カップヌードル ブラックペッパークラブ」。

「カニとバターの風味をベースに、ブラックペッパーでパンチをきかせた刺激的なスープがやみつきになる一杯です。」

まあ普通。

 

三嶺

ヒュッテの前から三嶺の池とピラミダルな三嶺山頂。

 

三嶺

池を一回りして山頂へ。

 

三嶺

三嶺は徳島県側から登る人が圧倒的に多い。

 

三嶺

ガイド本のほとんどが名頃からのルートを紹介している。

 

カヤハゲ

さおりが原経由のカヤハゲコースで下山することにした。

 

三嶺

美しい三嶺の南斜面。

 

三嶺

カヤハゲからの三嶺。

なごり雪はすっかり解けてしまった。

メジャーな名頃コースからだと三嶺のこの姿は見ることができない。

 

X-E3

最近出番が多いX-E3。

何よりも小さくて軽いのが魅力!

 

三嶺さんぽ通信

明るい森をさおりが原へ下る。

 

さおりが原

さおりが原は一面のバイケイソウ畑!

増えるのはシカが食べない植物ばかり・・・

 

ミツバツツジ

咲き始めたツツジ。

今日は春と冬が行ったり来たり。

 

光石登山口

桜が一気に開いた光石登山口に下山。

 

ミツマタ

駐車場近くの斜面を埋め尽くすミツマタ。

 

桃

春らしい県道沿いの桃の花。

 


◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

三嶺さんぽくらぶ

三嶺さんぽくらぶ



三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Counter

ブログパーツUL5 - The counter was installed from August 24, 2012. -

Banner

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM