Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

香美市

神賀山 2016.5.15

JUGEMテーマ:山行記録

いい天気だった週の後半から土曜日までと変わって、せっかくの日曜日に空模様は予報より早く悪くなった。
雨が降り始めるまでに登ったことのなかった神賀山へとサイクリング!

神賀神社
<神賀神社>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
神賀山(三等三角点 [神ケ山] 1071.2m)
高知県香美市/北緯33度44分06秒・東経133度50分33秒
■(*)コースタイム
大栃(奥物部ふれあいプラザ)12:57(8分)→ 永瀬ダム 13:05(5分)→ 猪野々(引立バス停) 13:10(25分)→ 猪野曽 13:35(10分)→ 神賀林道起点(分岐)13:45/13:55(14分)→ 神賀神社分岐 14:09(28分)→ 神賀神社 14:37/14:48(17分)→ 神賀山 15:05/15:08(9分)→ 1085m地点 15:17(11分)→ 神賀山 15:28/15:29(11分)→ 神賀神社 15:40/15:42(17分)→ 神賀神社分岐 15:59(6分)→ 神賀林道起点(分岐)16:05(8分)→ 猪野曽 16:13(11分)→ 猪野々(引立バス停)16:24(1分)→ 猪野々食堂 16:25(2分)→ 新神賀橋 16:27/16:32(0分)→ 永瀬 16:32(8分)→ 蕨野 16:40(12分)→ 大栃(奥物部ふれあいプラザ)16:52
【自転車 行き 1時間30分 帰り 1時間05分 計 2時間35分】
【登山(神賀神社〜神賀山)行き 17分 帰り 11分 計 28分】
【登山(神賀神社〜1080m地点)行き 26分 帰り 22分 計 48分】
【合計(神賀山)行き 1時間47分 帰り 1時間16分 計 3時間03分】
【合計(1080m地点)行き 1時間56分 帰り 1時間27分 計 3時間23分】
*コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない
■コース水平距離 27.4辧兵転車)3.3km(登山)
■天気 曇りのち時々雨
■楽しさ ★★★★☆(4点)

神賀山マップ 神賀山プロファイル
香美市物部町大栃の奥物部ふれあいを起点に猪野々の神賀神社まで自転車。
神賀神社から神賀山を通り過ぎて標高1085m地点まで登山。
帰りは猪野々から蕨野に出て国道195号を大栃まで戻る。
自転車+登山(1085m地点まで)
【水平距離30.663km 沿面距離30.907km/累積標高(+)1220m (-)-1205m】

神賀山マップ 神賀山プロファイル
自転車+登山(神賀山まで)
【水平距離29.643km 沿面距離29.867km/累積標高(+)1144m (-)-1129m】

神賀神社マップ 神賀神社プロファイル
自転車(神賀神社まで)
【水平距離27.402km 沿面距離27.558km/累積標高(+)947m (-)-932m】


神賀山マップ 神賀山プロファイル
登山(神賀神社〜1085m地点)
【水平距離3.269km 沿面距離3.360km/累積標高(+)273m (-)-282m】

神賀山マップ 神賀山プロファイル
登山(神賀神社〜神賀山)
【水平距離2.248km 沿面距離2.320km/累積標高(+)198m (-)-206m】

木の香温泉
「国道194号〜県道石鎚公園線〜町道瓶ヶ森線〜国道194号を一周」の予定で木の香温泉まで行ってみたものの、県境が近づくに従って天気が怪しくなって、フロントガラスに小雨がぽつぽつ。
町道瓶ヶ森線(通称UFOライン)でウォーキング大会があるようだ。
この天気ではウォーキングも面白くないだろうなあ。

木の香温泉
(この程度ならなんとかなるか・・・)
「曇り時々晴れで夕方から雨」の予報なのだが・・・
テンションも上がらないまま、木の香温泉で出発準備。
行き先は、瓶ヶ森線から超簡単に登れそうな伊吹山(1503.1m)または、子持山(1710.0m)にしておこう。

木の香温泉
準備を整え国道へ出ようとすると、けっこう本格的に降ってきた。
山も全然見えない。
雨のUFOラインを自転車で走るのはいやだ。
(こんなんなら、石立山か高板山へでも行ったらよかった・・・)

カップヌードル
ということで、まだ雨雲からは遠いはずの東部へワープして腹ごしらえ。
どこか、自転車で行って簡単に登れる山はないか?

奧物部ふれあいプラザ
もう1時前、この時間から矢筈山はちょっと遠い。
まだ行ったことのない神賀山に行ってみよう!
奥物部ふれあいプラザから県道を猪野々まで行って、引立バス停のある分岐から車道を通って神賀神社まで自転車で向かう。

永瀬ダム
県道217号に入って奥物部湖(永瀬ダム)の湖畔を猪野々へ向かう。
右寄りに見えているピーク付近が神賀山のはず・・・

韮生川橋
旧大栃高校前の韮生川橋を右岸へ渡る。

永瀬ダム
永瀬ダムの堰堤を渡らずに通過。

猪野々
猪野々集落へ入ったらすぐの引立バス停を右へ。

猪野々 猪野々
県道から右に折れると、いきなりの急登。

猪野々
数分で高度を上げる。
田植えの準備が進む猪野々(奈路)や永瀬ダムが下に見えてきた。

猪野々
次の丁字路(標高点・343m付近)は左へ。
「← 神賀神社/← 轟の滝」の道標あり。

猪野々
雲に覆われた稜線は大星山の南で分岐して御在所山へ連なる尾根。

猪野々
大久保方面と猪野曽方面との分岐(標高点・439m)を右の猪野曽方面へ。
正面に「← 轟の滝/神賀神社 →」の道標がある。
左は大星山や轟の滝へ行くことができる(県道からメインルートあり)。

