Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

三嶺

三嶺 2016.6.18

JUGEMテーマ:山行記録

 

うまい具合に土曜日が晴れてくれた。
梅雨の晴れ間にしては秋のような空にさわやかな風が吹き、絶好の登山日和となった三嶺に6週間ぶり登ってみた。

三嶺さんぽ通信
<三嶺>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
西熊山(三等三角点 [西熊山] 1816.0m)
高知県香美市・徳島県三好市、北緯33度50分06秒・東経133度57分50秒
三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m)
高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒
■(*)コースタイム
光石登山口 7:49(11分)→ 堂床分岐 8:00/8:07(18分)→ 八丁ヒュッテ 8:25/8:28(17分)→ 渡渉点 8:45(54分)→ おかめ岩避難小屋 9:39/9:46(3分)→ お亀岩 9:49(18分)→ 西熊山 10:07/10:11(11分)→ 大タオ 10:22(38分)→ 三嶺 11:00/11:02(7分)→ 三嶺ヒュッテ 11:09/11:10(5分)→ テラス 11:15(昼食)/11:43(4分)→ 三嶺 11:47/11:53(32分)→ カヤハゲ 12:25/12:26(44分)→ さおりが原 13:10/13:15(21分)→ 堂床分岐 13:36/13:42(12分)→ 光石登山口 13:54
【行き 2時間50分 帰り 1時間49分 計 4時間39分(三嶺まで)】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 16.2
■天気 晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 
三嶺マップ 三嶺プロファイル
往路は、光石を起点にカンカケ谷コースで稜線に出て西熊山から三嶺へ。
復路は、さおりが原経由のカヤハゲコースで光石へ。
【水平距離 16.230km  沿面距離 16.703km
【累積標高差 (+) 1513m  (-) -1477m】
 
光石登山口
8時前に光石登山口に到着。
車は4〜5台、晴れにしては少ない?
 
マルミノヤマゴノウ マルミノヤマゴボウ
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)はヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草。
7月下旬に結実し、8月には実も萼も赤くなって花より目立つようになる。
*高知県レッドデータ 準絶滅危惧(NT)
 
八丁ヒュッテ
人工林と自然林が混じる林の中の八丁ヒュッテ(標高1080m)。
 
カンカケ谷コース
カンカケ谷の痩せた登山道。
今日は誰も歩いた様子がない。
最近さおりが原を通って登る人が多いようには感じる。

さんぽくらぶは谷筋が好きなので夏場はカンカケコースが多くなり、雪が深い時期はカヤハゲコースを登ることが多い。

 

カンカケ谷渡渉点
細流(せせらぎ)がここちよいカンカケ谷の渡渉点(標高1180m)。
 
三嶺さんぽ通信 三嶺さんぽ通信
気温は17℃前後と意外に涼しい。
それでも蝉時雨が降り注いでくると暑さを感じる。
エゾハルゼミの声が「ア〜チィ、ア〜チィ」と聞こえるのは自分だけ?
 
カツラ
カツラの大木。
四ッ小屋谷川のカツラを見ると小さく見えるカンカケのカツラ。
 
三嶺さんぽ通信
左上に見える標高点・1698mのピークは岩がごつごつした岩峰。
ホトトギス(カッコウ目カッコウ科)が鳴いている。
街でも山でも賑やかだ。
他の鳥(ウグイスなど)の巣に卵を産んでしまう行動はあまり好きじゃない。
生んだときから育児を人に任せているのだ。
 
ヤブウツギ
ヤブウツギ(薮空木)は、スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木。
本州(山梨県以西の太平洋側)と四国に分布する日本固有種。 
大山など日本海側に見られるタニウツギの上品なピンクと違って濃い赤。

おかめ岩避難小屋
高気圧に覆われて快晴。
九州に前線が近づいているので、午後遅くには曇ってくる予報。
森の中でカッコウが鳴いている。
カッコウもホオジロやモズなどに託卵する。 
お亀小屋(標高1640m)には誰もいなかった。

お亀岩
お亀岩からは地蔵ノ頭と天狗峠(躄峠)がよく見える。
「地蔵ノ頭」には小さなお地蔵様が鎮座している。
古くから祖谷と韮生を結ぶ峠道として使われていたということなのだろう。
「天狗峠」は西山林道への分岐のあるなだらかなピークのことではなく、地蔵ノ頭・綱附森方面との分岐がある鞍部のことだ。

西熊山
東に西熊山。
眼下におかめ岩避難小屋。

三嶺
10時07分、西熊山山頂に到着。
梅雨の晴れ間にしては、空気が乾いていてさわやかな天気。
 
西熊山 西熊山三角点

西熊山の三角点は道標北側の石の後に隠れている。

 

<基準点の概要>
●基準点コード:TR35033670701
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:坐32
●基準点名:西熊山
●標高:1816.0m

 

三嶺
均整の取れた美しい姿を見せる三嶺。
三嶺は、西熊山から見る南西面やカヤハゲから見る南面がいい。
山は三嶺に限らず、たいてい陽の当たる側がかっこいいことが多い。
穂高や槍、剱の写真も残雪の多い南面陽の当たる側を写したものがほとんどだ。
 
