Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

石立山

石立山 2016.7.3

JUGEMテーマ:山行記録

初夏から仲夏(5月初旬〜7月初旬)にかけて石立山は花の季節を迎える。
そして梅雨に入るとイシダテクサタチバナが開花し、いつもはひっそりしている辺境の山が少しの間だけ賑わう。
 
イシダテクサタチバナ
<イシダテクサタチバナ>

三嶺さんぽ通信

■行先・位置
石立山(二等三角点 [石立山] 1,707.7m)
高知県香美市・徳島県那賀町/北緯33度47分5秒・東経134度3分18秒
■コースタイム
もみじ茶屋駐車場 9:07(3分)→ 登山口 9:10(22分)→ 竜頭谷 9:32(16分)→ 標高980m地点 9:48/9:53(6分)→ ガメラ石 9:59/10:00(6分)→ 標高点・1183m 10:06/10:08(8分)→ 岩場 10:16/10:18(28分)→ 標高点・1472m 10:46(28分)→ 西峰 11:14(8分)→ 石立山 11:22/11:28(7分)→ 西峰 11:35/11:36(13分)→ 標高点・1472m 11:49(16分)→  岩場 12:05/12:06(6分)→ 標高点・1183m 12:12(4分)→ ガメラ石 12:16/12:20(2分)→ 標高980m地点 12:22/12:31(8分)→ 竜頭谷 12:39(18分)→ 登山口 12:57(2分)→ もみじ茶屋駐車場 12:59
(行き 2時間05分 帰り 1時間16分 計 3時間21分)
■コース水平距離 8.2km(駐車場からの往復)
■天気 曇り時々晴れ
■楽しさ ★★★★★(満点!)
 
石立山マップ 石立山マップ
別府登山口から西峰を経て山頂までのピストン。
【水平距離8.161km 沿面距離8.815km/累積標高差(+)1338 (-)1292m】
 
別府峡駐車場
誰にも会わないことがある石立山だが・・・
今日は(何台か来ているはず・・・)と思いながら別府峡へ向かう。
もみじ茶屋の駐車場に着くと、車5台とバイクが1台の計6台来ている。
香川1台、徳島2台、岡山1台そして神戸が2台。
誰か先に来ているとちょっとうれしい。
 
石立山

6月11日(日曜日)石立山で滑落事故が起きている。

報道によると、

「6月11日午後3時ごろ、石立山の高知県香美市物部町側の山道で、登山客から「女性が滑落した」と119番があって、高知県の防災ヘリが捜索し、通報地点の崖下約150メートルの岩場で女性を発見、消防で死亡が確認された。」

ということだ。

滑落現場は標高980m付近と考えられ、その下は崖になっている。

中央右寄りに見える「岩の柱」が目印になる。

 

石立山

分かりにくいので秋の写真で見てみる。

岩の柱の後方はルンゼ状になっていて、上部の岩肌が露出している。

 

石立山マップ

地形図を見ると、980m地点のすぐ下が垂直に近い崖になっていて900mと950mの等高線が重なっている。

 

石立山登山口
11日は大山に出かけていたので事故のことは帰って知った。
 
竜頭谷
雨で少し水量が増した竜頭谷を右岸(竜頭山)から左岸(石立山側)へ。
谷は約500m下流で北谷に合流する。
約200m下流の百間滝はそこそこ高い。
 
石立山
ザレた斜面に複数の足跡。
汗が噴き出して前夜のビールが抜けていく感じ。
思ったほど蒸し暑くはない。
 
ラン ラン
ラン??
 
石立山
標高880m、西峰へと続く尾根に出る。
両手を使わないと登れない。


マルバマンネングサ(丸葉万年草)はベンケイソウ科マンネングサ属の多年草で本州・四国・九州に分布し山地の岩場などの自生する。
花だけ見ると一回り小さくしたヒメキリンソウ。
 
ヤマツツジ ヤマツツジ
ヤマツツジ(山躑躅)は、ツツジ科ツツジ属の半落葉低木。
オンツツジよりずいぶん遅い開花。
 

石立山

9時48分、滑落現場と考えられる場所に着いた。

報道では、

「現場は石立山山頂から山道を下りた標高約970メートルの地点。女性は1人で登山しており、足を滑らせたとみられる。」

とあった。

 