猪野々
猪野曽の一番上の集落へ出た。
山地の集落は勾配が緩く開けた場所に点在する。
(前方に見える尾根に参道があった)

神賀神社遙拝所
集落を出外れた場所に遥拝所があった。
この尾根道が猪野々の中心地(奈路)からの参道のようだ。

三嶺さんぽ通信
コンクリート舗装のガタガタ道になった。
この道はMTBかクロスバイクで来た方がいい。

神賀林道
分岐に出た。
どっち?
通り過ぎた参道の尾根は左(西)だけど・・・
真っ直ぐの神賀林道は広くてアスファルト舗装だ。
神賀林道を行ってみよう。

神賀林道
フラットなアスファルト舗装の方が走りやすい。

神賀林道
神賀林道も次第に西に折れて参道があると思われる尾根に向かっている。
「神賀神社」の大きな道標があった。

三嶺さんぽ通信
やはりコンクリート舗装のガタガタ道。

三嶺さんぽ通信
広場に出た。
お祭りのときの駐車場?
もう神社が近いということだろう。

三嶺さんぽ通信
写真で見るよりずっときつくて、押すのがやっとになった。
思った以上に遠い (>_<)

三嶺さんぽ通信
遙拝所を通り過ぎて尾根の西側に回り込む。
標高がかなり高くなってきた。
下に林道が見える。
大星山への林道が未舗装になってすぐの小さな社のある辺りのようだ。

神賀神社
尾根を西側に回りこんでから参道に入った。

神賀神社
鳥居と手水舎の奥に社殿が見えてきた。

神賀神社
やっと神社に着いたー!
それにしても昔の人は偉い。
近くの御在所山(1079.3m)山頂に祀られるの韮生大山祇神社も同様だが、こんな山のてっぺんに神社を造るとは。

神賀神社
ここまで自転車で来ようと思えば、ロードバイクは止めた方がいい。

神賀山
自転車を境内に置いて作業道が続く尾根を神賀山へと向かう。
距離は1km程度のはず・・・

神賀山
住友共同電力「物部線」の17番鉄塔下を通る。
オモ谷を渡った向かいの大星山には山頂までの林道と登山道沿いに19番から26番までの鉄塔がある。

神賀山
作業道はすぐに終わって登山道に変わった。

ギンリョウソウ ギンリョウソウ
ギンリョウソウがにょきにょき。

神賀山
小さなピークに着くとシャクナゲが咲いていた。
(実はここが神賀山の山頂だった)

神賀山
左(西)側にトラバースもあるが、尾根上にも踏み跡が続いている。
小さなピークなのですぐにトラバースと合流。

オンツツジ
三つ葉で雄しべが10本のオンツツジ。
どちらかというと、五葉で雄しべが5本のヤマツツジの方が好きかも。

ツボスミレ
特に珍しくはないツボスミレ。
「ツボ」という割りに庭では見ることがない。

それにしても少し遠いような気が・・・
「あっー!」
神賀山を500mほど通り過ぎて標高点・1135mが近づいていた。

神賀山
急いでシャクナゲの小ピークまで戻ってみると、南(手前の神賀神社側)にUターンする踏み跡があった。
左が中都山方面で手前が神賀神社方面、右に折れると三角点。
よく見るとテープもあるぞ。

神賀山
三角点は小ピークのど真ん中より少し南にバックした場所にあったのだ。
少し急ぎ過ぎたようだ。
三角点が山頂にあるとは限らないし、こんなことはよくあるので要注意だ。

神賀山
下のような感じの位置関係。
                 神賀山
              ┌───――─―┬→ 神賀山三角点
              │       │
中都山・奥神賀山方面 ←──┴─トラバース─┴──→ 神賀神社

神賀山三角点
<基準点の概要>
●基準点コード:TR35033468701
●等級種別:三等三角点
●冠字選点番号:坐12
●準点名:神ケ山
●標高:1071.2m

神賀神社
小雨が降ってきたので急いで神社へ戻った。
登山は神賀山までだと、行きが17分、帰りが11分の計28分。
余分に歩いた1085m地点までは、行きが26分、帰りが22分の計48分。
本降りにならないうちに下山しよう。

神賀林道
神賀林道の起点まで戻ってきた。
下りは楽だけど、ブレーキ掛けっぱなし。

猪野々
麓まで帰って一安心。
帰りは新神賀橋を渡って対岸の永瀬へ。
麓は雨が降ってなかったので蕨野経由で国道に出て大栃まで帰ろう。

猪野々
引立バス停で県道と合流。

猪野々商店
猪野々食堂には集落の人々が集まり、すでに一杯やっている様子。
賑やかな声が聞こえてきた。

新神賀橋
親柱に轟の滝がデザインされている新神賀橋。

新神賀橋
勾配がかなりきつい。

大栃橋
大栃橋を渡るとゴール。
それにしても、神賀神社ががあんなに遠いとは思わなかった。
距離はたいしたことないが、27kmで累積標高差が950m近い。
山より自転車に疲れた。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ


三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  
- The counter was installed from August 24, 2012. -
  • 2016.05.30 Monday
  • 05:52