三嶺 三嶺さんぽ通信
気温も21℃とあまり暑さを感じない。
涼しい風がそよそよ吹いてくる。
 
三嶺
大タオからアップダウンの先に三嶺のピーク。
大タオは西熊山と三嶺を結ぶ稜線の最低鞍部で盗人沢の最上部になる。
 
綱附森
大タオから南西に綱附森を望む。
「タオ」とは山の鞍部のころで昔の人は峠を「タオ」と読んでいたので、中・四国には峠・垰の字をタワ・タオと読む地名が多いそうだ。
タワ越え・タオ越えが転じて「とうげ」という言葉になったとも言われる。
 
三嶺さんぽ通信
山頂に人影が見える。
こちらにも向かってくる人もいる。
 
三嶺
標高点・1754m付近からの三嶺。

ツマトリソウ
褄取らないツマトリソウが一輪。
ツマトリソウ(褄取草)は、サクラソウ科ツマトリソウ属の多年草で北海道・本州(中部以北)と四国の亜高山に分布。
どちらかというと北国の花のイメージで四国ではあまり見られない。
*高知県レッドデータ 絶滅危惧B類(EN)。

三嶺
コメツツジとミヤマクマザサの向こうに西熊山と天狗塚。
左に綱附森。

三嶺
フスベヨリ谷コースとの分岐を過ぎると少しで山頂。

三嶺
11時00分ちょうどに三嶺山頂到着!
1893mは標高が1893.4mだった頃の表記。
三角点の標高成果が平成26年4月1日に改定され、現在の標高は1893.6m。
四捨五入すると1894mとなる。

三嶺
歩いてきた稜線はいつ見てもかっこいい。

三嶺
山頂の二等三角点。
<基準点の概要>
●基準点コード:TR25033670901
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興28
●基準点名:三嶺
●標高:1893.6m
 
三嶺
剣山や次郎笈がバックの東側も外せない眺め。
 
三嶺
空を映す三嶺の池も三嶺の代表的な風景。
 
三嶺ひこうき雲も風景の一部に溶け込む。

 

三嶺の池

年中涸れない三嶺の池。

 

三嶺ヒュッテ

三嶺ヒュッテ。

 

三嶺

半時計回りに池を周回して三嶺へ登り返す。

少し雲がでてきたか。

 

三嶺

直下のテラスでランチタイムにしよう!

 

イワキンバイ イワキンバイ

イワキンバイ(岩金梅)は、バラ科キジムシロ属の多年草。
鋸歯のある3小葉の尖り具合がミヤマキンバイより低くて葉柄がない。

 

三嶺さんぽ通信

今日の一杯は、エースコックの「じわとろ バター醤油味ラーメン

「バターの香りとガーリックの旨みが最後まで楽しめる一杯です。」

という謳い文句がちょっと期待させてくれたが・・・・・・

エネルギー:380kca、食塩相当量:6.6g

オールフリー ライムショット」は登山にピッタリ!

 

三嶺
また青空が広がってきた。
 
コメツツジ
コメツツジはポツポツと咲き始めているけど、蕾は少ないように感じる。
当たり年は、数年に1度。
今年ははずれ年のように思う。
 
三嶺
青空と三嶺山頂。

三嶺
山頂でくつろぐ人、食事をする人、写真を撮る人などなど。
夏山の風景。
 
白髪山
さあ、下ってみよう。
白髪山の手前、カヤハゲの西尾根を右に向かって下る。
北から見る白髪山は、南から見るピラミダルな姿と違って「普通の山」。
 
シコクハタザオ ウマノアシガタ
シコクハタザオ(四国旗竿)は、アブラナ科ヤマハタザオ属の多年草で本州(関東南部〜近畿)・四国・九州の砂礫地に生える多年草。

茎葉は互生し粗い鋸歯がある。茎葉の基部は茎を抱く。

 

ウマノアシガタ(馬の足形)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で別名のキンポウゲ(金鳳花)は、下の写真ように八重咲のものを指す。
 
キンポウゲ
写真のような八重咲きのものはめったに見られない。
 
青ザレ
青ザレと西熊山の稜線。
 
ツマトリソウ
ツマトリソウがポツポツと生えているけど、咲いているものはまだ少ない。
 
ツマトリソウ ツマトリソウ
開花のピークはもう少し先らしい。
 
カヤハゲ
カヤハゲの少しの登りが疲れた足には意外ときつい。
 
三嶺
三嶺の上空で雲が列になって並んでいる。
 
天狗塚
天狗塚を正面に見ながら尾根を下る。
 
三嶺さんぽ通信
フスベヨリ谷とさおりが原の分岐にある切株で一休み。
 
さおりが原
さおりが原(標高点1162m)には新しいネットも張られている。
大学の先生と学生達が植物調査をしていた。
 
トチバニンジン トチバニンジン
トチバニンジン(栃葉人参)は、ウコギ科トチバニンジン属の多年草。

トチノキに似た輪生する葉の間から1本の花茎を出す。
チョウセンニンジンの中まで薬用植物。

 

ウメガサソウ ウメガサソウ
ウメガサソウ(梅笠草)は、イチヤクソウ科ウメガサソウ属の小低木。
緑の葉があるのに腐生植物らしい・・・

 

光石登山口
13時54分、光石登山口へ下山。
車が少し増えて、これから登る準備をしている人もいた。
今から登る人は泊まり?

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  • 2016.06.25 Saturday
  • 12:59