石立山

標高はGPSで980mちょっと。
報道と10mほど違うが、この場所以外落ちそうな場所がない。

灌木があるので写真ではよく分からないが、下は高い崖になっている。

中央付近に目印の「岩の柱」が見える。

 
標高985m地点
なぜか、ここだけ登山道が尾根の端っこ通っていて高度感がある。
駐車場がよく見える場所なので、登ったことがある人には分かるはず。
  
標高985m地点
いつも少し緊張して通る場所なのだ。
ここで転んだりすることを想像すると怖い。
 
石立山
上から見るとこんな感じ。
登山道が「く」の字に折れて尾根の中央から外れている。
下山中につまづいたり滑ったりすると、点線の方へ落ちる可能性が高い。
 
石立山
後は大体こんな感じで、尾根の中央を通っているので落ちる心配はない。
 
石立山
落ちる心配はないが、転倒すると、どこでもケガをする。
 
ガメラ石
ガメラ石に着いて一休み。
 
石立山
標高点・1183mが近くなって尾根が広がってきた。
根っこが露出した尾根の真ん中をほぼ一直線に登る。

コアツモリソウ
コアツモリソウ(小敦盛草)は、ラン科アツモリソウ属の多年草。
分布は、北海道(西南部)・本州(中部以北)・四国(高知県)・九州(熊本県)で森林開発や盗掘などで自生地、個体数ともきわめて少なくなっている。
環境省レッドデータ 準絶滅危惧(NT)。
高知県レッドデータ 絶滅危惧A類(CR)。
 
石立山
標高点・1183m。
勾配が緩くなって一息つける森の中♪
 
石立山
10時16分、コースタイムポイントの岩場(標高1,220m)に到着 。
 
石立山
花が手向けられていた。

三嶺さんぽ通信
北西方向に竜頭山(1264.4m)。
白髪山は見えない。

 

石立山
岩場の先で休んでいた2人を追い抜いてビャクシンの尾根へ。
 
ヤマボウシ
ヤマボウシ(山法師)は、ミズキ科ミズキ属の落葉高木。
花が咲いたときだけ存在に気づく。
 
ヤマボウシ
花びらのように見える4枚の白い大きい部分は、総包片で花びらではない。
花は中心の球状の部分で、黄緑色の小さな花が集まって開く。
秋には集合果(球状の部分)が赤く熟して食用になる。
果実酒やジャムなどにも使われる優秀な果実。
 
アキノタムラソウ アキノタムラソウ
アキノタムラソウ(秋の田村草)は、シソ科アキギリ属の多年草。
「秋」なのに7月には咲き始める。
 
タマカラマツ タマカラマツ
タマカラマツ(玉唐松)は、キンポウゲ科カラマツソウ属の多年草で本州(近畿)・四国・九州(大分・宮崎)に分布。
少しの風で揺れるので撮影が難しい。
環境省 レッドデータブック 絶滅危惧II類(VU)。
 
ツガサルノコシカケ
汗をかいているのはツガサルノコシカケ?
 
クヌギタケ
クヌギタケ(櫟茸)は、キシメジ科クヌギタケ属のキノコ。
夏から秋にかけてクヌギやコナラなど各種広葉樹の倒木上に発生する。
 
標高点・1472m
10時46分、標高点・1472mを通過。
 
イシダテクサタチバナ

イシダテクサタチバナ群生値に着いた!

 
イシダテクサタチバナ

イシダテクサタチバナ(石立草橘)は、ガガイモ科カモメヅル属の多年草。

高知・徳島県境から高知県側に200mほど下った香美市物部町の「石立山植物群落保護林(別府山国有林)」 に群生する。

ガガイモ科の植物もトリカブトやバイケイソウのようにアルカロイドを持つものが多いらしく、シカに食べられている様子はない。

環境省レッドデータブック 絶滅危惧II類(VU)。
 
イシダテクサタチバナ イシダテクサタチバナ
普通のクサタチバナとは次のような違いがあるという。
●葉:狭楕円形でクサタチバナより小型(細長くて少し小さい?)
●花弁:先が細長く尖る(クサタチバナは丸い)
●萼片:狭披針形で細長いので花弁の間から少し突き出す(クサタチバナはほとんど突き出さない)など。
ぱっと見、分かりやすいのは花片が細長く先が尖っているところ。
 
バイケイソウ バイケイソウ
バイケイソウ(梅濮陝砲蓮▲罐蟆淵轡絅蹈愁β阿梁診草。
全草に毒性の強いアルカロイドを含有し、加熱しても毒は消えない。
コバイケイソウほど可愛らしくない (>_<)
シカに食べられていないのはバイケイソウとトリカブトぐらいのものだ。

 

ヒメキリンソウ
ヒメキリンソウ(姫黄輪草)は、ベンケイソウ科キリンソウ属の多年草。
四国(愛媛・徳島・高知)の固有種で牧野富太郎博士が名付け親。
石立山では標高900m付近から1700m付近まで分布。
 
ヒメキリンソウ ヒメキリンソウ
高知県立牧野植物園が、2011年に栽培での開花に初めて成功している。
環境省レッドデータ 絶滅危惧IB類(EN)。
高知県レッドデータ 絶滅危惧II類(VU)。
ヒメキリンソウ
葯が黄色い。
 
石立山
バイケイソウの咲く尾根道。
 
ツルキンバイ
ツルキンバイ(蔓金梅)は、バラ科キジムシロ属の多年草。
本州・四国・九州の山地の落葉樹林下で細長い匐枝を地上に伸ばして生える。
葉は3小葉で尖った鋸歯がある。
 
石立山西峰
11時35分、駐車場から2時間07分(休憩・写真撮影含む)で西峰に到着。
丁字路を右に折れると、本峰までは尾根通しに約500m。

石立山
西峰と本峰の鞍部。
陽は差しているけど、山頂はガスっている。

石立山
左手に西峰と捨身嶽を見ながら稜線を進む。
三嶺は見えない。
 
石立山
11時22分、登山口から2時間15分(休憩・写真撮影含む)で山頂へ。
花の写真を撮るのに忙しく時間がかかってしまった。
 
石立山  三嶺さんぽ通信
<基準点の概要>
●基準点コード:TR25034504401
●等級種別:二等三角点
●冠字選点番号:興22
●基準点名:石立山
●標高:1707.7m
 
石立山
何も見えないし、お腹も空いたのでとっとと下山開始。
 
石立山
「しまった!」
イワツクバネウツギを見てくるのを忘れていた( ̄□ ̄;)!!
もう引き返せない。
 

ウチョウラン
ウチョウランをみっけ (*^_^*)

ここはちょっと危ない。

 
ウチョウラン    ウチョウラン
ウチョウラン(羽蝶蘭)は、ラン科ウチョウラン属多年草。

本州・四国・九州の山地の岩場に自生する。

かつては日本各地の山地の崖や岩場で広く見られたが、採り尽くされて野生では非常に希少になっている。

環境省レッドデータ 絶滅危惧II類(VU)。

 

石立山
立木など、掴まれるものは掴んで下ろう!

尾根通しに登山道をたどると、基本的に落ちる場所はないが、転倒するとケガをするのは確実。

三点確保に近い感じで下る方がよい。

 

石立山

ここやっぱり危ないなあ。

 

石立山
あれ!?
往路ではあまり気にしなかったけどお助けロープが切れている?
 
石立山 石立山
石が当たって切れたとは考えられないけど・・・。
 
竜頭谷
竜頭谷を渡ると「帰ってきた」という感じがする。
 
石立山 石立山
ヒトリシズカの生える岩場のロープも切れている。
これは確実に刃物で切られている。
 
石立山
よく見かける高知の方と遭遇。
先週は光石で会っている。

仕事があって遅くなったということだが。

それにしても・・・

「好きやねー!」

  
石立山登山口

登山口まで下りてほっと一息。
やはり、人が登っていると何となく安心できる。

 

べふ峡温泉
下山後は、近くの〔べふ峡温泉〕で汗を流したい。
大人620円(香美市民310円)。
べふ峡温泉
アジサイが見頃。
 
べふ峡温泉 べふ峡温泉
貸切のお風呂でさっぱり!
 
べふ峡温泉 べふ峡温泉​​
食堂「三嶺」でランチタイム。
  
鹿肉の吟醸味噌漬け定食
鹿肉の吟醸味噌漬け定食(1,300円)を注文してみた。
「鹿肉を塩麹でやわらかくし、地元の酒蔵であるアリサワ酒造の酒粕と別府で造られた無添加の味噌で漬け込んだ一品」ということだ。
 
鹿肉の
「シカニクの日!」限定メニューとして登場した吟醸味噌漬け定食。
甘辛い味噌漬けがご飯に合う!
 
べふ峡温泉
高知県香美市物部町別府452-8
TEL:0887-58-4181 FAX:0887-58-4183
E-Mail:befukyouonsen@mopera.net

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三嶺さんぽくらぶ

三嶺さんぽ通信 arrow02p2.gifarrow02p2.gifarrow02p2.gif 山行記録の日程順・山域別はこちらから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  • 2016.07.10 Sunday
  • 10:56